• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

おなじみさんとして、どのように宝巌堂を利用していますか?

宝巌堂スタッフ一同の夢は、

'おなじみさんの宿'。

 

一度来てくれたお客さまが、

また同じ季節に、また違う季節に、

訪れてくれる。

気がついたら、あら?

あの方も、この方も、

その日は一度来てくださった方で満室。

お客様同志はご存じないかもしれないけれど、

私たちは知っている。

今日は宝巌堂ファミリーの日。

秘かにニヤニヤしてしまう。

 

 

おなじみさんとして、宝巌堂をどのように利用していますか?

 

・連休で用事のないときは宝巌堂。

 

・主人の休みが合うとまず、宝巌堂に行けるかな?と

 まずは思います。

 しんどいなぁ、と思うと行きたいな、と思います。

 温泉に浸かり、本や漫画を読みながら

 ゆっくりしたいなぁというとき。

 季節が変わり、食材が変わった時に

 食べたいなぁと思った時。

 これらが重なれば、即!予約を入れています。

 

・時々ブログなどを拝見して、

 毎年夏にお邪魔するのを楽しみにして過ごしています。

 会社の夏休みに定宿として利用しています。

 伺った時はホントに何もせずにのんびり過ごします。

 

・春、秋の山菜、キノコ、新米が食べたーーーいとき。

 田舎を持たない人間なので、

 ここに来ることで四季を知る。

 東京から離れてリセットしたい時。

 

・別荘のように利用させていただいています。

 

・季節の美味しいものを食べに行く。

 一人で温泉旅行をしたい時に行く。

 (一人でも安いし、ひとり旅歓迎なので気後れしない)

 ぬる湯でゆっくりしたい時に行く。

 GWなど世の中の行楽地が混むシーズンに

 静けさを求めて行く。

 絶対に外れがない安心感を求めて行く。

 

・栃尾又のぬる湯にゆっくり浸かって、

 静かにのんびり過ごしたい時に行く。

 

おなじみさんが多い日は、

満室でもなぜかとても館内が静かなのです。

誰もいないんじゃない?っていうくらい静かです。

なぜだろう。

皆さんが思い思いに時間を楽しんでいるんだなぁ、

宝巌堂の使い方、知ってるなー!

そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment