• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

どうかお幸せに。

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

昨日の眞子さまの結婚会見、

最初からじっくりと見ちゃいました。

佳子さまと抱き合って別れを惜しむ姿には、

思わず涙でした。

 

眞子さまは娘と同じ年。

秋篠宮殿下は私の弟と同い年、

天皇陛下は、私と同い年。

まさに、現在の皇族世代の私の年代は、

きっと他人事じゃなかったかもな、って思います。

 

いろいろなことがありました。

でも、とにかく思うことは、

どうかどうかお幸せに。

子供の幸せを祈らない親はいません。

たとえ反対であっても、自分の思い通りにならなくても

でも、これからの人生がどうか幸せでありますように、

心から願わずにいられません.

 

宿屋仲間がFBで書き込みしてた。

 

’宿屋の息子の奥さんの多くは、

宿屋なんかに嫁ぐな、止めておけ、と

親戚に言われたことがありそうだ。

圭さん、眞子さんおめでとうございます’

って。

 

大笑い!

林檎屋はどうだっただろう。

ところが、ところが、

反対なぞだーれもせず。

 

母は、

’ここであたしが反対して、

あんたが一生嫁に行かない、となったら、

あたしのせいになるじゃない。

だから、反対しない。

だから、絶対に帰ってこないでよ’

 

と、言い切った。

 

おかげさまで、

’お米なくなっちゃったのよ~、送ってねー’

で、いつも美味しいごはんを食べております。

 

いつの時代も、

結婚する、ということは

すごい決断がいることなのです。

だから、どんな決断をしても、

信じるしかない、

あなたの育てた子供たちを。

子供たちの決断を。

 

どうかどうか、お幸せに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment