新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

改造計画進行中 ⑩廊下に窓が!?

当初の予定よりも大幅にずれまくっています。

弐の伍番の改造。

確かに大きな音の出る工事は3日間くらいで終わったのですが、

その後が・・・・・

大工さんのひとり仕事なので(!!)

何をするにも大変です。

見ているとわかる。

仕事をする立場としてもよーーくわかる、

ひとり仕事の大変さ。

 

とっても丁寧で、とっても頑張ってくれている、

旧知の大工さん。

何かお手伝いできることはないかしら?と思いながら、

’あ、ここはこうやって~~’とか’ここは、こんなふうに変更しよう!’

と、世帯主はいろいろ注文します。

ありがとう、大工さん。

 

そして、

弐の伍番の廊下側の壁に、

ついに窓が開きました!!

DSC_1039

廊下から中を除いた図  ⇓⇓⇓

DSC_1044

 

そして、

昨日ちらっと脇からのぞいたら、

おお!桐の床を貼り始めていた!

なんだかすんごく作業が進んだ感じでしょう!

DSC_1043

 

先日は

この窓に取り付ける予定の

古いガラスを探しに長岡に行ってきました。

頼りになるのは井口製材所さん。

いいのが見つかりました!

昭和の細工のガラスは本当にどれも趣があります。これもまた再利用。

DSC_1046

 

入口には古い柱を渡そうか、とあるじ。

でも

’今は言えない、(大工さんに)’

 

今日も仕事は進みます。

 

さくさく、さくさく。

 

 

 

 

続きを見る

母の日によせて

母の日の前日、

佐川急便さんが届けてくれました。

 

’カーネーションですねっ’って。

男性ドライバーさんのその言葉に

とても嬉しくなりました。

 

開けてみたら、

DSC_1001

カーネーションの鉢植え。

赤でなくて、オレンジ色。

ふふふ、わかってるじゃん。

 

送り主は娘から。

 

’女将さんのブログに

最近、お嬢さんが登場しませんねぇ’

って、常連さんから言われました。

 

あーホント、そうですよね。

 

高校生までは、こちらにいたし、

毎日、話題に事欠かなかったけれど、

今は、どうしてるやら。

最近はLINEをするように(私もあるじも!)なって

ようやく、その姿が垣間見える感じですが、

ブログに書けるほどの情報がないっ!

 

’今度書くときは、

結婚します!なーんて、報告が来るときですよねぇ’

 

と、お客様との会話。

まるで、みなさんが親戚縁者。

こうして、娘は育ちました。

ありがたいばかりです。

 

たくさん蕾の付いたオレンジ色のカーネーションに、

あるじが朝、水をくれていた。

 

さぁ、私も

ばあばと叔母さんに

母の日をしてこよう!

 

赤いカーネーションだけでこんもりしたブーケを作ってください、という

私のリクエストにイメージ通りのモノを作ってくれました!

 

ばあばの好きなモンブランも一緒に。

 

これを届けに行ったときは

ベッドに座って、なんと文庫本を読んでいましたよ!

素晴らしい91才!

DSC_1012

林檎屋母には、電話をしました。

 

いつものことながら、

’お花は要らないわよ、たくさん届いたから(弟が送ったらしい)!’

と言います。

 

今度来た時に母の日のプレゼントしようかと思ってるから

今日は特に何もしないわよ、と言ったら、

 

’わかってるわよ、

多分そうじゃないかと思ってた’

って。

やっぱり期待してるんですよね!

林檎屋母とのいつものやりとりです。

 

ばあばも、

そして林檎屋母も、

私のこと、

あるじのことが、

いつも会話に出てきます。

 

’体は大丈夫なの?’と。

 

ありがたい、母の、

こそばゆいけど、

母の’愛’。

 

すべてのお母さん、

お母さん替わりの’お母さん’へ

 

Happy Mother's Day!

いつもありがとう!

続きを見る

新しい空間広がる!

しばらく大きな音がしていました。

どんどん、がんがん、ごぉぉぉ~~って感じ。

でも、思ったほどの音ではなかった。

優しく優しく作業中です。

何しろここを作るときに手掛けた大工さんたち。

壊すのもまた、自らの手で。

ちょっと切ない。

 

空間がどんどん広がり、

新しい顔が少し見え隠れします。

そんな中、出てきた内側の壁。

DSC_0986

なんだかとてつもなく古い。

ねぇ、これ、むかーーーーーしの壁?

そうだのぉ、と大工さん。

これさー、じゃ、前の改築の時も壊さないで

このままだったんだね、いったい何年前の壁だろう!

ひゃーすごいすごい。

間の白いモノは漆喰だそう。

こんなに細い板を一つ一つ並べて壁を作ってる。

釘だって、一つ一つトンカチでたたいてますよ。

でも、これ、なんだろうね、ちょっと不明。。。。⇓

DSC_0998

トイレ部分も洗面も全部手を入れて、

空間が広がり始めました。

弐の伍番にお泊りになったことのあるお客様なら

どこがどうなっているのか、きっと想像がつきますね!

DSC_0963

DSC_0996

入口を開けて、見ると、

なんとも綺麗な緑が窓一面に広がります。

あぁ、こういう景色、お客様に見て頂きたかったんだぁ!

宿の窓から、大きく。

風が気持ちいい。

 

今日明日は工事もお休みです。

週明けから

床が貼れるかな?

 

 

続きを見る

GW、最終日。

今日は

朝からGWらしい爽やかなお天気となりました。

 

一転、午後からはなんだか雲行きも怪しく、

小出町のお馴染みの酒屋、富士屋さんの自動販売機の小屋が

突風で吹き飛ばされるという被害に!

そのころ栃尾又はとても静かでした。

春の嵐。

 

さて、

今日はお泊りのお客様がみなさん、全員が

楽しそうに、名残惜しそうにチェックアウトなさいました。

 

’15周年おめでとうございます、またよろしくね’

’夏の予約、してってもいい?’

’次のお部屋をお願いしていこうかな’

と、

なんともありがたいお言葉を帰りがけに頂いて、

忙しかったGWの毎日ですが、

疲れたなんて言っていられない、

充実感でいっぱいです。

 

山の遅い春を楽しんでいただけたでしょうか。

ありがとうございます。

 

館内はスタッフ総出でお掃除。

いよいよプチ改造のため、今回でお別れとなる

弐の伍番も感謝を込めて綺麗にしてくれました。

DSC_0934

DSC_0936

DSC_0940

 

いいお部屋でした。

明るくて、日当たりもいい。

結構広いね、こうして見ると。

通り道にあるので賑やかであまり人気のない部屋かと思ったら

案外密かな人気のお部屋だったらしく、

それを知ってから、このたびの改造にちょっと悩んだことも事実。

でもそんなにいい場所なら、

お客さまみなさんで共有して頂ければ

こんなに素敵ことも、またない。

 

押入が書庫に、

洋服ダンスの部分も変身、

畳の部屋は桐の床に、

まだまだ改造箇所はありますが、

お楽しみにー!

 

GWは、常連さん率よりも

ご新規さん率の方がどうやら多いらしい、

けれど、

宝巌堂はやっぱり常連さん率が多かったです。

このGW、初めて宝巌堂を選んでくださったお客様が

次のGWには常連さんになってくださいますように。

 

新しい空間がお目見えするまで

しばしお楽しみに。

 

ありがとうございます!

 

明日からお仕事、がんばってくださいね!

私も頑張るぞー!

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る