• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

’日本海美食旅’ディスティネーションキャンペーン始まりました!

2019年10月1日、

JR東日本の’新潟県/庄内エリアディスティネーションキャンペーンが始まりました。

今年は、

里山十帖を経営する、雑誌、’自遊人’の岩佐さんが

なんとこのキャンペーンの総合プロデューサーに就任したこともあり、

プレDCから来年のアフターDCまでの3年間、

新潟県の美味しいものに関わる全ての人たちが

とても盛り上がりを見せています。

 

今までまったくこのDCというものには

他人事だと考えていた私ですが、

全県を巻き込む勢いの岩佐さんの精力的な活動と

周りの勢いもあり、

今までよりDCを意識してきた感のある宝巌堂です。

 

先日、

浦佐駅の構内で、

’魚沼米と酒の陣’というイベントが開催されました。

魚沼エリアの美味しいモノと、酒蔵が一同に会するこのイベントに

集まったお客様はなんと浦佐駅開業以来!というほどの混雑ぶりで、

その人数を見た私たちもビックリ仰天でした。

 

その日、

お客さまがお部屋に置いていかれたパンフレット。

DSC_5652

スタッフが処分してもいいですか?といつも確認します。

 

見たことないパンフだね。ちょっと見てみよう、と開いてみてびっくり!

 

え、ウチが載ってる?

しかも、ページをめくって2枚目に、

DSC_5653

どこかで見た器だ。。。

 

これいったいいつ撮影したっけ?

この写真、どうでもいいけど、すごく欲しい。

 

とFBでつぶやいていたら、

新潟県観光協会の方が電話をくださいました。

 

’これ、昨年伺ったときに撮影したやつですよー、

画像送りましょうか?’って。

 

ひええぇぇえぇぇぇ!

まさかの忘れてたいたとは!

ウチに画像があるのでもなく、

雑誌として形があったわけでもないので、

全く彼方に行ってしまったのでした。

ホントにすみません!と平謝り。

 

どうりで、

1か月くらい前に、JRさんから、

’県から頂いた写真に’キク’のお料理がありますが、

これは実際にお客様に出していますか?’との

不思議な電話があったのを思い出した。

このことだったのか!!!!

 

その時の私の答えは、

'はい、出していますよ。

季節になればね’

でした。

季節にならないと、

’おもいのほかの辛子酢’は出ませんからねぇ。

 

今年はいろいろな意味で

節目の15年目。

今までやってきたことの結果が少しずつ出てきたのかな?と、

それはどれもこれも、すべてが

宝巌堂をいつも応援してくれる常連さんのおかげだと、

あるじとの夕餉の会話になりました。

 

今週、

9年ぶりに来てくださった京都の常連さんが、

’何も変わってない、それがすごい’と、

おっしゃってくださいました。

’少しずつ変わったところが溶け込んで

でも、何の違和感もない’と。

あぁ、よかった、と

心からほっとした私です。

 

このDCに向けて、新潟県旅館組合では、

新しいプロジェクトが始まりました。

’にいがた朝ごはん’

’にいがた地酒の宿’

に続く、第3弾。

それが

’にいがたお宿の晩ごはん

です。

 

DSC_5656

 

この度この真打ちの企画に参加しています。

演目は、

’ばあばのごった煮’

 

このお料理の生まれた背景、ストーリーが

いわゆるガストロノミーとしても重要なわけで、

どこにもないばあばから私への貴重なプレゼントなんですよね。

これからも受け継いでいこう。

 

新潟県・庄内エリアディスティネーションキャンペーンは

2019年10月1日から12月31日までです。

新潟は美味しい!

待ってますねー!

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment