Category Archives: 宝巌堂は美味しい! 

フキノトウ味噌、二変化!

フキノトウがたくさん採れると、

いよいよフキノトウ料理の出番です。

 

私の山菜料理は、

ほぼ100%ばあば直伝。

山菜を触ったことはなかったので、

未知の世界でした。

山菜は、採るのは面白いけれど、

実は美味しく食べるようにするは面倒なもの。

細かい処理をすることは多いし、

肝心なことを、やるとやらないとでは大違い。

山菜ほど手間をかけないと美味しくならないものはないような気がします。

 

最初に覚えたのはフキノトウだったかも。

料理もまた最初はフキノトウ味噌から始まったと思う。

フキノトウの処理は

実は私が苦手な部類。

あまりに綺麗にしすぎると、食べるところを全部捨てかねません。

 

処理した後は、塩を入れたたっぷりのお湯で茹でます。

茹でたら水にとって、そのまま1時間つけておきます。

そうすると、水がフキノトウ色になるんですよ。

緑って言うか、黄色って言うか、とにかくけっこう綺麗な色。

水につけるのはアクを抜くためなのですが、

長い間つけていても、香りは飛びません。

本当に力強い春一番の山の恵みです。

 

処理しているときも、指先が真っ黒になるくらいのアクですから、

生で使うことなんて考えたこともなかった!

でも

最近、覚えたやり方は、私の教わったのと全く違っていたんです。

ところが、いざ、それを公表してみると、

その違うやり方をしている人の多いこと多いこと!

もしかして、

ばあばのやり方の方が、マイナーだったのか??

って思うくらいです。

 

フキノトウを生で刻みます。

アクで真っ黒になるから、手早くね。

熱したフライパンに油を入れて、

炒めます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

そこに、合わせておいた味噌と砂糖を入れて炒める。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

出来上がりはこんな感じの色。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

色は悪いですが、味はばっちりです。

そういえば、よく瓶詰とかで売っているのはこんな色ですよね。

 

さて、

ばあばから教わったやり方はというと、

最初にフキノトウを茹でておきます。

それから胡麻味噌を作る。

たっぷりの胡麻入りが好きなので、

結構胡麻の量は多いかも。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

酒入れて、更によく摺って、

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

そこに味噌と砂糖を、だいたい同量入れます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

さらにどんどん摺って。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

こんな感じになったら、

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

刻んだフキノトウを入れて、混ぜます。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

出来上がりー!

このやり方は色がやっぱり綺麗にでます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

材料はほぼ同じなのに、

出来上がりはこんなに違う!

 

初めて知ったフキノトウ味噌の二変化。

ちょっと得した春初日です。

続きを見る

湯治プランのお品書き

こんなタイトル、堂々とつけちゃって!

自分にプレッシャーを与えていますっ!

 

おまかせプランやおこのみプランには、

お品書きを書いていますが、

湯治プランには書いていませんでした。

スタッフがお夕飯をお持ちしたときに

ご説明する、

それでいい、と思っていました。

 

でも、

湯治プランのお料理も

実はとっても’ごっつぉ’なんですよね。

だから、お品書きがあってもいいなぁと思ってはいても、

なかなか実行に移すのは大変でした。

まずは、

いきなり献立が変わることがある、ということ。

(まぁ、これは、おまかせプランでも同じことなんですけどね)

そして、

湯治は宿泊日数も違うので、

何泊目かによっても献立が変わる。

そうするとお品書きも何枚にもわたることがある。

果たしてそれについていけるか、私。

 

一度始めてしまうと、

途中でや~めた!なんてことはできないし、

結構ハードルが高かったんですね。

 

でも、スタッフ遠藤の一言で、

思い切りました。

’湯治プランの人のお品書きも

あった方がいいですねぇ’

 

やっぱりねぇ、そうだよねぇ・・・・

 

もしやってみて、

大変だったらまた考えればいい。

まずはスタートしてみよう。

 

ということで、

始めました!

’今日の晩ごはん’

なかなかごっつぉでしょ!

 

原稿もたくさんコピーしました。

これで何種類になっても大丈夫だー!

これを紙の上に書き落とすことで、

自分の献立のくせもわかりますね。

素材や調理方法が偏っていないかのチェックにもなります。

 

’今日は献立表ないの?’と言われないように、

精進いたしますっ!

 

 

 

続きを見る

これからの湯治宿 これからも湯治宿

’湯治’という言葉、

この耳慣れなかった言葉も、

栃尾又在住29年目になれば、

もういっぱしに語れるようになりました。

 

私の知る、ばあばの代、

そして、ばあちゃん(あるじの)ばあちゃんの代。

時代は変わっても、

 

お客様が栃尾又を目指す理由はただ一つ、

 

栃尾又のラジウム泉に入ること。

 

’体’を整え、’体’を作ることでした。

 

他には特に望まない(たぶん)。

寝るところ、休むところがあれば、それでいい。

自炊が当たり前だったばあちゃんの時代は、

お客様が米や味噌や野菜を自分で持ってきていました。

だから、食事だって、ご飯を炊いてくれればそれでいい。

 

ばあばの代になると、

自炊と賄い付き(食事を宿で用意すること)が

半々くらいになっていたようですが、

だんだん賄い付きが当たり前の時代になってきました。

 

賄い付きになると、

食には’美味しさ’を求めます。

けっして豪華ではないけれど、

すべて手作りのばあばの料理は、

きっと湯治生活の大きな楽しみだったことでしょう。

 

’食’は充実していたと想像するのですが、

’衣’、’住’、に関しては、

とても充実とは程遠時代に、

あるじと私は栃尾又に戻ってきました。

 

それから、19年後の2004年、

改築していま現在のようになりました。

最も大きなマイナス要因だった建物が、

プラスに変わった時でした。

それと同時に、

布団、しつらえ、料理、素材、備品、接客、

ありとあらゆること、

気になっていたことはすべて見直しました。

 

とにかく’居心地のいい宿’に

ここにいるだけで休める、

そんな宿に、

したかったのです。

 

湯治宿ですから、

温泉がすべてです。

でも、

温泉は自然のモノ。

 

もし、万が一、温泉ではなかったとしても、

 

’宝巌堂に行こう!’って、

お客様に言ってもらえるようになりたいね、って、

それくらい、居心地の良い空間にしたいね、と。

 

’湯治’は文字通り、

’湯で治す’ということ。

 

湯で治すのは、

昔のように、

体だけではありません。

 

心の疲れも湯で治します。

栃尾又の湯に浸かって、

栃尾又の空気を感じて、

栃尾又でいっとき、生活すること。

自分の五感を愉しめるようになること。

 

これが、’湯治’。

 

質のいい湯治生活のために必要なものをご用意すること、

それが宝巌堂の滞在です。

 

このたび、

昨日発売の自遊人8月号の、

’これからの湯治宿’の特集に載せていただきました。

 

私自身は野菜が大好きですが、

菜食主義ではありません。

油身は苦手ですが、肉も食べます。お寿司は大好きです。

パンも食べるし、ポテトチップスは唯一好きなスナック菓子。

駄菓子屋の駄菓子には目がありません。

ビールがなくては食事は始まりません。

調味料も吟味していますが、普通にどこでも買えるものです。

 

食に関しては、さまざまなやり方、アプローチの仕方があり、

これが絶対一番いい、とは言えない昨今です。

私も野菜好きとして、実はかなりあれこれ目移りしました。

それこそ自遊人の今月号を見れば、他の宿はすごいすごい。

とても太刀打ちできません。

 

いったいどんな料理を出せばいいのだろう。

 

でも、あるじに言われました。

 

興味のないことはできない。

無理はできない。

いつもの生活のちょっと延長上の宿なんだから、

そのようにすればいい。

 

 

肉は少し、魚も少し、

そして、うおぬまの野菜は盛りだくさん。

豪華な食材でなくて、

いつものうおぬまの食卓。

 

これが宝巌堂スタイル。

そして私が何より野菜を料理することが楽しい。

野菜が美味しいねって言う声を頂くのが嬉しい。

 

今までも、

これからも、

魚沼の美味しいものを、

たくさんお客様に味わっていただけるように、

できることは、

畑に行ってみることかな!

 

改めて、

’心がほどける 五感を愉しむ’

の意味を考えた機会となりました。

 

( トマトのトマト和え)

(晩春と初夏の野菜天ぷら)

 

夏野菜の季節がそろそろ始まりですよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

いつものごはん

おまかせプランでしか泊まったことないけど、

せっかく行くのに、’女将の賄いプラン’で、満足できるのかなぁって、

もしかしてちょっと心配じゃないですか?

 

以前アンケートをしたときに、

湯治プランをご利用いただいたお客様からのご回答です。

 

この日の夕食の野菜は、

ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、長芋、林檎、アスパラ菜、大豆、大根

 

最近、とっても気にっているこのお皿。2枚しか買ってないという。。。

村上から直送してもらっている本場の塩引き鮭です。

もうそろそろこれも終盤。

ご飯も、お酒も進みます!

そしてご飯とお味噌汁のご用意です。

コシヒカリをばっちり食べられるって感じですよ。

どうぞご安心くださいねー!

 

期間限定!女将の賄いプラン (1泊2食 16.350円)

夕ごはんは7品とコシヒカリとお味噌汁お漬物、

そして、デザートつき!

朝ごはんはトマトジュースをご用意します。

 

続きを見る