新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

重要なお知らせ:10月13日より温泉の組み合わせが変わります。

こんばんは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

突然ですが、

男湯、女湯になる、温泉の組み合わせが変更になります。

ちょっとわかりにくい表現ですよね。

自分でもうまい言葉が見当たらないわ。

 

つまり、

今まで、

うえの湯、したの湯の両方に入れる日、

と、

おくの湯だけに入れる日、

という組み合わせで、男女が日替わりでしたが、

今後は、

おくの湯、したの湯の両方に入れる日、

と、

うえの湯だけに入れる日、

 

という組み合わせに変更になります。

 

この表のとおり、10月13日から変更になります。

おくの湯が出来た当初は、

一番新しい、おくの湯をクローズアップしていましたが、

実はおくの湯よりもうえの湯の方が、若干広いんですね。

ということはお客さまももう少しゆったりと入って頂けるはず。

 

なかなか変更できませんでしたが、

ありがたいことにだんだんお客さまも増えてきて、

このタイミングで、えいっ!と変更することにしました。

 

どうぞご理解をよろしくお願いします。

 

さて、

いよいよヘットの駆除剤散布が近づいてきたよー!!!!

これでハチも少しは大人しくなるかな。

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

スケッチ便り

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

今日は我が家の娘の誕生日です。

大河ドラマ終了とともにオギャーと、この世に生まれてきた。

生まれて、もう1時間経ちましたねー。

 

あっという間の子育て時代でした。

もう少し楽しんでおけばよかったな、って思うけれど、

それもま、しょうがない。その時、その時、大事なことがありました。

おかげ様で元気でやっているようです。

 

今の便りはLINEという便りですが、

私が書いた手紙はけっこう保管してあるみたいで

なんだかうれしいですね。

 

嬉しいお便りは、宝巌堂にもたくさんです。

泊まりに来てくださるたびに

素敵なスケッチを書いてくださるお馴染みさん。

このたびは、新米時期とあって、いつもとちょっと違うテイストです。

ごはんがメイン!ご飯がどどーん!

いいですよねぇ~、

おいしさがとーっても伝わってきます。

 

もちろん、全体のスケッチもありますよ。

これを見ていつも、翌日の器を選ぶ私たち。

参考にさせて頂いています。

 

添えられたひと言も、じーんと沁みる。

 

いつもありがとうございます。

 

さて、

オリジナルハガキが出来上がってきました!

驚いて頂けるといいなぁ。

新米まるごと便に入りますよ!

あとは、馬場さんのコシヒカリの出来上がりを待つばかり。

まだかなぁ、まだかなぁ。

 

あとちょっとのはず!!!!

ね、馬場さん―!

 

 

 

 

続きを見る

くう・ねる・はいるは、誰のコトバ?

こんばんは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

夏の間、湯水のように楽々と料理していた深雪なすも、

そろそろ終盤のようです。

夏も終わるなぁ。

馬場さんのコシヒカリも、もうすぐかなぁ。

待ち遠しいのはお客さまと同じな私たち。

待っててねー!

新米が入荷したら、

いよいよ’新米まるごと便’も発表しますね。

公式LINEのご登録がまだなお馴染みさんのみなさん、

この機会に是非!ご登録をお待ちしています!

ブログでもご案内しますので、待っててくださいねー!

さて、

 

くう・ねる・はいる

 

この言葉のお話、再度。

FBでブログをシェアしたら、

友人からコメントがたくさんありました。

 

’いい言葉だねぇ、宝巌堂にぴったり。

あなたが考えたの?’

 

え?

この言葉って、ずっと前からあるよね?

あれ?違ったっけ?

 

そしたら別の友人が、

’くう・ねる・あそぶ’

これは昔コピーライターの糸井重里さんが作ったよね’

って教えてくれました。

あぁ、そういえば、あったね。(と、わかる方は若女将世代!)

 

友人たちは、最後の単語’はいる’を、

’あそぶ’や、’のむ’や、’むすぶ’、に直して書き込みしてくれたけれど、

本家は、’あそぶ’だったんだね。

 

じゃ、

くう・ねる・はいる、は

いったい誰が作ったの?

あるじ?

 

だんだん不安になり、あるじに聞いてみました。

 

まだ若かりし頃、

宝巌堂の建て直しを模索すべく、

船井総研のセミナーに足しげく通ったあるじ。

その当時は、旅館支援チームができたときで、

担当のコンサルタントの方が、

このコピーをなぞって作った、と思う。

とのこと!

旅館に関しては、当時は船井総研よりも、

もっと大きな会社が全盛だった時で、

大きな宿、大きなホテル、にガンガン力を入れていた時代。

それと対極として、

これから大事にすべきは

 

’くう’

′ねる’

そして、温泉に’はいる’こと、

と、説いたんだったそうです。

 

 

そうだったんだぁー!びっくりだね。

 

 

それにしても30年も経って、

この言葉が宝巌堂を表す言葉として

ひとり立ちしているって、

ちょっと感動しました。

 

 

 

 

 

続きを見る

内山肉店のレストランへ行ってみてー!

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

午後から休館日の昨日、

あるじが健診から帰ってきたのは13時過ぎ。

お腹空いたよー!

 

ホントは新潟に行きたい場所があったのですが

もうこんな時間なので、せめて美味しいものを食べたい!

と、

そそくさと出かけてきました。

 

昨日はどうしても、

そして珍しくお肉が食べたかった私。

それも牛肉だー!

ということで、

宝巌堂もお取引をさせて頂いている、にいがた和牛の’内山肉店’さんが、

魚沼の里の敷地内に出しているお店に行ってきました。

ここは、7月に新しくできたショップ兼レストランです。

 

猿倉山ビール苑に向かうちょっと手前にある、

黒い建物です。

ここは工場兼、売店兼、レストランです。

 

いつも牛肉はにいがた和牛をお出ししていますが、

自分ではきちんと食べたことがなかった。

レストランでは、ステーキではなく、

しゃぶしゃぶ用にスライスした牛肉の鉄板焼きですが、

これも絶対に美味しいに違いない!

お昼から贅沢。休館日のひそやかな贅沢。

 

結果!

めっちゃ美味しかったー!!!!

 

熱い鉄板に、

玉ねぎが敷いてあってその上に新潟和牛。

付け合わせの人参もジャガイモも

とっても甘くて柔らかい、ほくほく。

サラダもたっぷりだし、

スープは牛のミンチが入っています。

ごはんは一膳ですが、

ボリュームたっぷりのお肉に

もうお腹は満腹以上!

 

お肉は、もう!めちゃくちゃ美味しい!!!!!感動しました。

 

これ、新潟で食べたら、

この倍の価格はするかもしれません。

うおぬま価格、そして地元に住む利点だなぁ!

 

ロケーションもいいんだよねー!

 

 

魚沼の里は浦佐駅から20分くらいですが、

車じゃないと不便な場所なんですよね。

 

こういう時、タクシーをコマ切れで貸し切りできればいいのにな。

え?なんのこと?

私が妄想していることです。

これはまた次回~~。

 

 

 

 

 

続きを見る