新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

やってみて!青菜の浅漬け!

よく行く直売所の一つは、

浦佐駅近くのあぐりパーク八色(やいろ)。

八色という地名は八色スイカで、

皆さんもすっかりお馴染みですね。

 

この直売所のいいところは、

販売している野菜、山菜の食べ方や

調理方法がチラシで教えてくれること。

 

丹精込めて作った野菜、

山に入って採ってきた山菜、

どちらも鮮度が命。

それを美味しく生かすのは

その日のうちに売り切ること。

食べきること。

そのためには、こうした情報が絶対必要ですよね。

だって、それを見て、

この日は買ってきたのです!

 

春になると、漬物材料がほとんどなくなります。

大根はそろそろ終盤、

白菜はもう冬の頃から品薄だった。

まだ春キャベツは出てないし、

キュウリを食べたい、と思うほど気温は高くない。

何かないかなぁと、悩んでいたところへ

目に飛び込んできたのは、

これ!⇓

自動代替テキストはありません。

 

大崎菜は、

南魚沼市大崎地区で栽培している伝統野菜で、

少し苦味があり、クセがある青菜です。

こうした青菜類はお浸しにすることしか頭にありません。

当然、茹でる、というのが前提です。

それを漬物に??

大崎菜はもう見当たらなかったのですが、

他の青菜でもできると書いてある。

レジのお嬢さんに確認してみました。

’これで、漬物していいのよね?’と。

返事は、’はい、大丈夫ですよー!’とのこと。

 

早速やってみました。

まずは、

青菜を洗います。この日は2把使いました。

バット型のざる?に青菜を広げます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

そこに熱湯をまんべんなくかけます。

上下ひっくり返して、とにかくまんべんなく。

熱湯ってどれくらい熱いの?って思うでしょ。

めっちゃ沸騰させましたよ。がんがんにあっつく!

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

そして、それを冷水にとって、色止めします。

しっかり冷やすと、色が悪くならないそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

よく冷やしたら、適当な長さに切って、

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

いいお塩(笹川流れの塩とか)を軽くひとつかみ、まぶします。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

そこに切昆布(乾燥したやつ)を適当に入れて混ぜる。

自動代替テキストはありません。

鷹の爪の輪切りをちょと入れてもいいのかも。

あとは、漬物器に入れて押しをします。

 

翌日の朝食にめでたく登場することができました。

緑色がとても綺麗に出てるでしょう。艶もあります。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

シャキシャキの歯ごたえと、

なんとも言えないクセのある青菜の味。

どことなく、葉ワサビのお浸しにも似ている。

ところで、

期せずして、今日は葉ワサビの初収穫!

早すぎる。。。。。

でも、めちゃ美味しすぎる!

お醤油をかけなくてもいい。

からい~~~!のに、

甘い。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

こんな贅沢。感動。

 

青菜の漬物はやってみる価値ありますよー!

直売所に急いでね!

 

 

 

 

 

 

続きを見る

あるじの春ごったくは続く

あるじは春も忙しい。

春の方が忙しいと言ってもいいのかもしれませぬ。

冬は雪に備えての準備。

これもまぁ大変だけど、

片づける、ってかなり気合が必要だと思いませんか?

 

料理を作るのはいいけど片付けは苦手。

洗濯するもはいいけど、干したり畳んだりが嫌い。

布団カバーを外すのはいいけど、かけるのはやりたくない。

そんな私なので、

片づける、という作業には絶対に気合が必要だー!と信じております。

 

とは言え、春は駆け足でやってきたので、

片付けも急ピッチで進んでいます。

今日はとうとう、温泉口の階段の囲いを外しました!

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

脇には、

外した囲い板が整列。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

頭上にもきっちりと。

自動代替テキストはありません。

これが午前中のシゴト。性格出ています。

 

私は午後ふらちゃらと買い出しへ。

戻ってくる途中、見覚えのある道具が。

そして、何やら山の斜面で仕事をする人が。。。。

あら、

今度はここで稼いでる!

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、植物、木、屋外、自然

何してんのー?

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、木、植物、空、屋外、自然

ここ、かなり木々は張り出していて、

気になっていたところなんです。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

冬の間、雪ノ下になっていた緑たちは

まだご覧のように枯れ木の状態ですが、

すぐそばには、

カタクリがこんなふうに群生しているところが

あちこちにあるんですよ、栃尾又街道は。

是非お散歩しながら、山の斜面を見てみて下さい。

一つ見つけたら、視線を上に移動してみて。

きっとびっくりするかも!

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

巷をふらちゃらしている私と違って、

コツコツ地道な作業が性に合っているというあるじ。

 

あるじの作業している傍には、

まっすぐに伸びた木と青空!

気持ちいい午後です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然

 

今晩の一品は山の大ご馳走、アケビの新芽。

通称木の芽です。

今日はうずらの玉子を添えてみました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

今年も春のご馳走がどんどん進んでいきます。

あっという間に夏野菜が出そうな勢い。

まだまだ春を楽しませて!

 

栃尾又の桜はようやく始まりました。

今なら

残雪とブナの新芽、そして桜が一度に楽しめます。

 

栃尾又っていいねぇ。

 

続きを見る

春がダッシュで駆けていく!

雪はまだのっしりあるけれど、

今日桜を見たら、色がわかるくらいに膨らんでいました。

春本番、それも通り越して

初夏のような陽気になることもあれば、

寒くてダウンを引っ張り出したいときもあり。

いくら春の天気が変わりやすいと言っても、

ちょっと異常ですよね。

 

昨年はちょうど今頃、

雪流れを初めて見に行って感動して、

ブログにもアップしてた。

それが、なんと今年はもうすべて消えてしまいました。

今朝のこと、だったようです。

 

昨日の午後、見に行ったときには、

それでもまだこんな感じでした⇓

辛うじて見れる、という感じ。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然、水

去年の今日はこんな感じ⇓

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、屋外、自然、水

全然違うでしょう!

 

雪が少なかったわけではないのだそうです。

が、溶け始めてからの気温は

かなり上昇し、結局あれよあれよという間だったそうです。

そして、今朝は⇓

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、屋外、自然、水

まるで狐につままれたようです。

影も形もありません!

 

ふと見れば、

玄関前のアケビの新芽(木の芽)もちょこっと伸びていました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

 

空気も冷たく、風も冷たく、

実は体の方は山菜を食べようというモードには

まだなっていません。

人間はまだ目覚めていないかな。

 

’自然’にお尻をたたかれる、慌ただしい春になりそうです。

 

 

 

続きを見る

フキノトウ味噌、二変化!

フキノトウがたくさん採れると、

いよいよフキノトウ料理の出番です。

 

私の山菜料理は、

ほぼ100%ばあば直伝。

山菜を触ったことはなかったので、

未知の世界でした。

山菜は、採るのは面白いけれど、

実は美味しく食べるようにするは面倒なもの。

細かい処理をすることは多いし、

肝心なことを、やるとやらないとでは大違い。

山菜ほど手間をかけないと美味しくならないものはないような気がします。

 

最初に覚えたのはフキノトウだったかも。

料理もまた最初はフキノトウ味噌から始まったと思う。

フキノトウの処理は

実は私が苦手な部類。

あまりに綺麗にしすぎると、食べるところを全部捨てかねません。

 

処理した後は、塩を入れたたっぷりのお湯で茹でます。

茹でたら水にとって、そのまま1時間つけておきます。

そうすると、水がフキノトウ色になるんですよ。

緑って言うか、黄色って言うか、とにかくけっこう綺麗な色。

水につけるのはアクを抜くためなのですが、

長い間つけていても、香りは飛びません。

本当に力強い春一番の山の恵みです。

 

処理しているときも、指先が真っ黒になるくらいのアクですから、

生で使うことなんて考えたこともなかった!

でも

最近、覚えたやり方は、私の教わったのと全く違っていたんです。

ところが、いざ、それを公表してみると、

その違うやり方をしている人の多いこと多いこと!

もしかして、

ばあばのやり方の方が、マイナーだったのか??

って思うくらいです。

 

フキノトウを生で刻みます。

アクで真っ黒になるから、手早くね。

熱したフライパンに油を入れて、

炒めます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

そこに、合わせておいた味噌と砂糖を入れて炒める。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

出来上がりはこんな感じの色。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

色は悪いですが、味はばっちりです。

そういえば、よく瓶詰とかで売っているのはこんな色ですよね。

 

さて、

ばあばから教わったやり方はというと、

最初にフキノトウを茹でておきます。

それから胡麻味噌を作る。

たっぷりの胡麻入りが好きなので、

結構胡麻の量は多いかも。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

酒入れて、更によく摺って、

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

そこに味噌と砂糖を、だいたい同量入れます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

さらにどんどん摺って。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

こんな感じになったら、

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

刻んだフキノトウを入れて、混ぜます。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:植物、食べ物

出来上がりー!

このやり方は色がやっぱり綺麗にでます。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

材料はほぼ同じなのに、

出来上がりはこんなに違う!

 

初めて知ったフキノトウ味噌の二変化。

ちょっと得した春初日です。

続きを見る