新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

クリスマスソング

12月の声を聞くとクリスマスソングが聞きたくなります。

11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)から

クリスマスイブまでの約四週間のことをアドベント↓といいますが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88

この日を基準に私も館内をクリスマスの飾りをしています。

そしていつものモーツアルトもクリスマスソングに。

今ずっと流れているCDは

’An Evening in December’アカペラクリスマス

というタイトルのもの。

そのなかにふと気がつくと、いつもちょうどかかっている曲があります。

’The new Twelve Days in Christmas’
クリスマスの12日

これがとにかく頭から離れません。

特にサビの部分。

’Five shopping malls♪’というところ。

直訳すれば、’5つのショッピングセンター’ってなところですか?

これが妙に叫んで気持ちいいんですよ。

橘も、聞けば私と同じところが気になってしょうがなかったらしく

2人して大笑い。

だって、2人して’5つのショッピングセンター♪’って歌ってるんですからね。

これを聞くと、でもなんとなく気分がうきうきとしてきます。

一番好きなのは映画’天使にラブソングを’のなかで歌われている
’Ohh Happy Day’↓という曲。
http://www.youtube.com/watch?v=7YmR8_jkP6w

この場面を映画で見るといっつも感動して、涙が出てきます。

歌で自分を表現できる才能に恵まれた人は本当に羨ましいです。

毎年この時期になると、来年はゴスペルを習いたい!!って思うんですよ。

英語でゴスペルソングを一曲。来年の目標にしようかしら?

 

 

続きを見る

小鳥の事故

初雪が思いがけずたくさん降って、そしてちょっと積もったので

すわ、たいへん!と、皆が思いました。

うちも雪囲いはほとんど進んでいないし、

このままどんどん積もったらどうしよう?っと心配していたら

なんてこたない、すっかり消えてしまいました。

台所から裏側の山の斜面を見ると、まるで春の雪解けの頃の様子で、

あるじと橘は早くも春の山菜採りの話になっていました。気が早いねっ。

 

今日、あるじは雪囲い中、手のひらサイズの小鳥の窓ガラスへの激突に遭遇。

どうやら脳震とうをおこした様子で、そっと持ってきました。

すごく可愛い!でもまったく飛び立つ様子もなし。

もしかしたら、足の骨が折れてるかも。。。このままだったら死んでしまうかも・・・。

とにかく、即席に鳥かごを作って、タオルを敷いて、暖かいところに置いておきました。

なかなか動こうとしないので、しばらくそっとしておきました。もう、だめかな・・・?

 

と思っていたら、ふと見たら、籠の中で動き始めていました。

じゃぁ、帰そうかと、外に出て、ほんの少しだけ蓋を開け始めていたら

あっという間に飛び立ってしまいました!!!

あぁ??、よかった!

 

さてこの小鳥、あるじはあの’オオルリ’だといって、お客様にも説明していましたの。

オオルリは車だったら時速20km制限くらいのところを60kmで林の中を飛び回って、

窓に映った景色をそれとわからず、ときたま激突してしまうんだそうですの。

(あたま、わるっ)

お客様とみんなして、へぇ??っと感心して聞いてました。

 

じゃ、画像をいつも書き込んでくださる鳥の専門家たけうちさんに聞いてみよう!

という話をしていたのですが、

図鑑を見てひとこと・・・

’やっぱり、シジュウカラ’だった・・・・’

 

あ、あっそ。

ドスこき(うそつき)あるじでした。お客さま、ごめんなさい。

 

可愛かったなぁ。

つかの間の飼い主気分。

続きを見る

お歳暮は林檎屋みかんです!

あの雪景色から一転、珍しく天気予報どおりにいいお天気になりました。

朝から快晴です。

でもこういうお天気のいい日の朝は要注意。

なぜかというと放射冷却↓ってやつで、宝巌堂の坂は凍るんです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E5%86%B7%E5%8D%B4

お客様にも’坂道は水の流れているところを歩いてくださいねっ’て、ご注意します。

当然濡れるのを避けて、乾いたところに踏み出すと、そこは凍ってるといったことがよくあります。

日陰になっているし、やけに綺麗に舗装されているように見えて、

しっかりと凍ってるのがわからないんです。

 

今朝は慣れているはずのあるじがなんと滑ってしまった!!!えぇぇ???

私のように大騒ぎをするわけではないので、1人で黙々と濡れタオルをつくり、

頭にあててました・・・・。

 

’坂道で滑ってさぁ・・。平らな場所なら頭は打たないんだけど、

ちょうど坂だったから・・・’   と。

 

うわ、見てみたら、赤く丸く、5cmくらいの大きさにしっかりと打った後が見えます。

これはきっと腫れるぞ。 

 

 

さて、話はがらりと変わって今日の話題はお歳暮です。

うちのお歳暮は毎年’林檎屋みかん’と決まっています。

有田葵クラブの超甘くて、超小粒な、超味が濃い、とーっても美味しいみかんです。

私は、みかんはあるじの親友が毎年送ってくれる三ケ日みかんと

この林檎屋みかんしか食べないといっても過言ではありません。

 

そしたら21号のサライ↓という雑誌に、このみかんのことが出ていました。

 http://www.serai.jp/backnbr/year2007/backnbr_07_21.html   

なんでも生産者はたったの9名で、葵クラブのこだわりのみかんを作っているそうです。  

 

みかんはとにかく小粒が絶対に美味しい!

私としては小さければ小さいほどいい。Sより絶対にSSサイズがお勧め。

(でもSSサイズは割高で、しかも量もあまりでないみたいです)

そして裏(おしり)の部分を押すとちょっとへっこむくらいの柔らかさがあるやつがいいですね。  

で、外皮がむけにくいのが美味いです。綺麗にむけるのは甘皮が厚くて、いまいち。

そろそろ林檎屋父に市場に行ってもらわねばっ。

またご苦労してもらいます。

 

あるじの頭の腫れ・・・みかんみたいにならないといいけど・・・。

                          

 

 

 

 

続きを見る

いい夫婦の日

いきなり雪ですよ。

あーぁ、なんだか寒々しい。うち中が、外も、周りも。

この降り始めが一番寒く感じられます。

あたり一面真っ白になりました。

まだ11月だというのにこんなに白くなっていていいのでしょうか?

奥只見丸山スキー場も数年ぶりに11月のオープン!11月25日に決まりました。

スキーヤーの皆さんにとっては朗報ですね!早くも60cm積もったようです。

今日も降っているので、これはかなり期待できそうです。

 

さて、今日は夫婦の日ですって、ご存知でしたか?

11月22日’いい11ふぅふ22’です。

私とあるじは、なんとなく'夫婦'という言葉があまり似合わないような気がする。

今日の朝日新聞に映画監督の周防正行さんとバレリーナの草刈民代さんご夫婦の対談記事が出ていました。

その中で印象に残った言葉

’夫婦も他人同士。

分かり合えるはずなんて思うから悩むんです。

人は独りで生まれて、独りで死んでいく。

でも独りでは生きてはいけない。

僕にとって一番身近な人が妻なんです。’と、周防監督。

草刈民代さんは

’夫が居て私がいると感じています。

そう思えるのはとても幸せ。ずーっとそういう気持ちでいられたら、

と思っています。’

好きだとか、嫌いだとか、それよりも、すごく静かな何か、大きなものを感じます。

 

このお二人は仕事の現場で尊敬しあい、そこから信頼を築いたのだそうですが、

2000年以降は、出会いのきっかけは、’友達や兄弟を通じて’というのが、

’職場での出会い’を抜いて、トップになったそうです。

うちも職場での出会いでしたが、そこから信頼関係を築いたかというと、

けっしてそんなことはなく、

信頼関係を築くというよりも、仕事上、パートナーだったので

いい面も悪い面も一通り見た・・という感じでしょうか。

その上で、’いい面’が悪い面よりも勝っていたので、

現在に至っているのでしょう、

きっとね。

あるじと私ははまったく正反対の性格です。

趣味も違うし、行動も違うし。

だからぶつかるというより、お互いが得意なことを好き勝手してる、

そういう仕事現場であり、家庭生活です。

だからけっこううまくいってるのかな。

いつも一緒にいるのも大事だけれど、

私の場合は、1人でいても、常に後ろに誰かがいてくれるという、心強さ。

そして何よりも、安心できる。

そんな夫婦の形が理想なんです。

ちょっと勝手かも?

だから、今日もあるじに感謝。

 

 

続きを見る