Category Archives: 若女将のブログ

湯治の季節です。

例年5月から6月にかけては湯治で滞在のお客さまが多くなる時期です。

でも、今年はいつもより早く暖かくなったので、お客様の出足が5月中頃から始まりました。

そしていつもなら賑わう6月に入りましたが、なぜか途端に静かな栃尾又となり、

湯治に訪れた常連さんも、’温泉が静かで、びっくりしました?’と

おっしゃってました。

 

お天気はまだ梅雨入りをするような気配もなく、

ぬる湯には絶好の気候です。

そして空いている!といえば、湯治に行くっきゃない!でしょー?

チャーーーーーーーーーンス!

というわけで、ご計画をお待ちしていますっ!

 

 

 

 

でもごめんなさい!

6月17、18日は、研修のためお休みいたします。

宝巌堂とは全く違ったタイプのお宿を見てまいります。

しつらえ、おもてなし、お料理、すべてにおいて評判のすこぶるいい素適なお宿です。

またご報告させ頂きますので、どうぞお楽しみに。

このお宿の何かを、宝巌堂にも取り入れたい!

そんな心持ちです。

 

 

 

http://ho-gan-do.com/

栃尾又ラジウム温泉 宝巌堂(ほうがんどう)は人にやさしい桐と時代家具に包まれる8室の小さな温泉宿です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

やっと親知らずを抜きました・・・・

しばらく前から痛み出していた親知らずを抜きました。

もうかなり前から親知らず自体は欠けてぽろっと崩れたり、割れたり、

大きな穴があいていて、楽じゃなかったんですが、痛くないので当然のようにそのままに・・・。

でもそれで、済むわけもなし。

やっぱりズキズキするようになった???。

 

あぁぁぁ、やだやだ、歯医者!!

世の中で一番行きたくない場所。(歯医者さんごめんなさい)

 

久々に抜歯をしましたが、麻酔も死ぬほど痛いわけじゃなかったし、ぎりぎりと口の中の音が

響いたわけでもなかったし、

歯を抜くのもいろいろと進歩してるんだなーと感心しちゃった。

ちなみに親知らずについて↓

http://www2.kankyo.ne.jp/nisseki-w/html/page/shinryo/shika/perico.html

 

 

’今日は痛み止めを飲んでも、痛みます。’

 

そして今日は消毒に行ってきました。

 

’はい、傷口もちゃんとふさがっているし、

健康的に治っていますね’

 

なーんて褒められて超いい気分っ!

 

褒められるとなんだかあまり痛くなくなってきたような気がする。

どちらかといえば、褒められて育つタイプかも、私は。

 

 

 

 

続きを見る

今年初!ミヤマクワガタ!

昨晩あるじがほらっっと、パソコンの上に置いたのは

なんとミヤマクワガタ

ええぇぇっ?まだ6月だよ。

これって夏の風物詩のような気がしてたけど・・・・。

 

もういたよ。

 

そしてしばらく観察。

カミキリムシは鉛筆でも近づけようものなら、途端にしっかりと噛み切り戦闘態勢になりますが、

ミヤマはなんかそうでもない。

歯の間に入れてもはさもうとしません。

捕まえてもあまり暴れない。

 

そこで、そのまま携帯で記念撮影。

私の眼鏡や指先が入ってる。

これを画像アップさせなくては、誰にも信じてもらえませんでしょう。

 

農協の地場野菜コーナーには早くもおかひじきやモロヘイヤまで出現しました。

きょうはかなりあっちぇ一日になっています。

 

これじゃ、虫たちも勘違いするわけだ・・・・

夏はいったいどうなるんでしょ?

 

 

続きを見る

ユキノシタ  

山菜は今年は終わりかなーの感があります。

わらびも、山タケノコも、なんだか、すっかり顔を見せなくなりました。

今使っているワラビはひと塩して大事に保存してあります。

大事に大事にお客さまのご馳走となります。

 

さて、今天麩羅の材料はうどの葉と芽。

そして雪ノ下(ユキノシタ)という一種の薬草ですwikipedeaより抜粋↓

’開花期の葉を乾燥させたものは虎耳草(こじそう)という生薬で、

その煎液には利尿、消炎などの効果がある。また、葉のしぼり汁は耳だれ、かぶれ、湿疹などに効く’

 

宝巌堂の石段の石垣にあるんです。

とってもとってもまた出てくる。

一番身近な野草(?)といえるかもしれません。

丸っこい葉っぱの裏は赤紫色。全体的にしっかりとした産毛が生えています。

さすが力強い。

 

一番最初にこれを天麩羅にしてくれたのは亡きじいじ。

これはちょっと驚きだった。だって、すぐそこにはえてる葉っぱですよ?、食べれるの?

って、心配じゃないですか。

でも案外珍味で美味しかった。

 

花は細い白い花びら。花びらと言えないくらいの可憐さです。

石段を通るとき、チラッと石垣を見てみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る