• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

もっと野菜を!

お客様は本当によく召し上がってくださる。

しかも、最後にお出しするコシヒカリは

お替わりが来ることもある!

食べ残しはほぼない。拍手!

 

ホントに?

ホントなんです。

作っている私たちも実は、

ホントに全部食べてくださったの?って思うことがあるんですよ。

 

ばあばは、

はらくっちぇのが幸せ。(訳:おなかいっぱいが幸せ)

宿に泊まりに来てひもじい思いをするなんてとんでもない、

って思ってたみたい。

ご飯(米)に関してはもっとそう感じていたようです。

米がない、とせつない。

 

こんな気持ちから、

これでもか、って言うくらいの量が

旅館では出てくるのかも知れませんね。

 

私ごとですが、

最近はたくさんは食べれなくなってきた。

食べれない私に合わせると、まさにひもじいご馳走になってしまう。

だから、盛り付ける量も、品数も、多くなってしまうのかも。

足りる?おなかいっぱいになった?お替わりは?

と、ついつい聞いてしまいます。

 

なぜ、宝巌堂の食事が全部食べれちゃうのか?

 

それはひとえに

野菜の占める割合、と

野菜の美味しさに他なりません。

 

最初にテーブルに並ぶ6~8品は

野菜の小鉢です。

冬の献立で言えば、

 

ごぼうサラダ

豆乳寒天

魚沼ポエムの胡麻和え

手作りこんにゃくの辛味炒め

八色シイタケの揚げ煮

紅白なます

干し柿の白和え

切干大根の酢の物

煮もの

などなどから日替わりで。

この後メインが続き、

そしてご飯とデザート。

 

最近、メインはこの野菜料理でもいいのかも、って

思うことがあります。

とはいえ、

肉も魚もないのではそれもまた寂しい。

だから、メインの野菜料理の中にちょっと忍ばせて。

 

これならきっと、

本当のメイン?魚沼コシヒカリも

お腹に収まること間違いないな!

 

この春で宝巌堂は14年目。

まだまだ模索もたくさん、

そして進化も続くぞー!

 

画像を探していたら、春の画像がたくさん出てきました。

気分はもう春!立春過ぎたもの。

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment