• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

2-8(弐の捌)、進行中~!

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

トンカントンカンと、大工さんのリズミカルな音が響きます。

工事開始1週間目。

トンカチの音は快いけれど、

がががぁぁぁっぁぁ~~という、

機械を使って切る音はなんとも響きますね。

ようやくその音は終わりかな。

 

60年前の造作が見えていた壁が、

 

ボードを貼れば、ご覧の通り、

なんとも新品の部屋になりました。

天井もボードで下張り終了。

壁を下塗りして、

乾いたら、珪藻土をさらに塗っていきます。

 

宝巌堂の客室の隠れた名物’姿見’は

入口へ移動されました。

’これ’をここに

 

 

なんだか広い部屋になった。

あるじが小さいころから嫌いだった、という柱もなくなった。

(60年間、今までホントにありがとう)

 

元々9畳のお部屋でしたが、

昔の名残が多すぎて、縦長になってしまい、

なんとなく使い勝手が今一だった、

と感じられる方も多かったかもしれません、

少しそれが解消されればうれしいな。

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment