新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

ワクワク!参の拾壱番!

おはようございます!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

この土曜日、まさに今日、

お客様に泊っていただけるはずたった

改造中の参の拾壱番。

 

やっぱりというか、

まさか、というか、

壁の珪藻土の下塗りも必要になり、

となると、さらに工程が増え、

乾かすのにもさらに時間がかかり、

結局あと1週間も伸びることになってしまいました。

泣くわ・・・・・・

 

大工さんのごったくは完了。

桐材の小上がりもとっても素敵に完成!

チラ見せ!

 

畳はすでに出来上がってる(やるなぁ、畳屋さん)!

でも畳屋さんは最後のお仕事なんだよね。

そして、障子に替わり、

ずっとつけたかったモノが窓につきました!

 

あとは、

左官さんのお仕事を残すのみ。

まずは下塗り中。

これを乾かして、

それから本塗り。

とは言え、

乾かす作業はとっても大事。

あぁ、まだまだお目見えにはあと1週間もかかりそう。

 

お客様には、お部屋の大移動をお願いすることになるなど、

ご迷惑をおかけしてしまいました。

本当に申し訳ありません!

その分、なおさら、いいお部屋にしなくちゃ。

 

椅子とテーブルが

実はまだ決まらんの~~!

 

それ私の大仕事だった!

 

 

続きを見る

GoToトラベルキャンペーン中のさなかの、宝巌堂

おはようございます!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

今日は金曜日~、

11月なのに暖かい。

 

ここ数日、

感染者数が第3波と表現されるくらい増えていますが、

GoToトラベルキャンペーンは真っ盛りです。

休館日に、行こうかな?ともくろんでいた宿は

軒並みどこも満室!!!(すごい!)

今日、あるお宿から届いたメルマガでは、

年内はすべて満室。(すごい!)

2月も3月も週末は満室!とのこと。(すごすぎる!)

GoToキャンペーンが5月まで延長されたら

さらにこの状況は続き、

お馴染みさんのご予約をお断りする状況になってしまう、

そんなことにならないように、

先行予約受付なるものを始めます、

とのお知らせがありました。

 

ホントに、すごいなぁ、GoToキャンペーン。

改めてその威力を感じざるを得ません。

 

さて

参加していない宝巌堂はどうかというと、

いつものような毎日です。

 

お客様、少ないなぁと思っていたら、

2,3日前にお馴染みさんからのご予約が入ったり、

ご新規さんからもご予約が入ったり、

こうして毎日、やきもきしながらも

冬に向かうと減っていく傾向の、この晩秋の景色は

例年と

あまり変わらない。

 

なので、

静かな日もあれば、

賑やかな声が聞こえる日もある。

 

とかく人んちと比べて一喜一憂する私ですが、

比べない、比べない、比べちゃダメ、と、

呪文のように唱え、

目の前に全力投球するのみです。

 

毎朝、

栃尾又の外回りを掃き掃除するあるじですが、

何しろ、テントウムシとカメムシの残骸がすごいんですよ。

でも今日は、

確実に少なくなっていた、そうです。

もう山からは飛んできていない様子。

今は、ようやくたどり着いた下界に潜んでいたやつらが、

ちらほらと出てきては、

あるじに掃かれている感じです。

 

 

季節が少しずつ、

でも確実に

冬に向かっています。

 

暖かいんだけどねぇ。

 

まだまだ雪囲いモードにまったくなりませんね。

 

という感じで、

宝巌堂はいつものように、

のんびりと、

穏やかに。

 

今日もマスク越しに

お客様と大笑いできる幸せ。

 

ごった煮の美味しい季節。

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

ごめんなさい!キャリーバッグでのお越しをご遠慮いただいています。

こんにちは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

荷物の多い旅に欠かせないのが、

車輪の付いたバッグ、

いわゆる’キャリーバッグ’ですね。

 

荷物は少ない派の私ですが、

普段使っているバッグには、

ありとあらゆるものが詰め込まれて、

たぶん、総重量は2キロ以上あると思う。。。

こんなものを毎日持ち歩いている私ってば。

日頃から鍛えているのね!

 

便利なキャリーバッグですが、

新型肺炎拡大防止のため、

現在は

全面的にキャリーバッグでのお越しをご遠慮いただいています。

 

なぜ?キャリーバッグがだめなの?

新型肺炎を拡大するってどういうこと?

 

実は感染が広がり始めたころ、

靴底についたウイルスからの感染が。。。

というニュースをたまたま見ました。

まだだだ怖いだけで、コロナについて何の知識もなかったころです。

でもその時に感じたのは、

道路をゴロゴロ転がしてくるキャリーバッグの車輪が

実は靴底よりももっと怖いのではないか、ということです。

日本での感染が欧米よりも爆発的にならないのは

一説には、靴を脱ぐ文化があるからだ、とも言われていますね。

 

宝巌堂はご存知の通り、

スリッパのない宿ですから、

お客様も私たちも靴下や素足のままで館内を動きます。

そこに、キャリーも一緒というのは、

土足で入るのと変わらないのではないか?

それは、やはり今の状況を考えると、

リスクがあるのかも、と思っているのです。

 

以前から、

キャリーバッグでお越しの際には、

失礼ながら車輪を拭かせてもらったり、

車輪にはめる靴下を見つけたので

それをご利用いただいたり、

キャリーバッグは敷物の上に置いて頂いたり、

様々なことをしてきました。

 

この状況は、それでも、

今までと違うと感じています。

 

お客様ご自身のために、

そして、私たちスタッフと、

お互いの安全のために、

キャリーバッグにはしばらくお暇を出していただくよう、

ご協力をお願い致します。

 

いつもワガママ、ごめんなさい。

そして、

本当にありがとうございます。

 

続きを見る

宝巌堂のお料理ってどんなの?

こんにちは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

あっという間にお昼だー!

 

一ヶ月以上ブログを放置して

久しぶりに更新したら、書きたいことが山のように出てきたー。

 

そして書き始めたら

なんとも長々と、まさに

徒然に書き綴ってた。

 

ブログって、

お客様へのお手紙なんだなぁ、って

改めて感じていたところです。

ちょっと筆不精になってて

すみませんっ。

 

食欲の秋です。お昼ご飯の時間です。

ご飯、美味しすぎる!

食べ過ぎちゃう!

みなさん、嬉し泣いてますねー。

そんな声を聞くと、ニンマリの私。

ポッポロ漬とががなんばん漬がまた

いいお供なんですよ。

 

宝巌堂の食事は、

多い、と思いますが、

いかがでしょうか?

 

おまかせプランは、

食前酒からデザートまでの14品の内、

最初の7~8品は地元野菜の小鉢です。

タンパク質はほぼ入っていません。

これだけで、私にとっては満足の量です。

これに続くのは、メインの4品。

生もの、揚げ物、焼き魚、肉料理。

〆はご飯セット、と、

デザートはジェラード工房ヤミーのジェラードです。

けっこうな量、だと思うのですが、

びっくりすることに、

お客様はほとんど皆さんが完食!

 

嬉しいー。

 

たぶん、

野菜料理が大半を占めてるからなのかな?

揚げ物も野菜、ですから、

タンパク質は、生ものと焼き魚と肉のみ。

なんか食べれちゃう気がしませんか?

 

そして、もう一つのプランは

滞在の方のための、

湯治プラン、です。

 

湯治プランも、量は多いんだ~。

6品とご飯セット。

 

 

湯治=健康になる、のイメージ

ですが、

ごめんなさい、この献立のように↓↓↓

けっして

ある意味、’健康的な料理’ではないんですね。

ボリュームたっぷりすぎますかね。

 

野菜を多めが基本。

そのうえで、肉も魚もまんべんなく、

普段のお惣菜のイメージ、ご飯のおかず、ですから、

から揚げだって、とんかつだって、登場します。

お刺身も焼き魚も献立に入りますよ。

宝巌堂の賄いに登場する料理も出ます!

これが一番楽しみという友達もいる~。

いっそ、プラン名変えたら?って感じですね。

 

実は、面目ないことに、

野菜大好きの私は、好き嫌いがとっても多いんです。

だから、献立はとにかくバラエティに富ませたい。

魚が苦手な私にその日のメインが魚だったら

食べるものがありませんからね。

 

食べることは滞在の大きな楽しみ。

ばあばがよく言ってたんです。

 

お腹を空かせちゃ、申し訳ない。

 

その教えに従って、

たぶんこれからも

ずっと量は多めなのかもね。

量を食べれない私たちが作るから、

なおさら、たくさん食べていただきたい、って、思ってしまう。

勝手な希望です。

 

多かったら、遠慮なく、

もっと少なめにしてねー、って

ぜひとも、お申し付けくださいね。

 

それにしても

魚沼は野菜が本当に美味しい。

直売所に行くたびに幸せを感じます。

だからどんな一品をつくっても

美味しいねー!って声が聞こえるの。

素材のチカラです。

ありがとう!

 

 

 

 

 

続きを見る