Category Archives: 新着情報

ローカルガストロノミーとはなんぞや?

先日、

雑誌自遊人さんの経営する宿、’里山十帖’さんに行ってきました。

残念ながら泊りではありません。

里山十帖さんでは、

食や食を通じて地域が元気になる、というテーマで

講演会やセミナー、トークイベントなどを

開催されているのですが、

今回は

2019年度「新潟県・庄内エリアディスティネーションキャンペーン

のテーマでもある、’日本海美食旅(ガストロノミー)’、

これにつながる、

’ローカルガストロノミー実践講座’というものでした。

しかも、ゲストはあのKIHACHIの熊谷喜八さんです!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

 

 

’ローカル’の言葉に反応しましたが、

ガストロノミー。。。これがよくわからない。

最近はよく耳にするようになった言葉ですが、

今一自分の中に落とし込めていない。

’美食学’と訳されるのですが、

そもそも’美食’っていったい何?

 

実は、

この言葉に最初はなんだか相対する気持ちを抱いていた私です。

美食学、というくらいだから、

高級なものを食べること、つまりグルメじゃん!という認識だったからです。

そんなの、私には無理。だいたい、英語ってのが気に入らない、

しかも食べることなのに´学’がついてる、っていったいどんだけ??

なんて思っていたのですね。

いやー、天邪鬼気ないつもの私。

 

調べてみました。Wikipediaで。

ガストロノミーとは、

ガストロノミーgastronomiegastronomy)とは、文化料理の関係を考察することをいう。日本では美食術美食学とも訳される。美味しく料理を調理して食べることだけを指すものと、誤って理解されることもあるが、これらは分野の一部にすぎない。ガストロノミーとは、料理を中心として、様々な文化的要素で構成される。すなわち、美術社会科学、さらにはヒト消化器系の点から自然科学にも関連がある。

ガストロノミーを実践する人を、食通あるいはグルメなどと呼ぶが、彼らの主な活動は、料理にまつわる発見、飲食、研究、理解、執筆、その他の体験にたずさわることである。料理にまつわるものには、舞踊演劇絵画彫刻文芸建築音楽、言い換えれば、芸術がある。だがそれだけでなく、物理学数学化学生物学地質学農学、さらに人類学歴史学哲学心理学社会学も関わりがある。

 

いや、ますます難しくなってきた。

つまり、

美味しいものを食べるのだけが美食学なのではなくて、

その土地でなぜ、この料理なのか?なぜ、この調理方法なのか、この食材なのか、

その文化的背景や、風土、暮らしをも学ぶこと。

ってこと?

 

 

地産地消が叫ばれてもうずいぶん経ちます。

地産地消は、その土地で採れたものを

その土地で消費する、ということ。

そんなことは今までもこれからもずっとやっていきます。

だってそれが一番美味しいことを身をもって知っているから。

 

ではなぜ今、ガストロノミーなのでしょう。

 

それがこのたびのトークイベントで少しわかったような気がしました。

 

もしかすると、

ガストロノミーは、そこからさらに、一歩進んで、

素材、料理、の背景を掘り下げて、

地産地消に、さらなる付加価値をつけるものなんだろうか。

 

熊谷喜八さんは

キハチグループを年商100億まで育て上げた経営者です。

経営者としての話には深く響くものがありました。

 

 

これは八色シイタケを使っています。パイ包み焼き。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物

 

こちらは、ブリのサラダ燻たくあん入りの香味ソースです。

盛り付けもおしゃれ。このソースは作ってみたい!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食べ物

 

喜八さんの言葉、の一言一言

 

’地元のモノを地元のモノだけで食べるんじゃぁ、

面白くないでしょう’。

 

’現代の日本人の食生活は無国籍。

それならば、もっと食べてみたいという商品開発に

視点を変えないといけないだろう’

 

思っていたこととなんだか違っていた。

素材はもちろん、調味料なども、なんでもかんでも、

すべていいモノで統一しなくてはいけないって、

どこかで思い込んでいた。

だって、美食、なんだもの。。。

 

ばあばから教わった料理は

地元の昔ながらの料理。

それはすごく美味しい。

それを食べにお客様は足を運んでくださる。

そして、加えて、

私が作るのは、料理本で見た、

時にアボカドを使ったり、

乾燥したマンゴーを使ったりしたものや、

マヨネーズたっぷり、

オリーブオイル、ごま油も大好き。

時にレシピ本にあるようなクコの実とかも使ったことある。

 

これでいいのかな?って思うことも多々あるけど、

’美味しい!’って言ってくださるお客様の声に

素直に喜ぼう。

 

お取り寄せして食べるのではなく、

ここに来て食べる、あれが美味しい!

だから、行こう、新潟へ!宝巌堂へ!

それが、

ローカルガストロノミーなんだと信じる。

 

いいのかな、この解釈。

 

天秤座って、解釈できないと動けないそうだ。

まさに私。

 

2019年10月1日から12月31日まで、

新潟県・庄内エリアディスティネーションキャンペーンが始まります。

プレDC(ディスティネーションキャンペーンの略)は

2018年10月1日~12月31日。

アフターDCは

2020年10月1日から12月31日。

 

新潟、庄内エリア(山形県)に

沢山の人が足を運んでくださって、

ここでしか食べれない美味しいものを、

たくさん味わっていただけますように!

 

 

 

 

続きを見る

これからの湯治宿 これからも湯治宿

’湯治’という言葉、

この耳慣れなかった言葉も、

栃尾又在住29年目になれば、

もういっぱしに語れるようになりました。

 

私の知る、ばあばの代、

そして、ばあちゃん(あるじの)ばあちゃんの代。

時代は変わっても、

 

お客様が栃尾又を目指す理由はただ一つ、

 

栃尾又のラジウム泉に入ること。

 

’体’を整え、’体’を作ることでした。

 

他には特に望まない(たぶん)。

寝るところ、休むところがあれば、それでいい。

自炊が当たり前だったばあちゃんの時代は、

お客様が米や味噌や野菜を自分で持ってきていました。

だから、食事だって、ご飯を炊いてくれればそれでいい。

 

ばあばの代になると、

自炊と賄い付き(食事を宿で用意すること)が

半々くらいになっていたようですが、

だんだん賄い付きが当たり前の時代になってきました。

 

賄い付きになると、

食には’美味しさ’を求めます。

けっして豪華ではないけれど、

すべて手作りのばあばの料理は、

きっと湯治生活の大きな楽しみだったことでしょう。

 

’食’は充実していたと想像するのですが、

’衣’、’住’、に関しては、

とても充実とは程遠時代に、

あるじと私は栃尾又に戻ってきました。

 

それから、19年後の2004年、

改築していま現在のようになりました。

最も大きなマイナス要因だった建物が、

プラスに変わった時でした。

それと同時に、

布団、しつらえ、料理、素材、備品、接客、

ありとあらゆること、

気になっていたことはすべて見直しました。

 

とにかく’居心地のいい宿’に

ここにいるだけで休める、

そんな宿に、

したかったのです。

 

湯治宿ですから、

温泉がすべてです。

でも、

温泉は自然のモノ。

 

もし、万が一、温泉ではなかったとしても、

 

’宝巌堂に行こう!’って、

お客様に言ってもらえるようになりたいね、って、

それくらい、居心地の良い空間にしたいね、と。

 

’湯治’は文字通り、

’湯で治す’ということ。

 

湯で治すのは、

昔のように、

体だけではありません。

 

心の疲れも湯で治します。

栃尾又の湯に浸かって、

栃尾又の空気を感じて、

栃尾又でいっとき、生活すること。

自分の五感を愉しめるようになること。

 

これが、’湯治’。

 

質のいい湯治生活のために必要なものをご用意すること、

それが宝巌堂の滞在です。

 

このたび、

昨日発売の自遊人8月号の、

’これからの湯治宿’の特集に載せていただきました。

 

私自身は野菜が大好きですが、

菜食主義ではありません。

油身は苦手ですが、肉も食べます。お寿司は大好きです。

パンも食べるし、ポテトチップスは唯一好きなスナック菓子。

駄菓子屋の駄菓子には目がありません。

ビールがなくては食事は始まりません。

調味料も吟味していますが、普通にどこでも買えるものです。

 

食に関しては、さまざまなやり方、アプローチの仕方があり、

これが絶対一番いい、とは言えない昨今です。

私も野菜好きとして、実はかなりあれこれ目移りしました。

それこそ自遊人の今月号を見れば、他の宿はすごいすごい。

とても太刀打ちできません。

 

いったいどんな料理を出せばいいのだろう。

 

でも、あるじに言われました。

 

興味のないことはできない。

無理はできない。

いつもの生活のちょっと延長上の宿なんだから、

そのようにすればいい。

 

 

肉は少し、魚も少し、

そして、うおぬまの野菜は盛りだくさん。

豪華な食材でなくて、

いつものうおぬまの食卓。

 

これが宝巌堂スタイル。

そして私が何より野菜を料理することが楽しい。

野菜が美味しいねって言う声を頂くのが嬉しい。

 

今までも、

これからも、

魚沼の美味しいものを、

たくさんお客様に味わっていただけるように、

できることは、

畑に行ってみることかな!

 

改めて、

’心がほどける 五感を愉しむ’

の意味を考えた機会となりました。

 

( トマトのトマト和え)

(晩春と初夏の野菜天ぷら)

 

夏野菜の季節がそろそろ始まりですよー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

初夏の風物詩!

なにが?って感じでしょ。

トマトとか?枝豆とか?茄子漬とか?

それはそれで、とっても楽しみな夏の大きな風物詩です。

 

が!

今日の話題は、あれ!

 

春が過ぎたころからちらちらと皆さんから問い合わせが来ます。

’今年も来る?もう来た?

いつ来るの?’

 

みんな待ってるなーっ!

そういう私も、1年待ってました!

そう、

宝巌堂の今や初夏の風物詩ともなったのは、

パサールバッグを!

お客様にはもうすっかりお馴染み、宝巌堂では

温泉バッグとして大活躍のバッグです。

パサールとはインドネシア語で’市場’のこと。

つまり、お買い物バッグのことです。

インドネシアではこのバッグに生の魚とかそのままで入れちゃうんですって!

だから、当然洗えます。水にも強い。

なによりも値段もびっくりの価格。

そのうえ、色もカラフルで、見てるだけでワクワクします。

 

どうしても持ち手の部分は痛んでくるので、

昨年新しいのを補充しようと思っていたのですが、

あまりの人気に、それができずじまい。

今年は必ず補充だー!と意気込んでいます!

 

今年も店主のバリからの帰国を待ちきれず、

友人とともに、ご実家まで突撃訪問して、

少しだけ先に仕入れてきました。

帰国は来月なので、さらに色もサイズもこれから豊富になってきます。

とは言え、すでに、何点かはお嫁入りし、

お取り置きも発生しています。

いやー、おそるべし、パサールバッグの人気!

 

さて、実は今年もうひとつ、

話題になってる商品があります。

それはタイのモンペ!

榎本作のPOP.イケてるでしょ!

色や柄は無数です!

昨年、店主が帰国するころになって、

ようやくモンペもいいかなぁって思いだしました。

履いてみたら、とにかく涼しくて、楽ちんで、

とっても気に入ったみたい。なんとあるじがね!

ただ一つ、’ポケットがあればいいのにねぇ’

でした。

そしたら今年、なんとポケット付きになりました!!!

これは超便利です。

パサールを仕入れに行ったときに見つけて、

ひとまず持ってきた7枚が、

2~3日で完売してしまいました!

 

また入荷予定です。どうぞご安心を。

 

6月中旬には

パサールバッグもモンペも数も色もそろいます。

どうぞお楽しみに。

てか、一番楽しみにしているのは私やスタッフかも~!

 

今年は何色にしようかな!?

 

 

続きを見る

ゴロゴロ問題・・・・・・再び

我が家の娘が高校生の時、

修学旅行に行くために買ったかばんは、なんとキャリーバッグ。

通称ゴロゴロです。

’ゴロゴロを買う’と言われ、

なんで修学旅行に行くのに、毛玉取りを買うのかと不思議だった。

ゴロゴロ違い。。。。

 

あれから十数年。

ゴロゴロはすっかり旅のお供として定着しましたね。

もうボストンバッグで出かける時代じゃないのねぇ。

実は、

このゴロゴロについてのブログ記事を書くのは

今回が初めてではありません。調べてみたら4回目。

過去のそのブログがあるとき検索にひっかかったようで、

なんとテレビ局から取材の電話があってびっくり!

人込みの中でキャリーを引く際に、

自分から遠く離れて引いていると、通行の妨げになったり、

気が付かずキャリーにつまづいてケガをしたり、

という事故が話題になったときです。

そういうことはありますか?というような内容でした。

 

私も20年ぶりにハワイに行くとき、

スーツケースを買いました。

海外旅行だし、土足だし、ホテルだし、

道路ではもちろん、室内でもどこでも

置くときもドスン!て感じで、特に注意も払わなかった。

床って傷つかないのかな?、

いや、そんなことこれっぽっちも思わなかったし。

 

さて、

靴を脱ぐ、という文化の日本ではどうでしょう。

 

 

道中はゴロゴロ、ゴロゴロ。

雨でも雪でも、道路が濡れていてもやっぱりゴロゴロ、ゴロゴロ。

そして、日本旅館はほとんどが玄関で靴を脱ぎます。

では、ゴロゴロはどうする?

脱げない。

それではあまりに不衛生ですよね。

お客様の持ち物を’拭く’ということは、

ある意味、とても失礼なことなのですが、

ゴロゴロの車輪は必ず拭かせていただいています。

そして、敷物もご用意しました。

ゴロゴロは必ずこの上に置いて頂いています。

また実は、

衛生面もさることながら、

宝巌堂の館内は、とても傷つきやすい桐床です。

キャリーバッグをゴロゴロするということは、

床や階段に無数の傷がつくことになります。

これはとっても切ない。

なので、

せっかくのゴロゴロですが、

館内ではお持ちいただいてます。

’重いから’キャリーをご利用なのに、

引いて歩けないなんて、まったく申し訳ないことなのですが。

 

こうしてみると、

少なくとも、日本家屋にとっては

キャリーバッグは案外不便なもの、なのかもしれませんね。

 

さて、ここで今一度のお願いです。

キャリーバッグをお持ちの際は、

 

①車輪を拭いてから、館内に上げてください。

②館内は転がさず、必ず持って、ご移動ください。

③キャリーバッグの車輪は畳、フローリングの上には

直に上げないで、敷物の上においてください。

 

お客様はみなさん、本当に快くご理解くださって、

いままで、

キャリーバッグでのトラブルはまったくありません。

 

 

皆さんのご協力に

ホントにホントに感謝いたします。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る