• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

キャリーバッグの車輪に注目!

スリッパ不要の宝巌堂です。

 

スリッパ不要ということは、

玄関で靴を脱いだら、

靴下を履いて、あるいは、裸足で、

廊下を歩いていただくことになります。

宿屋としてはずいぶん珍しい、と思います。

昔の宝巌堂は例にもれずスリッパ仕様でしたが、

磨きこんだ廊下を裸足で歩くお客様の多かったこと!

年配の方が多かったせいか、

スリッパを履くと階段は滑るし、危ないから、と言っておられた。

ペタペタと廊下を裸足で歩かれる姿は、

なんとなく、自宅にいるような雰囲気を醸し出していました。

建て直したら、スリッパのない宿にしたい、

とずっと思っていました。

 

さて、

キャリーバッグ、通称’ゴロゴロ’のお取り扱いについては

もう何年来も悩み、

あれやこれや、いい方法はないかと模索してきました。

DSC_1876

ここ数年は、

キャリーバッグを畳や部屋に置く際は敷物をご用意して、

そこに車輪を置くということで落ち着いていました。

でもなぁ、車輪がむき出しだし、

廊下にうっかりおいてしまう場合もあることでしょう。

なによりも

スリッパは履かない宿、としては、

さっきまで道路をゴロゴロしてきた車輪を室内に上げる、

というのが、なんとも不衛生だと思うのです。

とは言え、

昨今は本当にキャリーでお越しのお客様が本当に多くなりました。

そろそろもう少しいい案はないかと思っていたところ、

見つけましたよ!

DSC_1875

これ、何だと思います?

クリップを外すと、4つ同じものが!

靴下みたいでしょう!

DSC_1873

これはね、

椅子の足に履かせるカバーなんです。

そう、床が傷つかないように、畳みが傷つかないように。

椅子だから4つ組。

キャリーの車輪もほとんどが4つ。

なんともちょうどいいグッズだったんです!

履かせてみたら、なんともぴったり!

 

これならば、敷物も要らないし、

万が一廊下に置かれても、セーフ!です。

 

我ながら、久々にヒットの選択でした!

これがまた可愛いもんだから、

なんか癒される~!

お客様からも’可愛い!’の声をたくさんいただいて、

ほっとしました。

 

今日の残りは8個中1個。

あとはみんな使用中。

 

やっぱりキャリーの比率は高いですね。

 

いつもご協力頂いて、本当にありがとうございます。

 

No Comments Yet.

Leave a comment