新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

あづま袋+パサールバッグのコラボ

’みんな大好きパサールバッグ’のお取り扱いを始めて

今年で4年目くらいでしょうか。

時間をかけて、

お客様が温泉に行くときの籠を探していたのですが、

なかなかいいモノに出会えなくて、

ありとあらゆるカゴを試していました。

そして、出会ったのが

パサールバッグ。

お客様の反応はとってもよく、

欲しい!という要望を頂き、

翌年から販売することになりました。

おかげさまで今では夏が近づくと、

’あのバッグは売ってないんですか?’と

お問い合わせをいただくことも多くなりました。

今年なんてすごい売り場ができましたよ!

私と榎本のラフスケッチをあるじが形にしてくれました。

DSC_4053

 

そして、今年に入ってから

新たに気になっていたのが、

’あづま袋’というもの。

ご存知の方も多いでしょう、

日本古来の、風呂敷や手拭いで作るバッグのことです。

なんと江戸時代からあるようです。

あづま、というのは、東方とか、江戸、の意味があり、

包む、という日本の文化から生まれたもので、

最初から袋状になっているので風呂敷よりも使いやすいんですね。

畳むと手拭いとほぼ同じ大きさなので、

エコバッグとしてカバンに一つ入っていると便利かも。

 

私自身がパサールバッグを使っていて、

気になっていたのが、

中身が全部見えちゃう、こと。

スーパーでの買い物の時はいいのですが、

ちょっと外出、というときなど、

小袋があると便利だし、ちょっとお洒落かな、って思っていたのです。

貴重品だけ入れるものが欲しいなぁ、と。

そんなことを思っていたら、

お客様からメールがありました。

ご自身がバリ島に行ったときに買ったバリの布で

あづま袋を作られたそうなんです!

これがまたとっても使い勝手がよくて、

ますますパサールの愛用者になってくださいました。

 

あづま袋があれば便利だー!の

気持ちがますます、むくむくと湧き上がってきました。

 

さてどうするか、

出来ているものを仕入れるか、

はたまた

裁縫プロスタッフに作成してもらうか。

 

いろいろと探したのですが、

出来合いのモノは、なんだか気に入らず。。。。

 

手拭いキャップを作ったときの

あの手拭いで作成するという結論になりました!

 

試しにひとつ。

DSC_4049

DSC_4048

あら、めちゃ可愛い。

スタッフが盛り上がりました!

 

Sサイズのパサールバッグにちょうどすっぽり入りますが、

もちろんこうやって、結んでも使ってください。本来の形の使い方です。

DSC_4100

柄は他にもたくさん!

こんな感じのもあります。

DSC_4078

何枚か出来上がってきたー!

作成は遠藤です。上手だねぇ。

DSC_4099

 

あと20柄くらいあります。

 

もう選べない~~~!!!

 

バリの布のバディックでも作るかも!

 

ますます選べない。。。。。

 

 

 

 

 

 

続きを見る

わがままお寿司ランチ おなか空いちゃうかも。

雨です。

寒いです。

涼しさをちょっと通り越してるなぁ。

朝の気温は、14℃くらい。

夜ストーブを付けると22℃ある。

でも寒く感じます。

梅雨に入りました。

季節の変わり目、皆さんも体調を崩さないように

どうぞ気を付けてくださいね。

 

さて、

先日、お友達がハワイから里帰り中のお友達と

湯治に来てくれました。

 

’ねぇねぇ、お昼はさぁ、

冬の食旅の時に行った、お寿司屋さんに行こうと思ってるの。

一緒に行かない?’

 

と声をかけてくれて、

私もご相伴してきました!

 

そう、遅まきながら、

私もようやく’冬の食旅’の

’極上お寿司ランチプラン’を味わうことができましたー!

 

この食旅のプラン、とっても好評でした。

お客さまからは、

’お寿司屋さんって、わからないから、

なかなか行けないけど、

こういう機会があって、

本当にいいお店を紹介してもらえてよかったぁ~!。

今度宝巌堂さんに行くときは、

また寄ってこようね!って話してるんです~!’って、

すごく嬉しい感想を頂きました。

 

回転ずし真っ盛りの現在、

カウンターで握ってもらうお寿司屋さんに、

初めて、しかも、旅先で行く、というのは

とても勇気のいることですよね。

小心者の私にはとっても無理。

 

こうした企画で、

お客様が宿と駅の往復だけでなく、

魚沼のあちこちを騒いでくださると

魚沼は絶対に元気になるになるに違いありません!

是非是非皆さん、遊びまわってくださいね。

私も美味しいお店をこれからもリサーチしますね!

 

あるじの同級生が店主の’匠寿し’さんには

夜、たまにお邪魔することがありますが、

昼に伺うチャンスはなかなかありません。

 

皆さん、どんなふうに楽しまれたのかな、

遅まきながら検証ですー!

 

まずは前菜3種から。

今日はカブの塩漬け、もずく酢、野菜とイカの酢味噌かけ

DSC_3866

 

今日は大将のおまかせ握りのレポートです!

というのに、あれ?お寿司は、あ、最初はなんだったっけ?

あまりに食べた過ぎて、最初の一貫はすっかりお腹の中です。

 

では次~!

見て、このおいしそうな中トロ!

DSC_3867

続いて甘エビ。

DSC_3868

大将が惚れ込んだ出雲崎のタコ。この方のタコしか使わないんだそうです。

柔らかくてうまい!

DSC_3872

穴子よ。

DSC_3873

えーと、もう忘れました。

私、実はお寿司は、

中トロといくらがあればそれで満足なのでした。。。面目ない。

DSC_3875

玉子は今日は、大将が焼きました。

DSC_3876

いよいよ真打ち。

山古志牛の握りです。

油が酢飯によく合います。

これは食べやすいように1貫を2つに切ってくれています。

女性の方からのリクエストだったそうです。

一口で食べやすい。

DSC_3877

真剣に寿司を握る大将。

あぁ、いくら、おいしそう!

DSC_3880

DSC_3874

珍しく、私が追加の1貫です。

ふだんは食べようとしない光物。

 

 

この日は匠寿し名物の

大きなお椀でのシジミ汁でした。

DSC_3870

私はすぐにお腹いっぱいになるので、

シャリを少し小さくしてもらっています。

そんなリクエストも快く聞いてくださって、

完食のお寿司ランチ!

 

ちょっと贅沢だけど、

たまにはいいよね!

 

お昼は11時から13時くらいまで。

定休日は水曜日。

予約をお勧めしますー。

 

宝巌堂の極上お寿司ランチは終了しましたが、

大将のおまかせ寿司は、

たぶんこれに近いラインナップではないかと

勝手に想像しています。

だってね、

ランチプランの内容、けっこう無理言っちゃいました。

たくさんのお客様に喜んでいただけて

本当によかった。

 

これからも美味しいものつながりの輪を

どんどん広げていきたいな!

DSC_3881

 

あー、おなか空いた!!!

 

 

 

 

続きを見る

限定30個の新作です!

いま宝巌堂は

さながら、バリ島と化しております!

毎年、

6月から9月くらいにかけては

お土産処が華やかな景色になります。

 

タイモンペや、パサールバッグがずら~~り。

昨年はこんなに仕入れて大丈夫なのか?

っていうくらいの量でしたが、

気が付けば一つ、また一つお嫁入りし、

最後の一つも冬のさなか、

お客様と一緒に東京へ行きました。

買ってくださったのは男性の方でした。

嬉しいなぁ。ありがとうございます。

 

そして、今年!

なんと珍しい形と色が初お目見えです。

しかーーも!

これは宝巌堂だけの限定品なんですよぉ~~~!

特徴的なのは縦長のその形。いままでありませんね。

そして、手持ちは一重というのも初めてです。

強度が心配されましたが、

いつものよりもしっかりとした編み方です。

 

サイズは縦30cm、横27cm、奥行23cm(いずれも誤差あり)

そう、かっこいいのにちょっとコロンとした印象です。

DSC_4022

DSC_4028

けっこう入りそう。

手持ちの部分は、よく見かける籠バッグのような感じで、

長くはありません。

肩からはかけられないし、腕に通すのもちょっときつい感じです。

DSC_4031

が、

ホントかっこいい!

なにより色がポイントです。

いままで白を使ったものは見たことがありません。

白黒の他にはこのタイプもあります。

これもまたさわやかで可愛い印象です。

DSC_4029

この形から、

実はバッグとしてでなく、

インテリアとしても使う人が多いんだとか。

本を入れたり、洗濯物を入れたり、ごちゃごちゃしたものを入れたり、

いろいろと活用できそうです。

 

店主もこれを持っていると

可愛い!って言われ続けていたらしい。

 

私も早速自分用にしたいのですが、

これまたどのデザインにするか悩み中。。。

決まるのか?

 

さて、

全部の入荷数が合計たったの30個です。

そのうちの15個が入荷しました。

そしてすでにお嫁入りも始まっていますー!

 

お気軽にお問合せくださいねー!

 

 

 

 

 

続きを見る

続いて、ワラビのこしゃい方!

ワラビも今が旬の山菜です。

DSC_3971

亡き枝豆叔父さんが、

採りたてのワラビをたーーーっくさん、持ってきてくれたのが

懐かしく思いだされます。

 

宝巌堂でワラビを召し上がったお客様が

いちばんびっくりなさることは、

 

’どうして、こんなにシャキシャキしているの?

どうやって作るの?’

 

ということです。

 

実はとっても簡単なんですよ!

ワラビの下ごしらえが一番楽で、好きです。

皮剥かなくていいしね!

 

ワラビの頭の部分、これはすべて取り去ります。

DSC_3972

 

都会の料理屋さんとかではこれがついてること、

結構ありますが、

もぐもぐして美味しくない。あまりきれいじゃないし。

なので全部ぶちゃります。

 

そして次は、根元の方。

こんな感じで持って、

DSC_3975

固いな、と思うところから折ります。

経験なんですが、案外わかりますよ。

あ、ここ、ちょっと固いかも、筋っぽいかも、と。

採りたてを持ってきてくれた叔父さんの目の前で、

私がポキポキと豪快に折るものだから、

’おい、お前、そんなに取るのか?’と

慌てさせちゃいました。

’採りたてなんだから、そんなに固くないろう?’

 

’うーん、でも、固そうなんだもの。ごめんね’

そう言いながらぽきっぽき。

本当はどうなんだろう、実はわかりません、そこまで固いのか?

誰か教えてー!

 

でも、

食べたときに筋っぽいワラビはどうしても食べたくないー!

結局こうして、こんなに、折ります。

 

DSC_3978

それをちょうどいい長さに切って、洗います。

DSC_3981

 

ボールに入れて、

ここで登場するのは重曹です。

DSC_3984

洗ったワラビに振りかけます。

まんべんなく。ちょっとぬめっとしてきますよ。

 

その間にお湯を沸かしておきます。

DSC_3987

それを、一気にワラビの入ったボールへ。

DSC_3989

 

これで終わり。

 

決して火を入れてはいけません。

火を入れると、溶けるような柔らかいワラビが出来ちゃうんです。

 

一晩このままにしておくと、綺麗な色が出ます。

何度も水を変えて重曹臭さを抜いてください。

 

保存容器に入れて、水を入れておきます。

3~4日は美味しく食べれます。

途中水を変えるともっと長持ちしますよ。

 

すぐに食べないときは

甘酢に漬けておきましょう。

いい箸休めになります。

 

是非ともやってみて下さいね。

 

最後に参考までに。。。

こちらの画像の、右上は頭の部分。

そのすぐ下は、ぽきっと折った部分。

左の長いのが食べる部分です。

 

ちょっと贅沢ですよね。

DSC_3980

 

 

 

 

 

続きを見る