新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

枝豆叔父さん、逝く。

宝巌堂の夏の風物詩は梨茄子漬と、枝豆!

毎年、宝巌堂のお客様のために、

通称’枝豆おじさん’が作ってくれてた枝豆が

食卓に登場しなくなってどれくらい経つでしょう。

毎年、欠かさず、叔父さんとの枝豆ごったくをブログに書いてきました。

最後の記事は2013年でした。

叔父さんもだんだん年を重ね、

田んぼも畑も卒業し、

私にとっても、夏の風物詩だった’枝豆収穫’をしなくなってから

何年くらいたったでしょう。

 

ついこの間のことのようです。

 

まさか、この私が、

枝豆収穫に畑に出向くようになるとは!

そして、

農作業は全く興味の対象外だったのに、

興味を持てるようになったのも、

どれもこれも全部、叔父さんのおかげです。

なーんてかっこよげなこと言ってますが、

草取りもしない、土いじりもしない、肥料まきだってしない、

水やりもしない、なーんにもしてません。

ただ、ただ

叔父さんとしたのは’枝豆談義’。

楽しかったなぁ~~!

 

なんにもしない私に、

’おぃ、この豆はそろそろどうだ?

採り頃じゃねぇか?

まだだかのう?’って

2人して、枝豆の実の入り具合を話し合う。

叔父さんが丹精込めて作った枝豆を前に、

いっちょまえの意見を述べる、食べるだけの私。

夏のあっちぇ時期に、叔父さんの家で

枝豆を収穫して、葉っぱもみんなそこに落として、

綺麗に処理して、食べれる状態にして、

宝巌堂まで持ち帰る。

いったいどれくらいの期間、こんな調子のいい、

そして、

とんでもなく、ありがたいことをしていたか。

 

今、思い出しながら、

どんどん思い出が蘇ってきて、

このブログを書いています。

 

5月22日、

叔父さんが亡くなりました。

 

 

林檎屋父と1つ違い。

誕生日も1日違い。

父が亡くなってからなおさら

叔父さんの誕生日を思い出すようになりました。

 

具合があまりよくないということを耳にはしていましたが、

でもまさか、ね、あまり予想してはいなかった。

 

20日は叔父さんの誕生日。

飲み込むことが容易でなかった叔父さんには

ゼリーとかプリンがいいだろうと思い、

誕生日のプレゼントに持っていきました。

入院中だったけど、

でもまさか、この2日後に

逝ってしまうなんて思ってもいなかったから、

土曜日だったこともあって、病院にまでは行かなかった。

 

義姉①が電話をくれて、

’智子さん(私のこと)がくれたプリンを

一口食べたらしいよ’

って教えてくれました。

 

 

枝豆が毎年並ぶと叔父さんを思い出します。

 

声が聞こえるようです。

 

’おぃ、トモコ、

アイス、買ってきてくれや’

 

夏のあっちぇ盛りに食べたアイスキャンディー、

ホントに美味しかったよね~!

 

叔父さん、ありがとう。

宝巌堂のお客さんもきっとみんな、そう思ってくれてるよ。

 

ホントにありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

藤色のシャワー

昨日、直売所に行ったら、

なんと、夏野菜のおかひじきが出ていたらしく、

あるじも思わず買ってきてしまったと。

ウチ中でトマト、ナス、キュウリの次に人気のある夏野菜です。

 

だんだん山菜が姿を消し、

こうして夏野菜が台頭してきますが、

ちょっと待って、まだ5月です。

 

季節が早すぎる。

田植えも済んでない田んぼがまだあちこちに見られます。

 

さて、

今年はなんとも見ごたえのある風景が

小出から栃尾又の道中に広がっています。

それがこれ!

すごいでしょう!なんだと思いますか?

山の藤の花です。

去年は全く咲いているところを見れませんでした。

そしたら今年はすごすぎる。見ごたえがあります。

あ、あっちにも!こっちにも!

見えますか?

この藤蔓の太いこと。

他の木にこうして巻き付いてどんどん上まで上っていく。

巻き付かれた方の木はたまったもんじゃないと思うんだけど、

こんな風になって、枯れないのかな?

ちょっと心配になります。どうなんでしょう。

これって、最初から藤の木だったっけ?

藤の生命力のすごさ、ひしひしと伝わってきますね。

そして、咲いていなければまったく気が付かないのですが、

この道中になんと、藤が多いこと!

左右の山のあっちにもこっちにも。

川沿いをのぞいてみれば、そこにも藤が見れます。

まさにR352はいま’藤街道’です。

 

自然ってやっぱりすごいなぁ!

 

さて、

例年のことながら一年で一番いい季節だと思う6月。

遅れてきた栃尾又の新緑は輝いています。

今年は藤も綺麗。

陽気はさわやかそのもの。

そして、

これもまた例年のことながら

6月って本当に静かなんですよ。

私の超おすすめの月。

 

GW、ゆっくり休めなかったみなさん、

ひと休みしませんかー?

 

 

 

 

続きを見る

春が駆け足で去るよ!

今年もまたあっという間に、

山菜のすべてが出そろってしまいました。

GWの終わりには根曲がり竹もワラビも出てました!

本来ならこれらの種類は

6月に入ってからなのです。

4月後半から6月にかけて、だんだんと少しずつ

山菜の種類が変わってくる。

そして、夏野菜とバトンタッチ。

そのころには山菜を食べたい、という気持ちもなくなっているのですから、

季節の移り変わりを感じるのは

本当に面白い体験です。

 

今年はでも、気温の差がありすぎます。

5月13日、昨年はコタツをしまった日です。

コタツをしまう前はスタッフみんなに聞いて回ります。

’ねぇ、そこんちは、もうコタツしまった??’

それを1週間くらいぐちゃぐちゃと話して、

ようやく、えいっとばかりに片づけるのに、

今年は、’しまう’という話題が全くでない。

どころか、お客様も’昨日はコタツのお世話になりました’

なーんていう言葉が出るくらい、寒い!んです。

なんだか本当に陽気が安定しませんね。

 

というわけで、

山菜を食べなくちゃ夏が来ない!

と思われる方は、ぜひとも早めにお出かけくださいね。

これもまた、季節ものなので、

なくなると、一気に姿を消します。

 

栃尾又の’アブラコゴメ’!

見事です。さっきあるじがちゃちゃっとどこかで収穫してきました!

普通のコゴメよりも若干柔らかく、味が濃い感じです。

こちらはいつものコゴメ。

これからこれを天ぷらにするみたい。

実は、

いつも送って頂く新潟市の超うんまいトマトの第一弾が入荷しました。

トマトの旬って、夏ではなくて、実は春なんですって。

これがねー、本当にね、めちゃくちゃおいしい!

酸味と甘みのバランスが抜群です。そしてジューシー!

トマトジュースを飲んでいるみたいです。

 

春が本当に駆け足で行っちゃいます!

 

 

 

 

続きを見る

ゴロゴロ問題・・・・・・再び

我が家の娘が高校生の時、

修学旅行に行くために買ったかばんは、なんとキャリーバッグ。

通称ゴロゴロです。

’ゴロゴロを買う’と言われ、

なんで修学旅行に行くのに、毛玉取りを買うのかと不思議だった。

ゴロゴロ違い。。。。

 

あれから十数年。

ゴロゴロはすっかり旅のお供として定着しましたね。

もうボストンバッグで出かける時代じゃないのねぇ。

実は、

このゴロゴロについてのブログ記事を書くのは

今回が初めてではありません。調べてみたら4回目。

過去のそのブログがあるとき検索にひっかかったようで、

なんとテレビ局から取材の電話があってびっくり!

人込みの中でキャリーを引く際に、

自分から遠く離れて引いていると、通行の妨げになったり、

気が付かずキャリーにつまづいてケガをしたり、

という事故が話題になったときです。

そういうことはありますか?というような内容でした。

 

私も20年ぶりにハワイに行くとき、

スーツケースを買いました。

海外旅行だし、土足だし、ホテルだし、

道路ではもちろん、室内でもどこでも

置くときもドスン!て感じで、特に注意も払わなかった。

床って傷つかないのかな?、

いや、そんなことこれっぽっちも思わなかったし。

 

さて、

靴を脱ぐ、という文化の日本ではどうでしょう。

 

 

道中はゴロゴロ、ゴロゴロ。

雨でも雪でも、道路が濡れていてもやっぱりゴロゴロ、ゴロゴロ。

そして、日本旅館はほとんどが玄関で靴を脱ぎます。

では、ゴロゴロはどうする?

脱げない。

それではあまりに不衛生ですよね。

お客様の持ち物を’拭く’ということは、

ある意味、とても失礼なことなのですが、

ゴロゴロの車輪は必ず拭かせていただいています。

そして、敷物もご用意しました。

ゴロゴロは必ずこの上に置いて頂いています。

また実は、

衛生面もさることながら、

宝巌堂の館内は、とても傷つきやすい桐床です。

キャリーバッグをゴロゴロするということは、

床や階段に無数の傷がつくことになります。

これはとっても切ない。

なので、

せっかくのゴロゴロですが、

館内ではお持ちいただいてます。

’重いから’キャリーをご利用なのに、

引いて歩けないなんて、まったく申し訳ないことなのですが。

 

こうしてみると、

少なくとも、日本家屋にとっては

キャリーバッグは案外不便なもの、なのかもしれませんね。

 

さて、ここで今一度のお願いです。

キャリーバッグをお持ちの際は、

 

①車輪を拭いてから、館内に上げてください。

②館内は転がさず、必ず持って、ご移動ください。

③キャリーバッグの車輪は畳、フローリングの上には

直に上げないで、敷物の上においてください。

 

お客様はみなさん、本当に快くご理解くださって、

いままで、

キャリーバッグでのトラブルはまったくありません。

 

 

皆さんのご協力に

ホントにホントに感謝いたします。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る