Category Archives: 若女将のブログ

夏の支度 夏布団になりました

夏の支度はお料理だけではありません。

お布団がようやく夏用になりました。

 

栃尾又は例年梅雨明けするまではお天気がかなり変動します。

朝晩はやっぱりあったかいお布団が欲しくなるくらいなんです。

ここいらの誰に聞いても

’うちもまだ冬用だてぇ?’(うちもまだ冬用だよ)

というくらいです。

 

でもここ数日のいいお天気に、さすがの私もちょっとあっちぇくなり、

いよいよ交換となりました。

 

ところで、

お客さまがお帰りになられたあと、ふと布団に目をやると

上下をさかさまにしてお休みされた方がたまにおいでになることがあります。

たぶん、枕カバーやシーツはその都度交換しても

掛け布団カバーまでは交換していないとおもっていらっしゃるんだろうなと

勝手に推測しています。

 

たしかに、掛け布団まですべて交換するとなると

お掃除担当者にとっては結構な手間となることは確かです。

でも、お客様にとってはこれは当たり前の事、

それに私自身が他の宿に泊まりに行った時に、替えてなかったらやっぱりやだな。

第一、しわも出るし、夏は特に気分がよくない。

 

ありがたいことに宝巌堂のお掃除担当は

このカバー替えを面倒くさがらずに毎回します。

しかももう自らすすんで作業してくれるので、ありがたい。

 

たまにちょっとしわが多いようなカバーの時があります。

リネン屋さんのアイロンがけが雑だったりのこともありますが、

手の空いているとき、効率良く仕事を進めるために

予備の布団にカバーをかけておきます。

それを保管しているホンのちょっとの間の畳じわが出てしまうためです。

どうかお許し下さい。

 

でも、掛け布団カバーは間違いなく、毎回その都度交換していますので、

安心してお休みくださいね。

 

 

今日は小出町では越後の奇祭しねり弁天たたき地蔵があります。

お天気は爽やかないい気分です。

お気に入りのエスニックレストランダージリンカフェさんは

移動レストランを出していますよ。

 

 

娘たちは試験期間中に入り、部活もなけれど、

遊びも出来ない。

こんな日に限ってお祭りです。

 

 

 

 

 

 

 

=============================

栃尾又ラジウム温泉 宝巌堂(ほうがんどう) 8室の小さな温泉宿です

=============================

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

続きを見る

夏も近づく’新生姜のはさみ揚げ’

今年の野菜の出来はどうでしょう?

これだけまとまった雨が降らないと、農家の人にとっては死活問題です。

昨日お帰りになったお客さまも、畑が心配でおちおち休んでいられないようでした。

 

農協のお馴染、地場野菜のコーナーでは

春の山菜ワラビと一緒に夏の代表野菜ツルムラサキや、いんげん豆、キュウリが真っ盛り。

それにレタスや春キャベツ、大根が並んでいます。

なんだか季節がごっちゃです。

 

さてそれでもだんだんあっちゃくなってきたので

お料理もそろそろ夏モードに入ってきました!

今晩あるじが珍しくカメラマンになったのが

出ました!’新生姜のはさみ揚げ’!!

これは一度食べたら忘れられないやみつきの味のようで、

’しょうが、出た?’とメールをくださるお客さまもおいでです。

 

そして、今年初めてお客さまにお出ししました!

この新生姜、じつはちょっとくせもので、まだハシリのこの時期には

魚沼地方にいい品物がなかなか入ってこないんです。

八百屋さんに注文しても、その日に必ず入荷するとは限らず、

またいきなり入荷しても、その下ごしらえがあまりに大変で、仕事が追いつかないんです。

新生姜一つ一つの薄皮を包丁の背を使ってとり、それをさらに二等分し、

その二等分したものをさらに切れ目を入れてささみを挟みます。

うわ、書いてても大変な感じ。

(ほら、あるじって、仕事が超丁寧じゃない?私がやるにはちょっと技術的に無理があり・・・)

 

もっと夏が真っ盛りになって、県内産の新生姜が出る時期になれば

揚げ物で定番の位置を確立します。

今現在は茨城産のものが出回っています。

 

しびれた味で、ビールに最高でした!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=============================

栃尾又ラジウム温泉 宝巌堂(ほうがんどう) 8室の小さな温泉宿です

=============================

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

続きを見る

HERSという新しい雑誌

お気に入りの女性誌’メイプル’が廃刊になってから、なかなか次のお気に入りが定まりませんでした。

現在は(おまけに惹かれて)’エクラ’を購読していますが、なんかちょっと私向きではないような・・・

’和楽’は興味のある記事だったらいいのですが、必ずしもそういうときばかりとは限らないし。 

そうしていたところへ、たまたま見つけた創刊号の’HERS

これがなかなかピッタリときました!

 

メイプルにしても、和楽にしても、このHERSにしても、

みんな同じ世代をターゲットにしている雑誌なのに,

いったい何が違うんでしょうね?

 

メイプルの創刊、そして廃刊のときに、

私達世代の雑誌は、ターゲットの私たちの年代の現況がかなり多岐にわたっていて

どこに焦点を当てていくのか、絞るのが難しいという話を聞きました。

 

単にファッションの好みとかだけでは分けられないのですよね。

家庭環境、収入、親の介護の要不要、子供の年令、などなど

ありとあらゆる問題があるからです。

そしてその問題の中心に私達世代がいるんです。

 

自分とあまりにかけ離れている世界を垣間見るのは

ウキウキするけど、ちょっとぐったり。

自分がもう少しがんばったら、手が届くかな?

という距離感を見せてくれる雑誌が一番読みたい雑誌のようです。

 

果たしてHERSはどうかしら?

来月号は銀座特集らしいです。楽しみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=============================

栃尾又ラジウム温泉 宝巌堂(ほうがんどう) 8室の小さな温泉宿です

=============================

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

続きを見る

曙産業のご飯がくっつかないしゃもじ

新潟県燕三条に曙産業というメーカーがあります。

私がこのメーカーを知ったのは、

もうすでに知名度もある、とても便利なご飯がくっつかないマジックしゃもじをもらってから。

これはかなりお勧めです。

最初はくっつかないけど、なんか味気ないかなーと思っていたのですが、

木のしゃもじだとやっぱりどうしてもくっついてしまう。

普通のプラスチックのしゃもじもやっぱりご飯がくっつき、

お茶碗に盛ったあとはなんだか見栄えが悪い。

お客様がご自分でよそっても、やっぱり切れ味のいい方が美味しそうだよな。

ということで、ここ数年はマジックしゃもじばかり使っていました。

白の他に黒色も発売され、なかなか高級感もある感じになりました。

 

ただ一つ問題がありました。

宝巌堂ではお一人様用の小さいおひつがありますが、

そのしゃもじを挟む溝のところには、このしゃもじの柄の部分がほんの少し太く、

きちんとおさまらなかったのです。

ということは、ちょっと蓋が開いている状態になってしまい、それこそ見栄えが悪い。

すごく小さいしゃもじ(これは曙産業製ではありません)を見つけたのですが、

これはいかにもちゃちすぎてくて、おもちゃみたい。

一人用のおひつなんて、一般の家庭じゃ需要もないし、

なかなかないだろうなと思いつつ、メーカーの曙産業さんに問い合わせをしてみました。

 

そしたら、今作っているものの中で一番小さいサイズを

また、それを他のお宿も使っているとの事で、わざわざ送ってくださったんです!

 

でも残念ながら、宝巌堂で使っているお櫃は結構古いものだったので

このサイズでもやっぱり柄が太くて、だめでした・・・。

せっかく親切にしていただいたのに申し訳なかったです。

で、その旨、もう少し柄の細いものだといいなー、と単なる願望をメーカーに伝えて

この話は終わりました。

それが2年前のこと。 そんな前だったとは・・・。

 

そして今日、曙産業さんから荷物が届きました。

’2006年2月頃、おひつ用ダブルエンボスしゃもじをご提案いただき、
以来2年余りが経過しました。
大変遅くなり恐縮ですが、このたび試作品ができましたので
一番にお送りいたします。
ご使用になられて、ご感想などをお聞かせいただければ幸いです’

と、開発担当の方のお手紙が入っていたんです!

本当に最近になく、感激しましたねー。

だって、部屋数も少ないこの小さな宿で使用するおしゃもじの数なんて、

10本以下ですよ。

それも需要だってそうそうあるわけのないサイズの希望、いえ、ただの願望。

それに対して、こんなに真摯な対応をしてくださったことが、

信じられないくらいでした。

さすがに世界の職人、燕の職人さんの会社だと、感動しました。

これで私はもう曙産業さんのとりこ!そう、ファンです。

類似品があっても見向きもしないことでしょう。

そして必ず人に勧めます。

 

お客さま満足って、一人ひとりに丁寧に向き合う姿勢からしか生まれないんですね。

また一つ勉強させてもらいました。

曙産業さん、これからもよろしくお願いします!

 

 

 

=============================

栃尾又ラジウム温泉 宝巌堂(ほうがんどう) 8室の小さな温泉宿です

=============================

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

続きを見る