新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

ばあばのごった煮ストーリー

10月1日から12月31日の

新潟ディスティネーションキャンペーンのこの期間中に

すべての宿泊プランにご提供できる、その一品を

にいがたお宿の晩ごはん’にエントリーする、という

決まりがありました。

 

最初に考えていたのは、

冬の名物、’越後もち豚の豆乳しゃぶしゃぶ’

でも、これはプランが限られているし、

しかも、

10月1日からはお出ししていない。

だって、雪が降りそうになって

寒くなったら、お鍋するんだもんね!

というのが私の決まりだからなぁ。

 

どうしようかなぁ、

参加するに珍しく手を挙げたから

まさか、やーめた!なんて言えないし。。。。

と悩みながら忙しくしてた8月。

 

そんなこんなで、

秋の声が聞こえてきて、

ちょっと涼しくなってきたら

食材がチラリちらりと変わってきました。

 

やっぱり、野菜の顔を見ないと、

何をその季節に作っていたのか全く思い出せないんですね。

 

里芋が出て来たら思い出したよ!

 

そうだ!

ばあばのごった煮じゃん!

 

ほぼすべて魚沼の野菜。

魚沼の煮物の定番、打ち豆。

これはお客様からよく質問される素材なんですよ。

 

そしてこれにまつわる、

ガストロノミー(美食学)には欠かせない、

’ストーリー’

ばあばのごった煮には、それがたくさん詰まっているんだった!

 

背伸びはできない。

年令を重ねてようやくできるようになった、

ばあばのごった煮です。

ばあばのごった煮ストーリー:

サイトにはこう書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京から魚沼に嫁いだ女将は

結婚当初まったく料理ができないと言っていいくらいの腕前。

ばあばと一緒に台所仕事を一緒にするうちにだんだん料理が楽しくなってきました。

東京から魚沼へ戻ってきた当初は、

宝巌堂の料理は全部手作りでしたが、やっぱり、

旅館料理といった感じで、美味しい野菜は陰の存在でした。

その中で野菜大好きの女将が’これ美味しい!’と思ったのがまさに、

’ばあばのごった煮’

材料は里芋、人参、大根、あづま揚げ、キノコ、そして大事なものは’打ち豆’です。

味付けは、美味しい出汁と味噌のみ。

みりんや砂糖入れません。

なのに出来上がりは野菜のまろやかさが味噌と合わさってまさに、ばあちゃんの味。

私が作るようになった時、主人が味見をして一言。

’味が若いな・・・’

そう、これは、年季の入ったばあちゃんがことこと、ことことと

落ち着いてじっくり煮ることで

その優しさも伝わる、魚沼の味なんですね。

今は女将が作る’ばあばの味’

もう若いとは言わせませんよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も最初のごった煮をしました。

慌てない、慌てない、

心にゆとりをもって、

優しく煮よう。

 

 

 

続きを見る

’日本海美食旅’ディスティネーションキャンペーン始まりました!

2019年10月1日、

JR東日本の’新潟県/庄内エリアディスティネーションキャンペーンが始まりました。

今年は、

里山十帖を経営する、雑誌、’自遊人’の岩佐さんが

なんとこのキャンペーンの総合プロデューサーに就任したこともあり、

プレDCから来年のアフターDCまでの3年間、

新潟県の美味しいものに関わる全ての人たちが

とても盛り上がりを見せています。

 

今までまったくこのDCというものには

他人事だと考えていた私ですが、

全県を巻き込む勢いの岩佐さんの精力的な活動と

周りの勢いもあり、

今までよりDCを意識してきた感のある宝巌堂です。

 

先日、

浦佐駅の構内で、

’魚沼米と酒の陣’というイベントが開催されました。

魚沼エリアの美味しいモノと、酒蔵が一同に会するこのイベントに

集まったお客様はなんと浦佐駅開業以来!というほどの混雑ぶりで、

その人数を見た私たちもビックリ仰天でした。

 

その日、

お客さまがお部屋に置いていかれたパンフレット。

DSC_5652

スタッフが処分してもいいですか?といつも確認します。

 

見たことないパンフだね。ちょっと見てみよう、と開いてみてびっくり!

 

え、ウチが載ってる?

しかも、ページをめくって2枚目に、

DSC_5653

どこかで見た器だ。。。

 

これいったいいつ撮影したっけ?

この写真、どうでもいいけど、すごく欲しい。

 

とFBでつぶやいていたら、

新潟県観光協会の方が電話をくださいました。

 

’これ、昨年伺ったときに撮影したやつですよー、

画像送りましょうか?’って。

 

ひええぇぇえぇぇぇ!

まさかの忘れてたいたとは!

ウチに画像があるのでもなく、

雑誌として形があったわけでもないので、

全く彼方に行ってしまったのでした。

ホントにすみません!と平謝り。

 

どうりで、

1か月くらい前に、JRさんから、

’県から頂いた写真に’キク’のお料理がありますが、

これは実際にお客様に出していますか?’との

不思議な電話があったのを思い出した。

このことだったのか!!!!

 

その時の私の答えは、

'はい、出していますよ。

季節になればね’

でした。

季節にならないと、

’おもいのほかの辛子酢’は出ませんからねぇ。

 

今年はいろいろな意味で

節目の15年目。

今までやってきたことの結果が少しずつ出てきたのかな?と、

それはどれもこれも、すべてが

宝巌堂をいつも応援してくれる常連さんのおかげだと、

あるじとの夕餉の会話になりました。

 

今週、

9年ぶりに来てくださった京都の常連さんが、

’何も変わってない、それがすごい’と、

おっしゃってくださいました。

’少しずつ変わったところが溶け込んで

でも、何の違和感もない’と。

あぁ、よかった、と

心からほっとした私です。

 

このDCに向けて、新潟県旅館組合では、

新しいプロジェクトが始まりました。

’にいがた朝ごはん’

’にいがた地酒の宿’

に続く、第3弾。

それが

’にいがたお宿の晩ごはん

です。

 

DSC_5656

 

この度この真打ちの企画に参加しています。

演目は、

’ばあばのごった煮’

 

このお料理の生まれた背景、ストーリーが

いわゆるガストロノミーとしても重要なわけで、

どこにもないばあばから私への貴重なプレゼントなんですよね。

これからも受け継いでいこう。

 

新潟県・庄内エリアディスティネーションキャンペーンは

2019年10月1日から12月31日までです。

新潟は美味しい!

待ってますねー!

 

 

 

 

 

続きを見る

10月1日から価格改定のご案内 その③ポイント倍!キャンペーン始まります!

この度の価格改定の話合いは

長く長くかかっていました。

ようやくこのたび決断したわけですが、

ここに来て、新たに!

もうひとつ!

あるじからの提案で決まったことがあります!

 

キャンペーン!などと銘打つのは

なんとなく似合わない宝巌堂の

’キャンペーン’です。

 

それは!

10月1日から

12月20日の間に

ご宿泊の場合、

お宝倶楽部のポイントが2倍となります!!!

それは個人的にすごいぞ!って思うのですが、

みなさん、どうでしょうか~~!

もちろん、

今現在ご予約頂いている方も対象です。

 

キャッシュレスの波にまったく乗れていないどころか

大幅に出遅れている宝巌堂。

少しでも皆さんに何かできることはないか、と

考えた結果浮かんだのは、これ。

ポイントカードの満杯率はすごく高いんです。

満杯になると、

カードは5000円券としてご利用いただけます。

しかも期限はない、ときた!

今月もたくさんの方が満杯に!

DSC_1480

DSC_1481

 

 

是非このお得な時にご計画を立ててくださいねー!

続きを見る

10月1日より価格改定のご案内 その②10月1日からの新しい宿泊料金

10月1日からの新しい宿泊料金について

ご案内いたします。

 

①湯治プラン (2泊以上より承ります。)

1泊 13.000円(+消費税、入湯税)

 

②おまかせプラン  (1泊から承ります。)

1泊 19.000円(+消費税、入湯税)

おこのみプラン(1品少ない) 18.500円(+消費税、入湯税)

おこのみプラン(2品少ない) 18.000円(+消費税、入湯税)

 

364日同一料金ですが、

12月31日のご宿泊のみ、

全プランで5.500円増となります。

 

おひとり様のご宿泊につきましては、

今までと何も変わることなく、いつでもお出かけください。

土曜日特定日でもおひとり様のお部屋に関しましては

割増料金はありません。

広いお部屋をご利用の場合のみ、

3.300円の割増料金がかかります。

 

9月末日のご宿泊までは

従来料金です。

 

もうひとつ、

駆け込み状態で決まったことがあります。

切羽詰まらないといい考えがでないのは

いつものことだった。。。

 

続きを引き続き。

 

 

続きを見る