新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

カスクコレクション(cask collection)入荷しました!

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

束の間の晴れ間に、

10分くらい、キャラブキを干したー。

それだけで色が黒光りです。

お日様ってすごいね。

 

さて、昨日、

緑川酒造さんの満を持しての

新しいお酒が入荷しました。

 

Cask Collection(カスクコレクション)

これが名前?でいいのかな?

 

熟成されたモルト原酒のウィスキー樽で仕込んだお酒。

瓶もなにやらウィスキー色。

中身はどうなんだろう。

やっぱり琥珀色かしら?

 

そもそもカスクコレクションの’カスクとはなんなんでしょう?

日本酒もウイスキーもほぼたしなまない私。

実はあるじも榎本も遠藤も。。。

早速調べて見ましたら、

 

’カスク=樽

結論をいうと「カスク」とは「」のことです。

皆さんは「ウイスキーの色」と聞いて何色を想起しますか?

恐らく「茶色」とか「琥珀色」だと思います。

実はこの色を付けているものこそが「カスク)」なのです。

ウイスキーとは、"原料(穀物)を発酵させ、

蒸留させた後に木樽で熟成させたもの"なのですが、

実は蒸留直後のウイスキーは無色透明の液体なんですよ!

この状態をニューポットとかニュースピリッツと呼びます。

この時、ウイスキーの特徴である香りはまだほとんどありません。

このニューポットを、樽に詰めて貯蔵・熟成することで、

始めてウイスキーらしい色と香りを持つようになっていくのです。

つまり「カスク」とは、ニューポットをウイスキーに変化させる、

重大な役割を持っている「」のことです。’

とのこと。'nomooo'から。

このサイトはとってもわかりやすかったです。

というわけで、カスクは樽。

じゃぁ、いろんな樽で仕込むといろんな香りのお酒になるってこと?

意味がわからない。

と、そこで気が付く、榎本。

’ここに第一弾って書いてありますよ!

てことは、第二弾も第三弾もあるってことですかね?’

わぁ、そうなのかな?

なんだか面白い。

 (ふふふ、ロックグラス、スタンバイ完了)

じゃ、今ある第一弾がなくなったら

次が登場するのかな?

日本酒が大好きな皆さん、

是非飲んで、私たちにどんなお酒なのか、

伝授してくださいー!!!

 

続きを見る

こんな保冷バッグ見たことない!

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

タイトル通りの、

面白いバッグ、しかもこれからの季節にぴったりな

’保冷バッグ’がようやく届きました。

最初届いたときはびっくり!

え?何このバッグ?紙みたい。

このバッグは

アメリカのデュポン社が開発した、

’タイベック’という素材を使っているのだそうです。

重さは経ったの80g!軽いわー!

水に強いのに通気性もいいらしい。

それでいて持ち手はヌメ革を使用しています。

短めだけど、ちゃんと肩からかけれます。

保冷バッグとしてでなく

いつものエコバッグ、はたまたお出かけでもちょっとカッコ良さそう。

こんなに軽くて25キロまで大丈夫とは!

ばっちり下まで保冷仕様です。

他にも色々なメーカーさんからタイベック地のバッグは出ていますが、

このバッグは日本製。これもまた’推し’ポイントでもありますよ。

しかも、台東区蔵前、浅草のすぐ近くの工場で100%作られています。

こういうご縁ってやっぱり気になる。

 

ということで、

限定4個で、今並んでおります。

 

お越しの際は是非お手に取ってみてくださいー!

その軽さにびっくりのはず!

 

バッグフェチなんですわ、私。

 

娘にその昔、

’またバッグ買うの?

この前買ったばかりじゃない!’

と言われたのは私です。。。

どっちが親なんだか~~。

 

 

 

続きを見る

’お一人さま 逃亡温泉’はここだよ!

こんにちは!

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

FBを見ていたら、

知ってる人と知ってる人がつながっているのを発見。

よく見れば、お二人は同業のようだったから

当たり前だ。

そこで知ったのが、彼女の本が発売されたということ。

そういえば、7月に本が出ます、って聞いてた!

 

待ちきれなくて、Amazonへゴー!

おお!もう発売されていたよ!

早速ポチっと。

 

届きましたよ!

これこれ!

その名も’お一人さま 逃亡温泉’。

すごい、思い切ったネーミングだなぁ!

でも、今、そんな意味合いで、栃尾又にお越しになる方は多い。

はっきり’逃亡’とは言わないけれど、

’逃亡’に近いかも。

ですよね?

最初に著者を見つけたのはFBで。

とても可愛いアイコンで、惹きつけられた。

こういうイラスト、大好きです。

 

’ひとり温泉旅は、不安や不便もあるけれど…楽しい!

そんなあなたと繋がりたくて

情報サイトを作りました!’

 

そんなサイトの主宰者と繋がって、

泊りにも来ていただいた。

 

お料理が美味しい、とか、お部屋がきれい、とか、温泉が最高、とか、

そう言うことも、たくさん書いてくださっているのだけれど、

嬉しかったのは、

これです!

なんとなんと!

宝巌堂にお泊りいただいたことのある皆さんなら

もうおなじみの、宝巌堂からのお年玉付き年賀状が

初めて本に載りましたよ~~!

 

この年賀状のことを、取り上げて下さってたんです。

 

ここに注目してくださったことは、

ほんっとに、

すごっく嬉しい。

 

この年賀状は、

お客様と宝巌堂を繋ぐ、大事なモノです。

もれなくの割引券になるし、

独自の抽選で割引が二倍になったりするし、

通常、割引企画をまったくやらない宝巌堂の

年に一度の大盤振る舞いだから、

お得感はとってもあるんですが、

私的にはそれだけじゃないモノを感じているんです。

それは、

お客さまがとーっても楽しみにワクワクしてくださってるということ、

それが、年賀状の向こうから伝わるんですよ。

 

この’ワクワク感’が共有できる幸せ。

これぞ宿屋冥利。

 

緊急事態宣言が、

8月22日まで伸びました。

それでなくても、

この7月前半は、昨年の自粛明けよりも静かです。

 

粛々と粛々と

今年は宿も営業しています。

 

今こそ、

逃亡!

しどき、かも。

 

大きな声じゃ、言えないかも、だけれど、

あえて、言わせて。

 

逃亡が必要なときは、

誰にでもきっとあるから。

お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

続きを見る

その名は’GO MUG’ いつでも冷たく!

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

今日はいかに梅雨らしい雨模様。

これで2日間、煮あがったキャラブキを干せてない!

明日は晴れますように!祈!

 

あるじも私もビール党。

お腹いっぱいにならないの?と言われつつ、

ビールしか飲めないんだねぇ。

他のを飲むと、とたんに酔います。これはやばいでしょう。

さて、そんな私たちですが、

だんだん飲める量が減ってきました。悲しいかな。

ま、お互い健康を考えてセーブしてる、ってこともありますな。

それに、

ほぼ休肝日、というものがない私たち。

だんだん少なくなっていって、

ちょうど良いよね。

 

だから、一本の缶ビールを

大事に飲みます。でも、

できるだけ、冷たい温度のままで飲みたいです。

そんな中、あるじが見つけたのは、

これ!

GO MUG。これは350缶用です。

 

すごい優れモノだった!

ここにそのまま注いでもいいし、

缶を入れてもいい。

いずれにしても冷たさをキープするんです!

私の分も買ってくれましたよ。

最後まで冷たくビールが飲める幸せね!

 

’これ、お客さんにもいいかも。

部屋にセットすればいいと思うよ。’

とあるじからの提案。

冷たいビールは飲めるし、

結露もないから、輪染みもつかないし、

滑らないし、

いいと思うなぁ。

 

こんな提案は珍しいので、

よっぽどよかったんですね。

 

 

350缶と500缶用のもの、

そしてペットボトル用のもありました。

ボトルが飛び出ないようにゴムが付いています。

車でお越しのお客さまにはとってもいいかも。

だって、一度に飲めないもん、500mlの飲料は。

さらに、

コンビニで買うコーヒーのカップのサイズのまでありましたよ。

 

至れり尽くせりのサイズのラインナップです。

 

早速お土産処に並びました。

350缶用と500mlのペットボトル用。

色は2色ずつ。

連れて帰ってくださいねー!

 

 

続きを見る