新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

メリークリスマス!

やっと降ってきた!

雨のような、雪。

DSC_6011

結局、今現在は、晴れています。

ほんの数ミリも積もっていません。

でも、日中はすぐ前の山まで雪は下りてきたんですよ。

DSC_6012

 

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

豪雪地帯の名前は返上しなくてはなりませんね、

このままだと。

雪マークはどっぷり出ているのではなくて、

曇りマークとセットです。

それを見ると、みんなして、

’降らないね。。。’

 

そんなわけで

まさかの、雪のないクリスマスイブ。

雪がないとすべての調子が狂う。

 

ケーキもなければ、ごっつぉもいつもごっつぉ(ごちそうの意味)も

いつもとおんなじ。

 

唯一、

館内のクリスマスの飾りと、

boseから流れるクリスマスソングが

今日は24日なのだと教えてくれます。

 

DSC_6021

DSC_6022

今年も高校のテニス部の後輩たちから届いた、

クリスマスカード。

DSC_6015

毎年この季節に、

一年下の後輩たちが中心になってクリスマス会をしているようです。

なかなか参加はできませんが、

数年前から、寄せ書きでカードを送ってくれる!

本当に懐かしく、ありがたく、

これを手にすると、

クリスマスがなおさら、嬉しい、楽しいものに感じられます。

来年は参加したいなぁ、でも、こんなカード毎年もらいたいなぁ!

ちょっと悩ましいところですね。

 

私も今年は、

最近引っ越した娘と

入院している母(おかげさまでもうすぐ退院です)に

クリスマスカードを送りましたよー。

 

クリスマスプレゼントは?とねだった子供のころ。

’うちはクリスマスじゃない!’と言われ、

まったく縁のなかった家庭でしたが~~~、

高校はキリスト教系、しかも選んだのは母。

そんな母に送る、人生初の’メリークリスマス’

 

これを書いていたら、

従姉がラインで、

クリスマスソングの動画を送ってくれたー!

 

いやー、タイミングの良さに感動です。

 

みなさんも素敵なクリスマスを。

 

メリークリスマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月25日は

年末年始の準備のため休館させていただきます。

続きを見る

新潟文化物語 緑川酒造の社長インタビュー

そろそろ熱燗が恋しい季節。

と、書きながら、

私はビール飲みなんですけどね。ぷふふ。

 

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜(と、アルコールはビール!)大好き若女将、星智子です。

 

昨日ご案内した、

新潟文化物語’のサイトなんですが、

取材を受けるまでその存在も知らなかったのです。

(ホントにすみません、ご担当者さま)

 

あれからサイトを見てみたら、

まぁ、なんていう情報量なんでしょう。

ここを読めば新潟のいろいろがわかる!特に、

新潟が誇る’文化’が網羅されています。

いや、続々と網羅されていくに違いありません。

その中で、特集記事は、

モノが対象ですが、必ずヒトが出てきます。

やっぱり、何事も、そこに関わるヒトって大きな意味がありますね。

 

さかのぼって見た特集記事の中に、

魚沼らしい美味しい酒を 雪室を生かす蔵元たち

という話題がありました。

緑川酒造の瓶がトップページに出ていたので

見てみたら、

社長のインタビュー記事が載っていました。

 

一番興味深かったのは、

酒造りに対する緑川さんの理念。

 

引用します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

’単独で飲んでもおいしい酒は人に任せて、

我々はこれからも食べ物と一緒に飲むおとなしい酒を造っていく。

いろいろな酒があるけれど、蔵ごとに目標が違うから、それでいい。

最近はマリアージュもブームで、この酒にはこの料理と合わせますが、

日本酒は古来食べ物を選ばない飲み物。

本当に万能で、温度や器でも風味が変わる。

難しく考えず、それぞれが好きなように組み合わせればいいでしょう。’

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と。

 

むかーし、社長にお尋ねしたことがあるのです。

 

’大吟醸を美味しく飲んでいただくのに

どんなグラスで出せばいいでしょうか?’

 

その答えは、

まさにここに書いてありました。

 

’好きなグラスでいいんじゃないの?’

 

おりしもそのころ、

日本酒に合うグラスというのがちょっとしたブームで、

例えば、ワイングラスでお出しする、とかね、

日本酒を飲まないからこそ、

グラスはどうしようかなー、って考えてたんです。

 

 

でも、

頂いたのは!

この答え。

 

最初は、

えぇぇ?そうなのー?

それでいいわけー?

もっとこだわってもいいんじゃないー?

なんて、

と、内心、思ってたんですが、

 

 

好きなグラスでいいんじゃない?

楽しければいいんじゃない?

美味しければいいんじゃない?

 

あれ、どこかで聞いた。

 

温泉の入り方は、自分のやりたいようでいいんじゃない?

好きな時間、入ればいいんじゃない?

食べたいものを食べればいいんじゃない?

温泉に入らなくったって、ゴロゴロしててもいいんじゃない?

 

自分がいい気分だなぁ、って思えれば、

きっとそれが一番効果があるんですよね。

 

お客さまの好みも本当に、様々になりました。

例えば、

純米吟醸なと、冷酒としてのお酒(と私は理解している)を

お燗してください、とか。

昔は、知ったかぶってお断りしてたこともありますが、

でもよくよく考えてみたら

決めるのは飲む人。

押しつけもいいとこでしたわ。

 

美味しい飲み方をご案内する、

大事なことですが、

もっと大事なのは、

美味しく楽しく飲んでいただけること、

なんですね。

DSC_5985

DSC_5986

今さながら、

超、超、納得したのでした。

 

あ、ちなみに、

ビールの飲み頃温度は5~6℃でしたっけ?

そんな飲み頃温度、私にはまったくかんけーない!

とにかーーーっく、

泡のたたないくらいの

ひゃーーーっこいの、お願いしますねっ!

 

ほら、それが楽しい!

 

---------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月25日は

年末年始の準備のため休館させていただきます。


 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

新潟文化物語’現代の湯治の魅力に浸る’

今日もまた雪ではなくて

雨の予報です。

大湯温泉スキー場も28日がオープン予定なんだけれど、

降るの?降らないの?

皆がヤキモキしています。

 

おはようございます、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

12月20日に記事がアップされました。

このたび、

’新潟文化物語’というサイトに

栃尾又温泉の3軒の宿、自在館、神風館、宝巌堂、が

揃って取材をお受けしました!

 

3軒だからいつも顔を合わせている、と思うでしょう。

ところが、

なかなか、用事がない限り会えないんですよね。

外へ出て仕事よりも、やっぱり中の仕事が多いから。

 

この度の出席者は

自在館さんは若旦那、神風館さんはご主人

そして、宝巌堂は私。

おほほ、紅一点ってわけ。

あるじに、

’あなたが話した方がいいんじゃないの?栃尾又のことだもの’

と言ったら、

’お前が行った方がいいに決まってるだろ!

男が3人集まってどうするんだよ’

と言われたー。

まぁ、確かに、みな無口?

ということで、

渉外の私が行ってまいりました!

が、おとこしょもばっちり、で

インタビューも途切れなく会話も続きました。

 

どんなふうにお客様を迎えたいか、

こういうことを

ことあるごとに聞かれるというのは、

やっぱり大切なことですね。

 

改めて、

身に沁みさせる。

自然体でできるようにね。

 

’お湯はもちろんですが、

緑を見て

鳥の声を聴いて、

おしゃべりも楽しんで、

五感を整える環境を提供して、

リラックスして頂きたい。

 

お風呂にはいったら何もしないでゴロゴロしても、

本を読んでも、

バスで町に出かけてもいいんです。

現代の湯治は自分をリセットすることだから。’

 

さすがの文章にまとめて頂けました。

感謝いたします!

 

 

----------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月25日は

年末年始の準備のため休館させていただきます。


 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

湯治の献立9変化!

雪のない、秋のような12月の朝。

 

おはようございます。

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

そう、私、

野菜、大好きなんですよ。

小さい時から、

そのころよく連れて行ってもらってた中華屋さんに行くと、

’ニンジンね!!’

と注文していました。

その料理は八宝菜。

 

文字通り、野菜がたっぷりの中華野菜あんかけ。

その中でも特にニンジンが好きだったので、

子供の私にも特別にニンジンを多く入れてくれたっけ。

しかもちょいと太目に切って。

 

そんな私の作る料理は、

当然のごとく、野菜たっぷりです。

 

キュウリの酢の物に、

なんで、イカとかタコとか、カニとか入れるのよっ!!!

せっかく、キュウリが美味しいのに!

と、

昔は、

ばあばやじいじの献立にちゃちゃいれてたなぁ。

魚料理ばっかりじゃ、私の食べるもんがないぞ!とかね。

でも、それを受け入れてくれてたのには、

本当に感謝なんです。

そのおかげで今がある。

 

さて、

30年前とは違って、宝巌堂には

1週間以上の長湯治のお客様は少なくなりました。

が、

このたび、常連さんが初の長湯治!

9泊です!

 

気合入るぞー!

 

初日に、決心しました。

絶対に同じ料理は出さない。

 

だって、

私がもしお客さんだったら、

あ、これ、昨日出た、

なんてことは悲しすぎるものね。

 

そして、

めでたく、初志貫徹です。

 

湯治のお料理は、

メイン2品、

小鉢類4品、

お味噌汁、ごはん、漬物、

で構成しています。

 

例えば先日はこんな感じ。

 

チーズ味噌カツと梅しそカツ

鮭の味噌漬け

大根の皮のポン酢漬

ジャガイモの田舎煮物

ブロッコリーと柿のサラダ

アスパラ菜の胡麻和え

これに馬場さんの作ったコシヒカリとみそ汁と漬物。

DSC_5975

はらくっちぇ~~~。(訳:おなか、いっぱい)

 

ということは、

メイン2+小鉢4=6種

それを9日間。

6×9=54

54種類のおかずを作ったってことだ!

 

 

いやー!我ながら感動です。

 

この9日間は私にとって

原点に返ったような気がしました。

 

ちょっと前にマイブームだった一品や、

好きだった一品、

手の込んだ一品、

思い出しながら、

持てるレパートリーを総動員です。

 

毎日のシゴトに、

満足することなく、

気持ちを新たに

文字通り、

新しいお料理を作ろうって思ったのでした。

休館日明けの今日は土曜日です。

さぁ、仕込み開始だー!

 

ありがとうございます!

 

 

----------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月22日~24日は空いてますー。

怒涛の年末年始の前に、

ひと休み、体作りしませんか?


 

 

 

 

 

 

続きを見る