新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

久々の再会

昨日は大学時代のクラブの先輩がお友達と泊まりに来てくれました。

以前も書いたことがありますが、

大学時代は大きな声では言いたくない、なぜか体育会スキー部・・・。

 

1年生の時は4年生がいませんでした。そして、

女の先輩は2、3年に各1人・・・。1年生も私とあと1人。

だからこそ仲良しで、密度の濃いお付き合いをさせて頂きました。

 

会うのはなんと!25年ぶりくらいでしょうか?四半世紀ってやつですね。

でも、まったくそんな感じはしません。

お互いにまったく変わっていないからというのも一理ですが、

それだけが理由じゃない。

 

たぶん毎年の年賀状がぎっしりと近況報告で埋められているから。

先輩も、私も、これでもかっていうくらいぎっしり書くんです。

だから、なんかついさっきも会ったよねっていう感じです。

 

夕食の時、当時の部長にも電話をしました。

この人、ちょーーーーーーーーーーーーおっかなく(怖く)、

その当時は男子部員にはもちろん手を上げたりすることもあったので、

電話をするといっても、そりゃ怖い??。いくら大人になって」怖い先輩にはちょっとびびりますですよね。

 

すぐ私のこともわかってくれて

’Tかっ?!!お?、おまえ元気かぁぁ??!!!’

なんか一気に学生時代に戻ったようでした。

聞けば、宿かり日記の放映も見てくださったんだそうです。

 

近い将来、宝巌堂でOBOG会をやろうよっ!と盛り上がりました。

その時はどんなに人数が少なかろうと貸切でしょう・・・。

だって、とんでもない大騒ぎになるのは、120%確実な予想ですからね。

 

年末が近づくと、懐かしい人との再会がちょっと増えてくるような気がします。

過去の話をするというのは、そればかりでは進歩がないようですが、

今の自分を再確認するうえでも、実は大切なんだなと最近思います。

あの人、この人、全ての出会いが私ですからね。

 

怖い先輩にも会いたくなりました。

 

 

 

 

続きを見る

旅の手帖の取材

雑誌旅の手帖の取材をしていただきました。

テーマは、ご飯と漬物の美味しいお宿

ご飯はねぇ、そりゃ自信作。叔父さんちのだから。

100%湯之谷産どころか、100%個人産。

 

漬物はばあばが引退した今、私の作でいいのかしら?

 

茄子漬は今夏は上手に出来た!

カブ漬けも、ばあばのを観察していたので、同じようにやってたら

あるじがどんぶりいっぱい食べるくらいだからきっと合格点。

 

そして最近は美味しい採れたて大根をたくさん頂いたので

これもばあばがよく作っていた’大根の辛子漬け’をしてみたんです。

一度目は塩がちょっと勝ってしまって、ちょっとしょっぱかったけど

二度目は甘さと塩加減がちょうどよく、我ながらよく漬かってご満悦でした。

多段大根や赤い大根の甘酢漬けもできました。

 

私のはほとんどがこうした一夜漬けの漬物です。

野沢菜は一番お勧めの大沢加工さんのものだし、

1月になると個人のおうちに毎年お願いしているいぶし沢庵が登場します。

こうしたいわゆる保存食の漬物ってなかなか手がつけられなくて。。。

今後の大きな課題ですかな。 

 

こうして記者さんと漬物の漬け方やら、これはばあばから教わった、なんていう話をするなかで

すごく納得したことがありました。

 

ばあばがつくるもの、たとえば、ばあばのごった煮、茄子漬、果実酒、大根漬けなどなど

なぜ同じようにしていても美味しいのかという疑問に対する答え・・・。

同じようにしていても、味が違う。あるじに言わせると、私の味はまだ若いんだそうです。

だからやっぱり’ばさ(婆のこと)のエキス’が大事なんだよね、っと

よくばあば本人と笑っていたのですが、

今日、気がつきました。

 

ばあばの仕事は時間がゆったりと流れているんです

野菜を切るところから、鍋に入れ、火をかける、味を付ける、盛り付ける。

下準備のその瞬間から、お料理は始まっています。

 

その時間のゆったりとした流れが、きっと素材に伝わるんです。

だからばあばの味はあったかいし、ほっとするんです。

私のようになんでもちゃちゃっとやってしまっては、野菜も慌ててるんじゃないかな?

まってぇぇぇ、まだ間に合わないよ??ってな感じで。

 

 

こんな大事なことを気がつかせてくれた取材の機会を頂いて、

感謝です。

 

ゆったりと仕事ができるようになりたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

続きを見る

仲間って嬉しいね!

いつものゴルフ白金仲間の忘年会に東京まで行ってきました。

これじゃ、完璧なお遊び。。。

でも、それだけじゃちょっともったいないので、しっかりと新しい器も選んできましたよ。

これはお正月にお目見え用です。

うちにしては珍しくお正月限定の器なので、今からウキウキです。

どうぞお楽しみに!

 

さて、忘年会は、超超楽しかったです。

場所は大学の後輩のやっているチーズフォンデュのお店、

人形町のカサドール↓

http://r.gnavi.co.jp/g479100/

チーズフォンデュは初めて食べましたが、美味しかった。

でもすごいボリュームでした。お腹はいっぱい。

 

今年はお日柄もよかったためか、なんと15人も集まりました。

そして、この日の私の星座占いでは、運勢最悪。

しかも

’久々の仲間との集まりで、一言多くてひんしゅくを買いそう’

ってな内容!!でも、それとはうらはらに、

アドバイスは

’思い出話に花を咲かせてください’

ですって。

うーん、これってどう解釈すればいいのぉ?

 

思い出話には確かに花を咲かせました。

でもこれだけ学生時代の仲間が集まったわりには、

現在進行形の話も多くて、それがまたとても喜ばしいことでありました。

とかく昔のことにだけ話題が偏ると、なんとなく寂しい感じがするんですよね。

 

〆のあいさつを’おまえがしろっ’と言われたのですが、当然これはお断り。

だって、占いが。。。それはやめろって言ってるんだもん・・・。

 

そして、仲間の挨拶で、嬉しい一言を頂きました。

’こうして今日、皆がたくさん集まれたのはT(あ、私のことです)が新潟から来てくれたおかげ。

来年もTの予定にあわせて、みんな集まろう’

ちょっと感激でしたね。

 

11時半くらいにお開きになり、うまいもんあづま↓の若旦那夫婦たちと帰宅。

http://blog.livedoor.jp/furutone/archives/50547585.html

珍しく酔った若旦那がどうしても2次会というのだけれど、浅草の夜は案外早い。

そして真夜中に若旦那宅へ。

勉強中のお嬢さんが出迎えてくれました。

酔っ払い3人がホントにお邪魔しましたっ。

 

時間はとっくに午前1時をまわり、私は十数年ぶりに午前さまになったのでした。

 

そして翌日はあるじと一緒に器選びというスケジュール。

皆も仕事へ、私も仕事へ。

しっかり充電して、

さぁ!お客様をお迎えしましょ!

 

 

続きを見る

クリスマスソング

12月の声を聞くとクリスマスソングが聞きたくなります。

11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)から

クリスマスイブまでの約四週間のことをアドベント↓といいますが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88

この日を基準に私も館内をクリスマスの飾りをしています。

そしていつものモーツアルトもクリスマスソングに。

今ずっと流れているCDは

’An Evening in December’アカペラクリスマス

というタイトルのもの。

そのなかにふと気がつくと、いつもちょうどかかっている曲があります。

’The new Twelve Days in Christmas’
クリスマスの12日

これがとにかく頭から離れません。

特にサビの部分。

’Five shopping malls♪’というところ。

直訳すれば、’5つのショッピングセンター’ってなところですか?

これが妙に叫んで気持ちいいんですよ。

橘も、聞けば私と同じところが気になってしょうがなかったらしく

2人して大笑い。

だって、2人して’5つのショッピングセンター♪’って歌ってるんですからね。

これを聞くと、でもなんとなく気分がうきうきとしてきます。

一番好きなのは映画’天使にラブソングを’のなかで歌われている
’Ohh Happy Day’↓という曲。
http://www.youtube.com/watch?v=7YmR8_jkP6w

この場面を映画で見るといっつも感動して、涙が出てきます。

歌で自分を表現できる才能に恵まれた人は本当に羨ましいです。

毎年この時期になると、来年はゴスペルを習いたい!!って思うんですよ。

英語でゴスペルソングを一曲。来年の目標にしようかしら?

 

 

続きを見る