Category Archives: 新着情報

お風呂の樽の!底抜けた!

おはようございますー!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

GWはお天気が今一の予報。。。

でも、今日はまだいいお天気です。

寒いけれどね。

 

久々に貸し切り風呂の予約が入りまして、

沸きました~~!とサインが出たので、

お客さまにご案内。

 

しばらくして出てこられたお客さまが、

 

’女将さん、ねぇ、なんだか

お風呂の底から水が漏れてるみたい。。。

しかも、かなーりの勢いで。

もう、ダダ漏れ状態な感じですよ。

勢いよくどんどんと水が出てます~~!’

と、

教えてくれました。

 

どひぇーえーーー!!!!

 

なんてこった!!!

まだ寒い4月に本当に寒い思いをさせてしまいました。

このコロナ禍で、ようやく2年ぶりにお会いできたのに、

なんていぅ再会だ!

ホントにごめんなさい!!!

 

その後あるじが調べに行ったら、

しばらく使用していなかったため、

木の浴槽全体が乾燥しきっていて

一気にガタっと抜けた、

ということでした。

 

聞けば聞くほど、ごめんなさい!お客さま!

 

早速大工さんに来てもらってチェック。

さて、これからこの貸し切りをどうするか、

根本的な問題を考えなくてはならなくなりました。

いいきっかけだったわけです。

 

貸し切り風呂を作ったのは

当時、おくの湯がまだ存在していなくて、

体を洗うところがない、という状況があったから。

でも今は、どこかの湯で体を洗うことができます。

 

そうなると、

貸し切りを直す、という選択は当然あるけれど、

貸し切りを思い切ってなくす、という選択もある。

シャワー室にする、という選択もできる。

 

いずれにしても、

ごめんなさい、

当分、貸し切り風呂が使用できません。

 

思えば18年間、頑張ってくれたなぁ。

さわら材のいい香りのする浴槽です。

さて、どうするかなぁ。。。。

悩むなぁ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

仮称 ’お一人さまプラン’ をつくります。

おはようございます!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

今日は題名の、

ちょっと大事なお知らせです。

 

栃尾又温泉は昔から

お一人さま率のとても高い温泉地です。

湯治の基本はひとり。

温泉に入るペースは一人一人違いますからね。

そして、

さらにお一人さま率は上昇しています。

 

コロナ禍は関係なく、

友人同士でも別室、というご希望が、

ここ1,2年、とても増えているんですよ。

ご夫婦でも、’2部屋、お願いねー’というご希望もありますよ。

もちろん、お部屋がご用意出来る限り、

ご要望にお応えしています。

 

実はね~~、

私とあるじも、ビジネスホテルに泊まるときは別室~。

一人を愉しんでおりますです。

仲が悪いわけじゃない、

でも、生活ペースがちょっと違ったりしますんでね。

娘には呆れられるけどねー。

 

自他ともに認める、

お一人さまからお選びいただいている宿だからこそ、

土曜日等に、お一人さまが広いお部屋を利用時の

’割増料金かかります、3,300円’という言葉が、

長らく気にかかっていました。

 

’ツインをシングルで利用’ってことなので、

それはまぁ、宿屋の常識からすればそうなのですが。。。

 

お二人様限定の3-15を除く、他6室が

全員お一人さま、ということも

とってもよくあることです。

(そんなときは思わず、やったね!とニヤリとしてしまう私)

でも、

それに対してお一人さま専用のお部屋は

2つしかありません。

残りの4室には、割り増しがかかるの?

いくら土曜日等だけとは言え、

まだまだ土曜日にいらっしゃる方は圧倒的に多い。

 

うーん、

 

これってどうなの?

 

それならばいっそ、

 

常に、

一定の料金にするのがいいのでは?

と、思うようになりました。

 

 

この度、

いろいろと悩んだ結果、

’お一人さま料金’を、

新たにつくることにいたしました。

 

広いお部屋を選んでも、

土曜日や連休に泊っても、

もちろん夏休みだって、GWだって、年末年始だって、

364日、常に料金は一定です。

(365日目は特別日、12月31日、

この日は年取りご馳走ですべてのプランに特別料金がかかります)

 

広い部屋を使ってごめんなさいね、って

お気遣いいただくこともありました。

そんなことないのに。。。

これからはどうぞ気兼ねなく、

らくらくしていただけるでしょうか。

 

そして、

 

お一人さま価格プランの設定は

ごめんなさい、

今、現在より少し高くなってしまいます。

お二人様以上の料金は変更はありません。

 

6月1日から予定で、今準備をしています。

 

これからも、

お一人さまに気兼ねなくお泊りいただけるために、

お二人さまにゆったりとお過ごしいただけるために、

’あぁ、行ってよかった、宝巌堂に’ って

言っていただけるように、

 

館内も、お料理も、お部屋も

そして、私たちスタッフも、

進化していきます。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

ところで元から、お一人さま優先のお部屋、

3-11はまだまだ試行錯誤中です。

テーブルセットの置き場所はいかに?

 うーむ、どうすべ。

角のナイトライトは、裂き織のシェードです。

長岡の福祉施設で作られたいわば一点もの、とのこと。

長岡のシークエルデザインさんで見つけました。

 

この1,5人用というソファが欲しいが。。。色決まらず。。。。

 

まだまだ見ててくださいねー。

 

 

 

 

 

続きを見る

12:50!チェックイーーーーン!!!!!

おはようございます!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

雪、降ってました。さっきまで。

 

今朝、タイヤを替えるのどうしようか、というスタッフに、

まだまだダメだよ、3月だから、って

そんな話をしてたばかり。

そうそう、3月なのよ、まだ。油断大敵。

お車でお越しのお客様も、どうか、

まだ冬用タイヤでお願いしますね。

万が一、のことが万が一でない、昨今、

念には念をです。

 

さて、

春のダイヤ改正で

新幹線の時刻が1~2分、早くなったり遅くなったりですが、

概ね、変化はなく、バスの時刻も変更はありません。

ただ、

初夏から11月にかけての、

奥只見行の直通バスは、事実上かなりの減便です。

このバスは栃尾又温泉も経由するので、ありがたいのですが、

よくよく見れば、運行期間中、

6月、7月、8月、9月は土日祝祭日のみ。

8月7日~8月29日と、10月1日~11月7日の間は毎日。

つまり、ハイシーズンのみの毎日運行となってしまいました。

残念すぎます。お越しの際はどうぞ運行日に気を付けてくださいね。

さて、

路線バスの時刻表は変化はありませんが、

宝巌堂のチェックインは、変更します!

 

今は、12:51栃尾又着のバスに合わせて、

チェックインを13:00とさせていただいています。

じゃ、車で来る人はどうなの?

私たちの中でも、車で来る方のチェックインは13:00だよね、

みたいな、思い込みがありました。

 

なのでこのたび、

バスの時刻に合わせることにしました。

 

13:00チェックインを

12:50チェックインに変更します。

 

こうなるとお掃除はさらにパワーアップしなくてはなりません。

たかが、10分。

されどこの10分は本当に貴重な時間。

 

なので、

12:30のチェックインも12:45のチェックインも、

ごめんなさい、できません。

お車で早くお着きになってしまったら、

お時間までお車か、辺りを散策して、

どうか12:50まで、お待ちください。

 

チェックアウト10:30から

チェックイン12:50までは

わずか、2時間20分!

 

’館内の空気感’を入れ替えることもまた、

お掃除のとても大事なところ。

たかが掃除、

いやいやされど、ここホントに大事なところで。

 

すべてを整えるために

全力を傾ける時間です。

 

ご理解いただいて、本当にありがとうございます。

 

さぁ、チェックインは

12:50!!!!

 

あ、もうすぐだ。

 

てか、

今日は午後から休館日でした。

ではまた明日~~!

 

 

続きを見る

キャリーバッグについてのお願い

おはようございます!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

春が近づいてるー!って思うのは、

ランプの下、坂の途中に

フキノトウが少しだけ顔を出したとき。

 

採っちゃダメよ。これは春の証。

ここを通るみんなで楽しみます。

毎春、看板を出すんだけど、

それでも気が付くと、

ないっ。。。。

 

さて、今、

お客さまに必ずお願いしていることは、

’車輪の付いたキャリーバッグのご利用をお控えください’

ということなのです。

 

過去、3回くらいブログに書きました。

自分でもちょっとしつこいんじゃない?と思うくらい。

 

でも、このコロナ禍において

お客さまのことも、スタッフのことも、自分のことも、

やれることで守らなければ、と思ったとき、

車輪付きのバッグのご利用を控えて頂くことが

大事だと思っているんです。

 

以前から神経質なくらいに、

車輪を拭いたり、敷物を敷いたりと、

ご面倒をおかけしてきました。

 

 

それは宝巌堂がスリッパのない宿だから。

 

裸足で歩くところに、

同時に、土足でも歩く、

みたいなものですものね。

 

そしてこのコロナ禍、

タイムリーにこんな番組が流れたんです。

靴の裏の細菌のその多さたるや!!!!!!

それはもう、桁違い量だったのです。

それを除菌すると、これまた桁が3つも違って少なくなる。

番組では

日本国内の感染状況が

海外と比べて少ないのは、

’靴を脱ぐ文化’だから、と

紹介されていました。

 

あぁ、そうだよね、やっぱりそうだよね。

そうだよ、そうだよ。

 

ホテルに泊まるとき、

スリッパをはかず、ついカーペットの上を歩いてしまうことがある。

けっこうある。

スーツケースをカーペットの上に広げてしまうことも多々。

床は畳。だからキレイ、そんな意識が働いちゃうんですが、

実は、素足で道路を歩くようなもの。

今考えると、かなり危ない行動です。

 

外と内を分けること、

ハレとケ、

本音と建て前、などなど、

日本人が得意とする、使い分けです。

 

ご愛用のお客様には

本当にご不便をお掛けしています。

 

でもこれが少しでも

感染拡大防止になるならば、

徹底していきたいと思います。

 

いつもご理解いただいて、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

続きを見る