• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

宝巌堂のコタツ

寒くなりましたね。駒ケ岳は真っ白となりました。

今朝の気温は0.2度!!そろそろコタツを出さなくっちゃ。

 

うちのコタツはかなり古いです。

もうたぶん売ってない。いや、絶対に売ってない。

ナショナルの赤外線のコタツ。

昔からある、あの邪魔なでっぱりのあるやつです。

サイズは天板が60cmくらいなのですから、

実際は一人で使うのにちょうどいいくらいなのでしょう。

でも昔はきっとこれで家族2人、3人で入ってたのかなぁ?

 

改築した時もこれはぶちゃりませんでした(訳:捨てませんでした)。

今流行の家具調は赤い色が見えなくて、ちょっと不満。

その点、この赤外線コタツは’強’にすれば真っ赤になって、

いかにも暖かそうなのが気に入っています。’弱’だとほのぼのした赤だし。

 

いったいいつごろから使っているのだろう?

ばあばの話に寄れば、お隣の神風館さんがコタツを新しくするので

これはいらなくなったから、もらった・・なんて言うのを聞いたこともあるけど・・・。

ほんと??

天板は、今もこれに合う小さいサイズがホームセンターで売っています。

でも、合板。

なので、アンティークショップに行くとかならず、天板を物色します。

今ようやく一枚板のものを2枚見つけて、実際に使用しています。

このコタツ、とっても宝巌堂に合っているでしょう?

これが壊れたら、いったいどうしよう・・・・。

今から不安で、いろいろとネットで探しているのです。

この心配をよそにまったく壊れません。気配すらない。

昭和のものは、強いですね。

No Comments Yet.

Leave a comment