Category Archives: 若女将のブログ

いよいよ始まる八色スイカ!今年の注文の仕方について

おはようございます。

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です

雨です。梅雨明けは近いらしい。

被害がこれ以上大きくならないことを祈るばかりです。

 

さて、

7月も中旬となると、

そう!みんなが待ってる、あの果物がいよいよ登場です。

 

清水農園の八色スイカ!

もう宝巌堂のお客さまにはお馴染みですね。

毎年、直売所に出向いてはスイカをどっさり仕入れて、

お客さまに喜んでもらっていたのですが、

今年から、それが出来ません。

 

清水農園さんのスイカが人気が出過ぎて、

なかなか思ったように手に入らなくなってしまいました。

直送もまたしかり、なんです。

 

なので、どうしても清水農園さんのスイカが食べたい!

というみなさんに、こちらのサイトをご紹介しますね。

 

その名も!

新潟直送計画

クリックしてね、そのまま八色スイカのサイトに飛びますよ。

 

こちらから注文するのが

一番確実なんです。

 

毎年、宝巌堂にいらしてから

ご注文するのを楽しみにしていてくださったお客様も多い中、

本当に残念です。

ぜひ、新潟直送計画のサイトをご利用下さいね。

このサイトを、

じっくりと私も見てみたら、

なんだか新潟やっぱり美味しそうなものがたくさんだわ!

 

おりしも、

昨日、ミュシュラン新潟が発表されました!

それを見ると、新潟は美味しいものだらけだということに改めて気が付く。

食材がまず、最高。

それを最高の食に変える調理人さんの多いこと!

 

そして、

魚沼市の宿では唯一、大湯温泉の友家ホテルさんが選ばれたんですよ。

すごいですねー、魚沼の自慢です!

宿は’美味しいモノ’が基準のすべてではないらしく、

過ごしやすい環境、が大きくものを言う、らしい。

過ごしやすい環境かぁ、

もっとがんばれよ、ってことね。

 

てなことで、

八色スイカが食卓に並んだ今朝、

みんなも待ってる!と、慌ててお知らせです。

 

今年も美味しいスイカをたくさん食べてくださいね。

 

 

 

 

続きを見る

GoToキャンペーンスタート!!!なのか?

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

いきなり飛び込んできたニュース!

委託先への委託金額があまりに高額で、

スタートできなかった、

国の’GoToキャンペーン’

なんと、いきなりの、

7月22日からスタートする!ってぇじゃありませんか!

えぇぇぇぇぇぇ?

 

まだ宿屋サイドには

直接情報や説明会などはありませんが、

すでに宿泊予約をされている方でも

宿泊証明書(どんな形式かは?)や後日の申請で、

割引が受けられるのは間違いないみたいですね。

宿泊施設だけでなく、

地域のお店でも使ってもらえるように、

宿泊施設での使用が7割、

地域のお店での使用が3割、

でも、まだ体制が整っておらず、

7月22日にスタートするのは

まずは、宿泊施設のみ、となるようです。

詳しくは、こちら⇓⇓⇓⇓

観光庁ホームページ Go Toトラベル事業の概要

をご覧ください。

 

こんな情報が流れてきて、

さぞかし、お問い合わせが多いことでしょうね、

と思われるかもしれませんが、

なんと、

お問い合わせはゼロ。

なにより、

たぶん問い合わせをいただいても

私たちの方がよく理解できていない実情です。

 

なんだかよくわからないけど、

ホントにこのキャンペーンはやるの?

ホントに旅行に行っていいのかな?

きっと、まだまだみなさん不安が先なんだろうなぁ。

私たちも、いろいろと、大いに不安はあります。

 

さらに、

各方面から、ホントにやるの??の声も聞こえてきます。

 

私たちは、

出来る対処をするのみ。

 

マスク、手洗い、消毒、の徹底、

キャリーバッグでのお越しをご遠慮いただくことを

現在、お客様にお願いしていますが、

 

私たちはといえば、

なるべくお部屋に入らないこと、も

たぶん大事なことかも。

お客さまに対して、

その時、瞬時に、対応させていただくこと、と、

あらかじめ対応させていただくことを、

もう少し踏み込んで、考えて行こうと思います。

 

栃尾又温泉は、

おかげさまでたくさんのお客様のご理解を頂いて、

少しずつですが、湯治を愉しまれるお客さまが

戻ってきてくださいました。

これからも、平常心を忘れずに、

引き続き、十分気を付けて対処していきます。

 

先週、地元新潟日報の女将リレーに載せて頂きました。

 

ブログにも書いた、

第一号のお客様の姿、

忘れないだろうなぁ、あのドキドキした瞬間。

 

明日は勝手ながら休館日を頂戴します。

でも、どこへも行けない。

館内作業っ。

泣くわ。

 

ファイト!

 

 

 

 

 

続きを見る

’テレワークのできない宿’

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

雨模様。

と、さすがに憂いてばかりはいられない。

九州、西日本の被害状況を見るたびに、

新潟福島豪雨の時の、あの土砂崩れの記憶が

蘇る。他人事ではありません。

どうかお願いします。

降り続かないで、降り続かないで。

翌日お日様が顔を出すだけでも被害は全然少なくなる。

味方してください、おひさま、お願いします。

 

今日はキャラブキを、

それでも少し外に出してみました。

雨が落ちそうで落ちない、栃尾又の朝です。

 

 

 

テレワーク、真っ盛りなんですよね。

まぁ、宿屋という商売はそういうわけにはいきません。

 

テレワークが主体になると、

よそゆきの洋服も売れない、バッグも靴も、化粧品も。

半面、満員電車に乗らなくていい、

時間も有効に使える、などなど、

メリットもデメリットもあります。

 

新しい時代の生き方、仕事の仕方を

今みんながきっと探しています。

 

いったんテレワークで出来る!ということがわかると、

たぶん、それからはもう抜け出せない。

新しい方向に向かえば

もう過去には戻れませんものね。

 

当然、

旅館に泊まって、温泉付きの環境で、

仕事ができるようになることでしょう。

実際、もうそういう方もいらっしゃるはず。

 

’テレワークプラン’というものも

流行っている。

 

宝巌堂としても、

ちらっとそのプラン立てが頭をよぎったのですが、

 

あら、だめじゃん、

ウチってば、お客さまから電波がつながりにくいと

何度も言われてるんだったわ。

いろいろな対策をしてみても

どうもつながりにくい。

最近、この原因は

建物のせいかも、と言われました。

頑丈過ぎて電波が通らない!

そんなことってあるの?

ビックリね。頑丈で良かったけど。

 

何度目かの対策を練っています。

線を通す、工事も決まりました。

うまくいくかな?

もし、うまくいっても、

またまたうまくいかなくても、

 

’テレワークのできない宿’

が、

ウチ。

 

先日ご予約頂いたお客様の、

’ここに行けば、休めるかなぁと思って’

という言葉。

これ、すごく響きました。

 

そうだよね、

どこでも仕事ができるということは

どこへ行っても休めない、ということ。

 

なら、

どうあがいても仕事のできない環境に身を置くことが、

’休む’

ということになるんですよね。

 

ならば、

敢えて、

’テレワークのできない宿’にしましょう。

これからも、

心と体をほどけることが一番大事。

それを、

いつも’いの一番’に置いて、

居心地作りをしていこう。

 

心の底から、

休みに来てね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

不安を取り除くこと

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

お中元まるごと便にたくさんのご注文をありがとうございます。

たくさん仕入れたと思った、650gのオリジナルラベル味噌が

なんと品切れ。今入荷待ちです。

お待たせしてしまって、本当にごめんなさい!

お中元便のネーミングは、

’自分ご褒美まるごと便’に変更だな!

 

少し落ち着いたと思った感染者数が

ここに来てぐぐっと多くなりましたね。

そうなると、同時に多くなるのは

お客さまからのご心配のご連絡です。

 

’東京に住んでいるんですが

行ってもいいですか?’

 

今日、ご新規のお客様からの

お問い合わせのお電話がありました。

 

ちょうど、休みが取れて、

本当にとっても疲れているので、

休めるかなぁと思って、

とのことでした。

 

あぁ、本当にわかるなぁ、

疲れてますよね。みなさん。

ぜひ湯治に来てください。

 

4月14日から1か月半の長い間、

休業した栃尾又温泉は、

たぶん、この先は、休業という選択肢は

よーーっぽどのことがない限り、

ない、と思っています。少なくとも今は。

 

それよりも、この先は、

この新型肺炎とうまく付き合っていく方法を模索することが

大事なこと。

 

出来る限りの

消毒(除菌ではないそうです)、手洗い、うがい、

必要ならばマスクの装着、

それと、

車輪の付いたキャリーバックでのお越しを

ご遠慮いただくこと、

をお願いしています。

どれもこれも、お客さまとの共同作業です。

ご理解いただいて本当にありがとうございます。

 

そしてこの先、

少しでも不安があれば、いつでもご連絡下さい。

 

不安がたくさんの中では、

湯治をらくらくできません。

 

不安がたくさんの中では、

美味しいモノを美味しいと感じたり、

山の緑に心動かされることもできません。

 

そういう不安を取り除くことを

一緒にお客さまとしていきたいと思います。

 

5.8キロの太い銀山フキを

キャラブキにする大きな仕事が無事完了。

あとはこれを天日に干すだけなんだけど、

あぁ、早くお天道さま、出てほしいわ~~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る