Category Archives: お客さまの声

新潟文化物語’現代の湯治の魅力に浸る’

今日もまた雪ではなくて

雨の予報です。

大湯温泉スキー場も28日がオープン予定なんだけれど、

降るの?降らないの?

皆がヤキモキしています。

 

おはようございます、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

12月20日に記事がアップされました。

このたび、

’新潟文化物語’というサイトに

栃尾又温泉の3軒の宿、自在館、神風館、宝巌堂、が

揃って取材をお受けしました!

 

3軒だからいつも顔を合わせている、と思うでしょう。

ところが、

なかなか、用事がない限り会えないんですよね。

外へ出て仕事よりも、やっぱり中の仕事が多いから。

 

この度の出席者は

自在館さんは若旦那、神風館さんはご主人

そして、宝巌堂は私。

おほほ、紅一点ってわけ。

あるじに、

’あなたが話した方がいいんじゃないの?栃尾又のことだもの’

と言ったら、

’お前が行った方がいいに決まってるだろ!

男が3人集まってどうするんだよ’

と言われたー。

まぁ、確かに、みな無口?

ということで、

渉外の私が行ってまいりました!

が、おとこしょもばっちり、で

インタビューも途切れなく会話も続きました。

 

どんなふうにお客様を迎えたいか、

こういうことを

ことあるごとに聞かれるというのは、

やっぱり大切なことですね。

 

改めて、

身に沁みさせる。

自然体でできるようにね。

 

’お湯はもちろんですが、

緑を見て

鳥の声を聴いて、

おしゃべりも楽しんで、

五感を整える環境を提供して、

リラックスして頂きたい。

 

お風呂にはいったら何もしないでゴロゴロしても、

本を読んでも、

バスで町に出かけてもいいんです。

現代の湯治は自分をリセットすることだから。’

 

さすがの文章にまとめて頂けました。

感謝いたします!

 

 

----------------------------------------------------

心がほどける 五感を愉しむ 宝巌堂

若女将 星智子

946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉

025-795-2216

Emai:info@ho-gan-do.com


12月25日は

年末年始の準備のため休館させていただきます。


 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

一大事!ニュース番組からの取材がっ!

先日、

’東洋経済オンライン’で、

’【一人旅歓迎】の温泉宿はなぜ増えているのか’

というテーマの中で、

宝巌堂を取り上げていただきました。

 

この度、その記事がご縁で、

なんと、ニュース番組からの取材のご依頼を頂きました!

しかも、全国ネット。

テレビ朝日系、夕方の16:50から始まる、

’スーパーJチャンネル’という報道番組です。

毎週水曜日の15分くらいの特集コーナーの中でとのこと。

2月8日(水)が放送予定日です。

どんなふうになっているのか、実はとても不安。

なので、ここで皆さんにお伝えするのも

ちょっと迷ったのですが、

やっぱりお知らせします。

 

テーマは、’おひとり様温泉’。

全国から3軒の宿を取り上げるらしいので、

宝巌堂としては5分くらいですが、

なんと撮影は3日間にも渡りました。

 

というのも、

今回の取材でスポットを当てるのは、宿や温泉地ではなく、

’おひとり様’、その人。

なぜ、一人で温泉に来るのか?その目的は?その良さは?

などなど、

実際にお客様に弾丸インタビューをする、ということなのだそうです。

3日間も予定を組むその理由とは、

テーマ的にも、なかなか答えてくださらないだろうと、

予想しているからなんだそう。

それはそうですよね、ゆっくりしに来ているのに、

そして、実は誰にもここを教えたくないの、と皆さん口をそろえるのに、

インタビューなんてとんでもない!

その気持ちはとってもよくわかるだけに、

私もこの取材は難しいだろうなぁ、とは思っていました。

 

案の定、

バスから降りたお客様に、

報道の腕章を付けたスタッフがいきなりインタビュー!には、

そりゃぁ、びっくりびっくり!

お断りになるのも、無理はありません。

びっくりさせてしまって、本当にごめんなさい!

 

インタビューに答えてくださった方がお二人いらして、

無事に3日間の予定を終えました。

ご心配してくださった皆さん、

本当にありがとうございます。

 

ひとりでいらしているお客様が

この取材を断るということは、わかりきっていたことです。

でも、その後、みなさんが

このインタビューで問われたことに、

自問自答なさってくださった。

そして、私にその答えをくださいました。

 

メールを引用します。

DSC05567

 

 

’テレビ局の方に、「宿泊の目的は何ですか?」と聞かれ、

「リフレッシュ」と答えたのですが、

しみじみ考えてみると、

目的は「宝巌堂さんに泊まること」そのものだと感じます。

こんなに何度も同じ宿に泊まったことはなく、

何度行っても飽きることもなく、

次はいつにしようか、と考える。

そんな場所が自分にあることは、本当にありがたく、幸せです。

今年も豆乳しゃぶしゃぶをいただけて、大満足でした。

帰り際に若女将に大きく手を振っていただき、

「なんだか実家みたい」とうれしくなりました。’

 

こんなメールを頂いて、泣きそうになり、

お礼と、このメールをブログに載せてもいいかとのメールをしたところ、

お返事を頂戴しました。

 

DSC05566

 

’一人で宿泊していると、

滞在中、ずっと宝巌堂さんと向き合っているわけですから、

宝巌堂さんへの思い入れも深くなるのかもしれません。

温泉やお料理のすばらしさ、

居心地のいいお部屋、

若女将や、

私たちが滑らないようにと、朝、

道路の氷をスコップでコツコツ、コツコツと叩いてくださっていたご主人、

榎本さんはじめ働いておられるみなさん、

たぶんそれらすべてが溶けあって、不思議な化学反応を起こして、

宝巌堂さんがあるのではないか・・・と、

今回、思った次第です。プライスレス、という言葉も浮かびました。

身体がくたくたなとき、

心が折れてしまったとき、

今回のように単純に「豆乳しゃぶしゃぶ食べたーい」というとき、

いろんなときに「よし、宝巌堂さんに行こう!」と思います。

いつも変わらず迎えていただき、本当に感謝しています。’

 

 

大事に大事にしまっておきたい言葉。

ありがとうございます。

 

昔のように身体を治す、病気を予防する、という、

いわゆる’湯治’に加えて、

最近は、

心が疲れたぁ、と思ったとき、

そして、ここまで頑張ったご褒美に、というとき、

皆さん、いろいろな場面で

宝巌堂をご利用していただいています。

 

このたびのことで、

どれだけお客様が宝巌堂のことを思っていてくださるか、

改めて実感しました。

 

いわゆる’おひとりさま’は、

今も昔も、宝巌堂に限らず、栃尾又の宿のすべてで、

とても多いです。

でも、

多くなっている、増えている、というよりも、

昔から、これで普通なんです。

しいていえば、

男性女性問わず、

若い方が多くなった、ことはとても感じます。

 

昔の人の知恵が、

現代の人に受け継がれています。

昔は、’体を治す’

’病気にならないように予防する’

ということが、湯治の大きな目的でした。

昨今は、

それに加えて、

心のメンテナンス、自分のリセット、

そんなことを目的に来られる方も多くなりました。

忙しい現代社会だからこそ、ですね。

 

おひとりさまでも、お二人さまでも、

どうぞ栃尾又温泉を

ご自身のために

たくさん使ってくださいね。

 

今日は雨。

春はすぐかしら!?

 

 

続きを見る

お客様のアンケートから 第6回

①ご夫婦でお泊りの初めてお泊りのお客様

dsc04873宝巌堂より:

フックは不足していますね。

どこに付けるか決まらず悩みますが、今後ハンガーを追加することを

検討しています。

 

②久々にお越しいただいた女性おひとり様。

お母さまとご一緒にもお泊りいただきました。

dsc04872宝巌堂より:

お客様から教わることがたくさんです!

雨の湯治にそんな効果があるなんて、びっくりです。

あきらめて温泉三昧、というよりも、今こそ温泉三昧なんですね!

 

③女性おひとりさま

dsc04874宝巌堂より:

変わらない安心感、少しずつ変わっていく楽しみ、

これからもそんなご期待に添えられますように。

 

④男性おひとり様

dsc04875

宝巌堂より:

奥さま、お電話ありがとうございます!

HPの空室情報はわかりにくいというご指摘を数件頂戴しています。

アナログなところもあり、申し訳ありません。

今後の課題ですね。

 

 

 

続きを見る

お客様のアンケートから 第5回

アンケートをお願いしていたのは

2014年のことです。

あれから2年。

できるようになったこともあり、また

まだ改善されていないところもあり。

慌てない、少しずつ、と言い聞かせます。

もどかしいですが。

 

①まだお子さんが生まれる前からのお客様。

今ではそのお子さんも3才になり、すっかりうちのお馴染みさんです。dsc04749宝巌堂より:

いつもありがとうございます。

ことあるごとに思い出してくださる、本当に幸せな私たちです!

 

②お一人さまで。そして、ご主人様と。dsc04750宝巌堂より:

いつもありがとうございます。

きっかけはFBでしたねー!こんな素敵なご縁を頂いて嬉しすぎます!

 

③ご夫婦で県内からお越しのお客様

続けて2回、お泊りいただきました。dsc04751宝巌堂より:

このたびはありがとうございます。

新米をまたぜひ食べにいらしてくださいねー!

 

④お母さんと息子さんで湯治滞在。dsc04752宝巌堂より:

女性にとってはおさんどん、をしないのは本当にこれ以上ない嬉しさですよねー!

またお待ちいたしております!

 

 

続きを見る