新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

新しい桐のお盆

こんばんは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

只今、絶賛改造真っ最中の、

2-8用の材料調達のために、

久々に加茂のイシモクさんに行ってきました。

 

イシモクさんでは、

実は長年、作ってもらいたい、と思っていたものがあったのです。

それは、

お膳ではなく、テーブルで食事をしていただくための、

’桐のお盆’です。

以前から使っている(もちろん今も現役)の桐盆は、

湯治プランのご馳走を全部載せるにはちょっと小さいんです。

だからオーダーしたかったのですが、

なかなか実現には至りませんでした。

そしてこの度、

この度はようやく3-11も2-8も、

テーブルセットが入った!

これで、体制が整った、というわけです。

 

というわけで、やってきました!

大きさはこれくらい。

 

桐材とは言え、これくらいの大きさと意匠だと

やっぱり重さを感じますが、

考えてみればこの大きさでこの軽さ、とも言えます。

お客さまがお膳を出してくださるときに

持ちやすく、置きやすいように、手をかける部分も作ってもらいました。

 

早速、3-11にお泊りのお客さまへ、

初見参!

 

新しいテーブルにご馳走を載せたお盆を置いたら、

思わずお馴染みさんから歓声が上がる!

いつもと同じ湯治のご馳走なんですが、

なんだかとーってもご馳走に見えるみたいです。

盛り付けてた私たちもそう感じていたので、

これは嬉しかったなぁ!

やっぱり思い切って作ってもらって、ホントによかった!

 

たったの3枚、だけ、作りました。

いかにも私らしい枚数だ!!!

 

 

 

 

 

続きを見る

今年もキャラブキ作りが始まりました!

こんばんは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

今年も銀山ブキを手に入れることができました。

すごい太いでしょう!

なかなか市販されていないと思う、銀山フキは、

採れる場所と、そして、採っていい人、が、決まってるみたい。

だんだん収穫量も少なくなっているようだから、

本当に貴重なフキなんだよなぁ。

今年もばあばのレシピで、

大事に大事にキャラブキに変身させますよー!

 

まずはフキの皮剥き。

4キロあったけれど、太いので剥く作業は案外時間がかかりませんでした。

それより、下茹でが面倒だったー!

 

分量の調味料を入れて、

火にかけます。

水は入れません。

酒とみりんと砂糖と醤油、鷹の爪。これだけです。

ひたすら煮て、焦がさないように、中弱火で、約1時間程度。

少し煮汁が残っているところで止めておきます。

 

フキを煮るときは、

いつも梅雨の季節。

だから、なかなか干せません。

 

え?干す?

干すんですか?っと、

たいてい、こう聞き返されます。

 

そうですよー、干すんです。天日でね。

栃尾又は日照時間も短いので、これが一苦労。

今日はホンの5分程度出して終わり。

雲行きが怪しくなってきましたからね。

雨にあたるとかびます。注意。

 

 

干すと、

何年でも持ちます。

そしてね、こんなに黒光りしてるの!

これは去年の7月に作ったものです。

これが最後の1本。そして最太の1本です!

もったいなくて食べれないー!

 

ということで、今年も始まりました、という意味は

そういう意味。

ここから干す作業を数日経て、ようやくキャラブキの完成です。

 

お天気が待ち遠しい!

 

 

 

 

続きを見る

今、銀色夏生さん。

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

銀色夏生さん、という作家さん、皆さんはご存知ですか?

たぶん、もちろん!って言う人がきっと多いですね。

私はというと、

名前は知っていたけれど、

実は、本を読んだ事はなかったんです。

ファンの皆さん、ごめんなさい!

 

本箱に置いてある、’つれづれノート’を手に取った。

幾度となく手に取っているけれど、その日は、

 

何気なくめくったそのページの一文に目が留まる。


’人生は短い。時の流れは速い。

嫌いなものを嫌いだという前に、好きなものを好きだと言おう。言い続けよう。

好きなものを好きだと言える方向を向こう’

 

うわ。

 

少し前に、

これと同じようなことを思ってて、

FBでつぶやいた。

 

’嫌いなことは言わなくていい。

好きなことだけ言おう’

みたいなこと。

 

だから、とってもびっくりして、

思わず読み進んでました。

あっという間に読んでしまう。

 

この長く続く、’つれづれノート’が

なぜこんなに幅広い世代から支持されているのか実はわからなかった。

これは、銀色さんの日記??だよね?なんて思ってた。

 

けれど、

この一文から想像がつくように、

それだけじゃなかった。

 

日記に書く日々の暮らしの中には、

何気ないようなことに、

様々な気付きが転がっている。

それは時にはとっても深くて、とっても真実。

くすっと笑っちゃって、

へぇ~って面白がって、

そして、

うん、そうだよね、そうそう!

って、

味方を得たような気持ちにさせてくれる。

 

みんな同じだ、みんな同じことで

悩んで、傷ついて、泣いて、楽しんで、笑って。

 

だからこんなに支持されるんだなぁって、

遅まきながら思いました。

 

銀色さんの本は、

中学の時すごい読んでたー!って言う人がけっこういて、

それは、すごいな、って感心した私。

中学の時、に、って、すごい感受性じゃないですか?

私の中学の時なんて、なーんも考えていなかったよ。

 

今の私に寄り添ってくれる力強い一冊になるのかも、な。

 

今日、3カ月ぶりに髪の毛、切ってきました!

ちょっとこのたびはショートボブっぽい。

FBで友達がしてたのを見て、

あ、やってみたい、って思って真似っ子。

うん、でも顔が明らかに差があるから、

まぁ、ちびまる子ちゃんだけは避けられた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

平常心で行くっ。

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

 

新潟県民限定の5000円割引キャンペーンが始まっていますね。

   注*宝巌堂は参加していません

7月が静かに始まりましたが、

キャンペーンに参加していない宝巌堂は、

やっぱり、というか、はい、静かです。

というか、いつもの7月の始まりです。

 

参加している、他のお宿はどうだろう、と、

やっぱり気になる私。

友達の宿のtweetを見たり、聞いたりすると、

’予約業務の仕事が終わらない!’とか、

’すごいくらいに予約が入ってくる!’

’忙しくて大変!’

なんだそうです!

 

すごいな、そうなのか。。。

そうなると、やっぱり参加すればよかったのか、と、

不安になってきます。

参加宿は随時募集中。

 

けれど、

引き続き、このままです。

県内の常連さん、本当にごめんなさい。

 

県民限定、って銘打っているキャンペーンは

今はもうほぼ全国的に繰り広げられています。

近くで楽しもう、という全国的な動きですよね。

身近のいいところ、再発見みたいなかんじ。

それはすごくいいことです。

だから、新潟県民限定で、お得に泊まっていただくことには

最高なんですが、

でも、どうしても、なんだか申し訳ないような、、、

他の地域のお馴染みさんに。

いや、そんなこと考え過ぎなんだろうけど、

ここ、気にするあたり、そこ、宝巌堂。。。

なんだね、やっぱり。

ホント面倒くさくてごめんなさい。

 

まだまだワクチン接種にも時間はかかる。

一年前とその恐れかたは確実に違うから、

それでも、十分注意して、

いつものように、お客さまをお迎えしようと思います。

 

平常心だよ、私。

と、言い聞かせて、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る