Category Archives: 湯治生活!

新潟文化物語’現代の湯治の魅力に浸る’

今日もまた雪ではなくて

雨の予報です。

大湯温泉スキー場も28日がオープン予定なんだけれど、

降るの?降らないの?

皆がヤキモキしています。

 

おはようございます、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

12月20日に記事がアップされました。

このたび、

’新潟文化物語’というサイトに

栃尾又温泉の3軒の宿、自在館、神風館、宝巌堂、が

揃って取材をお受けしました!

 

3軒だからいつも顔を合わせている、と思うでしょう。

ところが、

なかなか、用事がない限り会えないんですよね。

外へ出て仕事よりも、やっぱり中の仕事が多いから。

 

この度の出席者は

自在館さんは若旦那、神風館さんはご主人

そして、宝巌堂は私。

おほほ、紅一点ってわけ。

あるじに、

’あなたが話した方がいいんじゃないの?栃尾又のことだもの’

と言ったら、

’お前が行った方がいいに決まってるだろ!

男が3人集まってどうするんだよ’

と言われたー。

まぁ、確かに、みな無口?

ということで、

渉外の私が行ってまいりました!

が、おとこしょもばっちり、で

インタビューも途切れなく会話も続きました。

 

どんなふうにお客様を迎えたいか、

こういうことを

ことあるごとに聞かれるというのは、

やっぱり大切なことですね。

 

改めて、

身に沁みさせる。

自然体でできるようにね。

 

’お湯はもちろんですが、

緑を見て

鳥の声を聴いて、

おしゃべりも楽しんで、

五感を整える環境を提供して、

リラックスして頂きたい。

 

お風呂にはいったら何もしないでゴロゴロしても、

本を読んでも、

バスで町に出かけてもいいんです。

現代の湯治は自分をリセットすることだから。’

 

さすがの文章にまとめて頂けました。

感謝いたします!

 

 

----------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月25日は

年末年始の準備のため休館させていただきます。


 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

湯治の献立9変化!

雪のない、秋のような12月の朝。

 

おはようございます。

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

そう、私、

野菜、大好きなんですよ。

小さい時から、

そのころよく連れて行ってもらってた中華屋さんに行くと、

’ニンジンね!!’

と注文していました。

その料理は八宝菜。

 

文字通り、野菜がたっぷりの中華野菜あんかけ。

その中でも特にニンジンが好きだったので、

子供の私にも特別にニンジンを多く入れてくれたっけ。

しかもちょいと太目に切って。

 

そんな私の作る料理は、

当然のごとく、野菜たっぷりです。

 

キュウリの酢の物に、

なんで、イカとかタコとか、カニとか入れるのよっ!!!

せっかく、キュウリが美味しいのに!

と、

昔は、

ばあばやじいじの献立にちゃちゃいれてたなぁ。

魚料理ばっかりじゃ、私の食べるもんがないぞ!とかね。

でも、それを受け入れてくれてたのには、

本当に感謝なんです。

そのおかげで今がある。

 

さて、

30年前とは違って、宝巌堂には

1週間以上の長湯治のお客様は少なくなりました。

が、

このたび、常連さんが初の長湯治!

9泊です!

 

気合入るぞー!

 

初日に、決心しました。

絶対に同じ料理は出さない。

 

だって、

私がもしお客さんだったら、

あ、これ、昨日出た、

なんてことは悲しすぎるものね。

 

そして、

めでたく、初志貫徹です。

 

湯治のお料理は、

メイン2品、

小鉢類4品、

お味噌汁、ごはん、漬物、

で構成しています。

 

例えば先日はこんな感じ。

 

チーズ味噌カツと梅しそカツ

鮭の味噌漬け

大根の皮のポン酢漬

ジャガイモの田舎煮物

ブロッコリーと柿のサラダ

アスパラ菜の胡麻和え

これに馬場さんの作ったコシヒカリとみそ汁と漬物。

DSC_5975

はらくっちぇ~~~。(訳:おなか、いっぱい)

 

ということは、

メイン2+小鉢4=6種

それを9日間。

6×9=54

54種類のおかずを作ったってことだ!

 

 

いやー!我ながら感動です。

 

この9日間は私にとって

原点に返ったような気がしました。

 

ちょっと前にマイブームだった一品や、

好きだった一品、

手の込んだ一品、

思い出しながら、

持てるレパートリーを総動員です。

 

毎日のシゴトに、

満足することなく、

気持ちを新たに

文字通り、

新しいお料理を作ろうって思ったのでした。

休館日明けの今日は土曜日です。

さぁ、仕込み開始だー!

 

ありがとうございます!

 

 

----------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月22日~24日は空いてますー。

怒涛の年末年始の前に、

ひと休み、体作りしませんか?


 

 

 

 

 

 

続きを見る

これからの湯治宿 これからも湯治宿

’湯治’という言葉、

この耳慣れなかった言葉も、

栃尾又在住29年目になれば、

もういっぱしに語れるようになりました。

 

私の知る、ばあばの代、

そして、ばあちゃん(あるじの)ばあちゃんの代。

時代は変わっても、

 

お客様が栃尾又を目指す理由はただ一つ、

 

栃尾又のラジウム泉に入ること。

 

’体’を整え、’体’を作ることでした。

 

他には特に望まない(たぶん)。

寝るところ、休むところがあれば、それでいい。

自炊が当たり前だったばあちゃんの時代は、

お客様が米や味噌や野菜を自分で持ってきていました。

だから、食事だって、ご飯を炊いてくれればそれでいい。

 

ばあばの代になると、

自炊と賄い付き(食事を宿で用意すること)が

半々くらいになっていたようですが、

だんだん賄い付きが当たり前の時代になってきました。

 

賄い付きになると、

食には’美味しさ’を求めます。

けっして豪華ではないけれど、

すべて手作りのばあばの料理は、

きっと湯治生活の大きな楽しみだったことでしょう。

 

’食’は充実していたと想像するのですが、

’衣’、’住’、に関しては、

とても充実とは程遠時代に、

あるじと私は栃尾又に戻ってきました。

 

それから、19年後の2004年、

改築していま現在のようになりました。

最も大きなマイナス要因だった建物が、

プラスに変わった時でした。

それと同時に、

布団、しつらえ、料理、素材、備品、接客、

ありとあらゆること、

気になっていたことはすべて見直しました。

 

とにかく’居心地のいい宿’に

ここにいるだけで休める、

そんな宿に、

したかったのです。

 

湯治宿ですから、

温泉がすべてです。

でも、

温泉は自然のモノ。

 

もし、万が一、温泉ではなかったとしても、

 

’宝巌堂に行こう!’って、

お客様に言ってもらえるようになりたいね、って、

それくらい、居心地の良い空間にしたいね、と。

 

’湯治’は文字通り、

’湯で治す’ということ。

 

湯で治すのは、

昔のように、

体だけではありません。

 

心の疲れも湯で治します。

栃尾又の湯に浸かって、

栃尾又の空気を感じて、

栃尾又でいっとき、生活すること。

自分の五感を愉しめるようになること。

 

これが、’湯治’。

 

質のいい湯治生活のために必要なものをご用意すること、

それが宝巌堂の滞在です。

 

このたび、

昨日発売の自遊人8月号の、

’これからの湯治宿’の特集に載せていただきました。

 

私自身は野菜が大好きですが、

菜食主義ではありません。

油身は苦手ですが、肉も食べます。お寿司は大好きです。

パンも食べるし、ポテトチップスは唯一好きなスナック菓子。

駄菓子屋の駄菓子には目がありません。

ビールがなくては食事は始まりません。

調味料も吟味していますが、普通にどこでも買えるものです。

 

食に関しては、さまざまなやり方、アプローチの仕方があり、

これが絶対一番いい、とは言えない昨今です。

私も野菜好きとして、実はかなりあれこれ目移りしました。

それこそ自遊人の今月号を見れば、他の宿はすごいすごい。

とても太刀打ちできません。

 

いったいどんな料理を出せばいいのだろう。

 

でも、あるじに言われました。

 

興味のないことはできない。

無理はできない。

いつもの生活のちょっと延長上の宿なんだから、

そのようにすればいい。

 

 

肉は少し、魚も少し、

そして、うおぬまの野菜は盛りだくさん。

豪華な食材でなくて、

いつものうおぬまの食卓。

 

これが宝巌堂スタイル。

そして私が何より野菜を料理することが楽しい。

野菜が美味しいねって言う声を頂くのが嬉しい。

 

今までも、

これからも、

魚沼の美味しいものを、

たくさんお客様に味わっていただけるように、

できることは、

畑に行ってみることかな!

 

改めて、

’心がほどける 五感を愉しむ’

の意味を考えた機会となりました。

 

( トマトのトマト和え)

(晩春と初夏の野菜天ぷら)

 

夏野菜の季節がそろそろ始まりですよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

参の弐拾番

DSC_4423_900
HX2V2201_900DSC_4402_900
DSC_5273_900

客室設備

着衣等浴衣、半纏、作務衣、浴用タオル、バスタオル、巾着、歯ブラシ、ヘアドライヤー
お飲み物煎茶、ドリップパックコーヒー、紅茶
客室電気ポット、テレビ、エアコン、羽毛布団(冬期)、ガスFFファンヒーター、多機能枕、
炬燵(参の拾伍番はありません)
その他バンドエイド、裁縫セット、メモ、ペン、爪きり、綿棒
貸出し(無料)DVDレコーダー、電気スタンド

ttl_room3-20

参の弐拾番(3-20)
和室 和風ベッド6畳+居間7畳

宝巌堂オリジナルの小上がりの部屋。
間取りは弐の拾番と同じです。
チェックインのときから小上がり部分にお布団をご用意しています。
足の痛い方も小上がり部分に座れるように高さは約30cm。
湯治滞在のご利用の場合でも、お布団を敷きっぱなしにできるので人気があります。
小上がりにはお布団を3枚まで敷けます。


rm3_20_dtl

 

おすすめのお部屋はこれ

続きを見る