新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

’魚沼食べる通信’は’魚沼人通信’!

怒涛のお盆ウィーク!

どどどっと始まって、どどどどって、

過ぎ去りそう。

 

おかげさまで、

毎日たくさんの常連さんやご新規さんと、

一番の繁忙期を過ごすことができました。

8月も今日が折り返し。

仕事にお戻りになったお客様もいる一方、

これからちょっと遅めの夏休みを取られたお客様を迎えて、

8月いっぱい忙しくさせて頂けます。

本当にありがとうございます。

 

また今年も墓参りに行けなかったな、とあるじがぽつり。

きっと許してくれるだろう、

と、思う。

’おまえさんがたは、お客様の方をしっかりやらっしゃい’

と、きっとそう言ってくれてるに違いないわ。

(と、身勝手な嫁は思う)

そういえば、その昔、

ばあばが義姉のところへ引っ越したばかりの頃、

’たまには仏壇にお参りに来なよ’って私が言ったら、

’よろしく言っといてくれや’っていったのは

他ならぬばあばでした!

このばあばにして、この嫁あり!だな!

 

さて、そんなばあばが

なんと今月の’魚沼食べる通信’に載っています!

食べる通信’ってご存知ですか?

なんか美味しそうなネーミングでしょう。

 

生産者にクローズアップした特集記事とその生産物をセットでお届けする、

’食べる通信’

東北から始まり、全国各地に広がっています。

魚沼が仲間入りして2年が経ちます。

 

’どんな人’がどんな思いで作るのか、

今はそこが一番大事だとつくづく感じます。

私たちも直売所に行って、品物ついている名前を見ながら、

この人はいったいどんな人なんだろうなぁと

想像します。

丁寧な仕事の人、ちょっと大雑把な人、

綺麗に並べる人、でっこいのばかり集める人、

この名前の人の枝豆は美味しいよね、とか、

実は、

人に思いを巡らせて、

品物を選んでいることに気が付きます。

 

食べる通信は、2013年から始まったそうですが、

そう考えると、まさに、

時代の先駆けだったんですね。

 

このたびの特集は、ブルーベリー。

この生産者の名前、知っています!

だってよーく買っているもの。

このたびの主人公、米山照子さんはフルーツトマトも作っていました。

そうかぁ、こんな感じの人だったんだって、

なんだかとても身近に感じますね。

 

実はこの’魚沼食べる通信’に、

ばあばがデビューしたんです!!!

今月は、栃尾又温泉を取り上げて頂きました。

そして、

今月のプレセントに、ばあばの縫った雑巾を是非!と

編集長からご依頼がありまして、

それだけじゃない、ぜひともばあばの顔写真が必要、とのこと!

ばあばには詳しいことは伝えず、とにかく写真撮影です。

’可愛く笑って~!’の私の声に、

ご覧の表情です!

 

89才になるばあばの縫った雑巾は、

あちこち目が飛んでいたり、縫い目も、もうばらばらですが、

なんとも使いやすい。

今は手がなかなかきかなくて、ほとんど針を持てません。

我が家にある雑巾もあと30枚くらいかなぁ、大事に大事に使います。

 

食べる通信のお申し込みは、

FBからだと簡単みたいですよ。

 

魚沼には魅力的な生産者がたくさん。

みな一様に、超恥ずかしがり、だと思う。

宝巌堂が今お願いしている深雪茄子の生産者もまたしかり。

そこがとっても魅力的なんですけどね。

 

食べる通信は、

実は魚沼人通信なのかもしれませんね。

 

食べる通信は季刊です。

冊子と食材と送料込みで3.200円でお届けします。

 

魚沼をますます好きになって頂けるといいなぁ。

 

 

続きを見る

’暮らすように泊まる’

7月24日発売の雑誌に載せていただきました。

枻出版社さんの’暮らし上手’のシリーズ。

暮らし上手の旅とおみやげ

実は私、この’暮らし上手’シリーズが好きで、

’暮らし上手の常備菜’も持ってるんです!

その中からけっこういろいろとお料理しました。

おススメ本です。

 

この雑誌の次のテーマは旅が焦点です。

しかも、

地元食材を味わう宿として。

しかも、

’暮らすように泊まる’

です!

まさに、私たちのほうが、

’そうです、そうです!それ、ウチの宿!って

両手を挙げてしまったくらいです。

 

インバウンド(海外のお客様に停まって頂く取り組み)は、やらなくちゃダメかな、

なにかイベントとかして集客しなくちゃダメかな、

季節ごとのプラン立てなんてできないよ、

悩みに悩んだこともありました。

 

でも、

実際に、

あるじと私、榎本や遠藤、

ミヨさんやキヨさん、

助っ人のさちこさんやなおみさん、

数人のスタッフでできることは限られています。

そして、

苦手なことはできない。

 

みんなが一番やりたいことは何だろう。

 

それは、

常連さんや、まだ見ぬ常連さんに、

 

’宝巌堂に泊まったら、

地元の美味しいものをたくさん食べれて、

自分の部屋みたいにのんびりしちゃってさー、

疲れてたけど元気になったわー!

また来なくっちゃ!

’って

言っていただくこと。

それが私たちが一番お客様から聞きたい言葉。

だから、

このたびのテーマ、

’暮らすように泊まる’は、

まさに私たちがずっと思い描いていたことだったんです。

 

暮らすように泊まる、って難しいな。

お客様一人一人の暮らしは当然違うわけだし、

過ごし方も違う。

 

だから、

私たちのお客さまとのスタンスは、

’放っておく’

お客様に対して、めちゃくちゃ失礼な表現なんですが、

たぶん、わかってくださってる、と思う。

 

気を遣わずに過ごせる、

これが私たちがお客様から聞きたい一言だなって。

 

私たちもスタッフも

そしてお客様も、

少しずつ年を重ね、

少しずつ変化します。

 

そのたびごとに、

無理しないで、

暮らすように泊まれる空間を整えて行きたいなぁ。

 

またひとつ、いい機会を頂きました。

 

ありがとうございます。

是非見てみて下さいねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを見る

お土産処改装中その②

好きなものの中には、

宝巌堂のお着き菓子も入っています。

 

お馴染みパン工房ラパンさんのクッキーはいまお休み中。

書こう書こうと思いつつ、お客様には直接お話していましたが、

ラパンの店主はなんと一児の母となり、

今産休中なんです~!ご報告が遅れてホントにごめんなさい!

そして、

今現在は、旧広神村にあるまるみやさんの米粉カステラと

旧堀之内町にある山文さんのおかきが

お着き菓子として活躍しています。

そしてこの2品はお土産処の人気商品。

 

お土産として一番お客様が欲しているのは、

やっぱり口に入る地元のモノが一番なんだろうな。

なかなか増やせなかったのですが、

このたび、リバイバルで登場したのは

梅干し3個セット!

 

添加物を一切使っていない、昔ながらの梅干しは、

このあちぇ夏に必需品かもしれません。

タイが付いているので、食べ残しても結んで置けるという優れものです。

 

もうひとつ、

これもリクエストが多かったのは、

越後の塩麹、山崎醸造のこうじ床です。

新潟は実は麹文化の土地。

ばあばもねせ麹というのをよく作っていました。

これは、そのねせ麹と呼ばれるものかな?

キュウリをの一夜漬けならずとも、

乱切りにしたキュウリにこうじ床を揉みこめば、

30分で浅漬けができるんですよ。

まさに越後の味!

これも200gの小袋が初お目見えしました!

 

そして、このPOPを描いたのは榎本!

今や宝巌堂のPOP職人です。

 

私たちの最近のお気に入りは

あげもの大醤というソース。

これは、醤油とソースのちょうど中間のお味。

酢も入っている、辛味もちょこっと。

フライにかけると油っぽさが和らぎ、

炒め物にも使えます。

なんといっても飽きっぽい私には

この使い切りのサイズがちょうどいいんです。

同じ南魚沼の会社インターウィンドウさんの玄米全粒粉は

宝巌堂でも揚げ物の時の小麦粉代りとして使っています。

 

美味しものたくさん!

これから少しずつ増やします。

 

榎本の腕もますます上がること間違いない!

 

続きを見る

お土産処大改装中!その①

品物を置くスペースがすくないくせに、

並べたいものはどんどん増えていきます。

 

ちょっとご紹介しますね。

今はお馴染みパサールバッグや、モンペが大人気。

8月になって新たにミラータイプが入荷しました。

今年のミラータイプは持ち手も全体も柔らかくて使いやすそう。

色がきれいでテンション上がります!

そして、

スタッフお手製の麻紐バッグもたくさん並んでます。

見てるだけで楽しい宝巌堂のお土産処は、趣味の世界!

好きなものしか並んでいません。

でもいかんせ、手狭。そして見ずらい。

 

というわけで、

このたびは、実は、ことだま遊書でおなじみの、

実は販促コンサルタントとして活躍されているお馴染み、

竹谷知江子先生にアドバイスを頂き

まずは、棚を大改造することにしました。

そして私たちは

たった半日の弾丸東京行きを決行し、

素敵な棚に出会ってきました。

珍しく即決!です。

あるじの日曜細工も続きます。

 

こんな感じだった場所が↓

手前は低く、だんだん高くなる陳列棚、のご指導どおりに、

並び変えできました。

ようやく並び終わったけれど、

中身はまだ ほとんど変化はありませんね。

 

でもちょこっと、実は新商品も並んでるんですよー!

その2に続くよ!

 

 

続きを見る