あるじの美意識

いきなりに雪が降り、

しかもそれが結構積もった11月12日。

せっかく紅葉もいい感じなのに、寒そう。

今年はあっという間だったねぇ、なんて思っていたけれど、

今年の紅葉は葉っぱがいつまでも落ちません。

それどころかあまり色が抜けていない。

雪と紅葉と杉の緑とがまさかの協演がもう少し続きそう。

 

そんなきれいな景色を、まだ目にしながらも、

今日の栃尾又は何となく冬霞み、といった感じです。

DSC02919.JPG

 

そしていよいよこの季節がやってきました。

DSC02918.JPG

あちこちから囲い板を出してきて、

準備開始です。

DSC02921.JPG

 

あるじの大仕事!

雪囲いが始まりました。

 

今年は全く手を付けていなくて実はあせっています。

あちこちで、木々の囲いを済ませている家もあるのに、

まだほぼ手つかずの宝巌堂。

これからしばらくは、囲い職人となるあるじです。

 

そうそう、

先日の雪シンポジウムで、

お客さまは栃尾又に雪を見にいらっしゃる、

との話をさせていただきましたが、

あるじの雪囲い作業を見るのも

これまた一興かもしれませんね。

だって、本当に丁寧な作業なんです。

黙々と木を囲う。板を落とす。

あるじの美意識が表れるねー。

 

これからどれくらいで終わるかなぁ。

本格的な雪降りまでには・・・・・

なんとかね。

 

がんばってください。。。。

応援しています。。。。。

手は出せません。

囲いに対する美意識がまるで違いすぎる私たちです。

 

 

 

 

 

 

 栃尾又温泉 宝巌堂

http://ho-gan-do.com

 

コメントを残す