新潟で「もう一泊したいと言われる宿」を目指す野菜大好き若女将の日記

行くしかないね!只見線に乗ってお気軽プラン!

雪流れを見て以来、

俄然、只見線に興味がわいた私。

 

一度は乗ってみたいと思ってはいましたが、

恥ずかしながら、

そして申し訳ないことに、

地元にいながら、さほど興味の対象ではなかった只見線。

気短な性格はこういうところで災いします。

長旅が苦手だから。。。。いかにも、っぽいでしょう。

 

只見線の車窓からの景色が素晴らしい、ということは、

あちこちから耳に入っていました。

そして、このたびの雪流れを観に行くR252と並行して続く線路。

それが只見線でした。

本当に近いんです!R252の隣を走っています。

小さな可愛い線路です。

道路を走るのとは違って、

只見線は破間川を渡って続く。

普段は見れない景色が見れる、ということです。

 

平成23年の新潟福島豪雨でかなりの被害を受けた只見線は

6年経った今も、まだ完全復旧していません。

小出駅から福島県の只見町までは大丈夫だけれど、

その先は代行バスでの行き来です。

代行バスで会津川口駅まで。そこからまた只見線に乗り、

会津若松まで行くことになります。

完全復旧にはなんと81億円もの費用がかかるとか。

乗客数もそう多くないこの路線の復活には

いくつもの難題が立ちはだかっているのです。

 

さて、全線で、

会津若松までは4時間くらいかかるようですが、

只見町までは1時間30分くらいで行けることがわかりました。

只見線に’乗る’という目的には、なんてちょうどいい時間でしょう!

気短な私もこれくらいなら大丈夫。

 

そこで、榎本と調べてみました。

題して、

’只見線で秘境の旅プラン’

榎本のメモ書きですが、ちょっと魅力的でしょう!

 

宝巌堂にお泊りの間の、1日にできちゃいます。

しかも、出発もゆっくり。

12時のバスで小出まで行って

帰りは17時バスで戻ってきて、

夕飯に間に合う!

お昼は、おおもも商店さんの噂の’開高めし弁当’を

車中でいただく。(要予約)ビールもいいよねぇ!

お弁当の受け渡しは小出駅。

開高めしは、魚バージョン肉バージョンがありますよ。

この画像配膳のものなので、一例です。中身は変わることがありますが、

開高健さんの考案したいわゆる山菜炒飯が、

魚沼のご当地めしの’開高めし’なんです。

 

只見町滞在時間は約1時間半。

たったの1時間半ですが、これがまたちょうどいい時間なのだそうです。

実際にこのプランで、先日早速行ってくださった常連さんからの情報です。

そしてとても堪能してくださって、

’是非お客さんに勧めた方がいいですよ!’

ってアドバイスもいただきました。

行きたいわー、私もー!でも、私が行くよりお客様の行動力の方がよっぽど早い!

そして、

情報もたくさん集まってきました。

電車やバスの予約も必要なし。

ただ、開高めしは予約が必要なので、

行ってみたい!と思った方は、

2日前までのご予約をお願いしますね。

 

さて、楽しくなってきたよー!

行程表と只見町の散策ガイドマップを合わせた栞を作りましょうっと!

 

お天気が良かったら、湯治の合間に行ってみませんか?

続きを見る

いきなり山が始まった!

おとといまで、

栽培のウルイと、

かろうじてフキノトウとコゴメとヤブカンゾウが

春を感じさせていた。

でもね、

栃尾又はまだ桜も咲いていないし、

周りの山々には雪がたくさん残っているし、

夜になると寒いし、だって、今だって5.6℃。

だから山が本格的に始まるには

まだまだ時間がかかるなぁと思っていたよ!

 

そしたら、突然に春がやってきた!

あるじが珍しく、ちょっと興奮気味に、

’買わずにはいられなかったー!’と

直売所から戻ってきた。

 

ウルイ、コゴメ、フキノトウ、

なんと木の芽や、タラの芽、

そして、山ウドまで!

 

えーー!?また去年のように

一気に出て一気に山が終わるんじゃないかと思った。

 

雪消えの早いところは、もうとっくに春になっていたのでした。

 

’まさか、山菜が食べれるとは思わなかった~!’

と、嬉しいお客様の悲鳴です。

今日の献立は、山菜尽くし!

これはがんもどき。

そしてなんとなんと、

今日は、あるじが収穫してきた’葉ワサビ’

これが、もう、めっちゃくちゃ辛くって!それが

とっても美味しくって。

辛い辛い~~!と言いながら箸が止まりません。

幸せ~~。

 

今年お初の’ウドの皮のきんぴら’

ウドは捨てるところがありません。

特に皮はきんぴらにするとご飯のお供に、酒のつまみに、

最高なんです。

ウドそのものではきんぴらにするにはパンチが足りません。

是非やってみてね!

わくわく、そわそわ。

手術後のあるじも、どこからか、

山ニンジンを収穫してきましたよ。

天ぷらが美味しそうでした。

 

ふと見ると、

宝巌堂の桜が色づいてきました。

 

春が来た!

 

 

 

続きを見る

チェックインのお時間についてのお願い

昨日はすごーい風でした!まるで地震かと思うくらいの風での揺れ。

そして、夜はすごーーーーぃ雨でした!

帳場でいつものようにPCの前にいましたが、

なんだか台所でバチバチ、ばちばち、と音がするなぁと思ってはいたんです。

あるじが何か仕込みでもしてるんだろうと思っていたのですが、

あれは雨の音でした。

帳場の戸を挟んであれだけの音がする、

ということは、相当な雨だったに違いありません。

 

バス停前の桜は・・・・・

これが桜だとはわからないくらいに色も見えません。

ショウジョウバカマの群生は見事なんだけどなぁ。

カタクリもスイセンも知らぬ間に咲いてるんだけどなぁ。

お楽しみはこれから!

 

 

さて、

GWに向けてだんだんお出かけモードになってきましたね。

 

今日は、

チェックインのお時間についてご案内いたします。

 

小出からのバスの午後一の到着は13:46。

チェックインの時間はいま現在このバスに合わせて、

13:45です。

ちょっと半端でしょ。

 

以前は14:00でした。

でも、このバスでお越し予定のお客様がなかなかいらっしゃらない。

どうしたんだろう、次のバスかなぁ、と思っていたら、

14時を少し回ったころ、玄関にお見えになりました。

伺えば、14時までちょっと外で待っていました、とのこと!

びっくりでした。

 

それならば、ちょとがんばろう!

いっそのこと、13:45をチェックイン時間にしよう!と

皆で話し合って決めました。

 

宝巌堂のチェックアウトは11:00です。

それからチェックインまでお部屋の掃除タイム。

どんなに忙しくても13時までには終わるようにしています。

たまに間に合いそうにない時もあり、ちょっとドキドキです。

午後一で、スタッフが出勤してからは、

玄関や1階部分の掃除をし、

お土産処の品物を整えたり、飲み物の補充をして、在庫も確認して、

再度、最終のお部屋チェックをします。

クーラーを入れ、またはストーブにスイッチを入れ、

お部屋のセットもまた確認しなおし、ようやく帳場に座る。

そして、宿帳をチェック。

ここまでゆうに30分以上はかかります。

 

そうして迎えるバスの時間。

間に合うかな。間に合った。

 

ドタバタは、もうしていません。

気持ちも落ち着いてお迎えすることができます。

これが’心構え’の大事な時間。

私たちにとって、新たな1日のスタートです。

 

 

レストランや食堂やデパートや、

どこにも開店時間というのがあります。

その時刻にならないと、開けない。

それは、こうした準備のためなんだなぁと、

自分に置きかえてみたらよくわかりました。

今までは、

’ちょっと早いけど、開けてくれるよね’とか、

’せっかくなんだから、開けてくれたっていいじゃないー!’なんて

思ってました、実はちょっとだけ。

でも、お客様をきちんとお迎えするには

こうした’心構え’の時間がとても必要でした。

そうでないと、

なんだかドタバタして落ち着かない一日になってしまう。

それが、お客様にも伝わってしまうのです。

 

以前、どこかのサイトで、

’チェックイン前に着いちゃって、でも、ご案内してくれた。

ありがとう、嬉しかったぁ。

でも、やっぱりスタッフさんはドタバタしてたね、なんとなく’

っていう書き込みを見つけたんです。

その時、さすがに’そんな言い方ってないでしょ!!’って

思いました。

 

だから、

やっぱりチェックイン時間は必要なんだとつくづく感じたのです。

 

チェックインは13:45、

チェックアウトは11:00。

在時間は21時間!!ほぼ一日です。

どうぞめいっぱい栃尾又を堪能してくださいね。

 

ちなみに、

お帰りのバスは、10:25.

次のバスは12:00.

12:00のバスでお帰りの際は、

お部屋のチェックアウトは11時ですが、

館内はどうぞお時間までのんびりなさっていてください。

お散歩に行かれるもよし。

読み続きのマンガを読むもよし。

(暖炉の部屋のレイアウトがちょと変わりましたよ)

 

早く桜、咲かないかなぁ!

 

 

 

 

 

 

続きを見る

今が見るとき!’雪流れ’

魚沼市は2004年に

6ケ町村が合併して今現在の形になりました。

 

栃尾又温泉は旧湯之谷村にありました。

湯之谷村はひと言でいえば’山の村’

奥只見湖もあり、尾瀬への玄関口でもあり、

栃尾又に向かって走っていると、

なぜかナビには’樹海’ラインとか出ちゃう!

それだけ魚沼市でも自然豊かな村です。

 

そしてもう一つの’山の村’の雄は、

旧入広瀬村。

湯之谷村が国道352が、

入広瀬村は国道252がメイン道路。

どちらも福島に向かう道路ですが、

どちらも冬季通行止め期間がある。

それだけ奥深い2つの村です。

 

栃尾又から見ても、入広瀬は山奥!という印象だったのです。

入広瀬のみなさん、すみません。

栃尾又に言われたくないわ!ですよね。

それこそ用事がなければ行ける距離でもないのですが、

つい数日前、

フェイスブックで友達があげていた画像にびっくり!

私を入広瀬になんとしても向かわせる大きな理由になります。

 

ちょっと行ってくるわ!とあるじに言って出かけたのが

午前10時半。

ナビによると栃尾又から42キロ。

1時間くらいの距離です。

道路状況も完ぺき。スタッドレスはまだ履いている。

入広瀬の道の駅、

そしてそのちょっと先の

入広瀬の中心地までは行ったことがあったので

想像は着いていました。

でもその先は、ほぼ未知の世界。

建設会社がぽつぽつとあり、

作業をしている人もいたのでちょっとほっとします。

目指すは大白川へ。

 

雪深いとは聞いていたけれど、

これならば栃尾又と同じくらいだなぁと思ってた。

でも、

目的地の浅草大橋に近づくにつれ、

ふと見上げると、

道路脇の積雪は車の2倍に届くかというくらいでした。

 

途中いくつかあるスノーシェッドのなんと長いこと!

圧巻です。

 

そして浅草大橋へ到着。

水墨画の世界に出現する赤くて大きな橋。

そして

私がどうしてみたかったのは、

雪流れ。

初めて聞く言葉でした。

友人によるとこの言葉が正しい言葉なのかどうかわからない、とのことですが、

まさに雪が流れてくる雪流れ。

流雪、というニュアンスとはちょっと違います。

 

ここは大白川の破間川ダム湖。

冬の間減っていたこのダム湖の水が雪解けで急激に増え、

解けなかった硬い雪の塊が浮かび上がる現象が’雪流れ’。

その姿は、

まるで川の流氷です。

 

これはもう絶対に見てみないと、

そのすごさは伝わりませんね。

周りの景色、醸し出す気配、

すべてが整って、この雪流れがあります。

 

いつ行っても見れます。

今年は4月11日くらいから出現しだしたそうなので、

あともう少し。

本当の春が来るともう雪も解けていきます。

 

位置関係はこんな↓↓感じ。

私の指が栃尾又。

赤鉛筆の先が浅草大橋です。

小出まで出て、そこから国道252を進みます。

 

教えてくれたお友達にホントに感謝です。

英里さん、ありがとうー!

 

 

 

 

続きを見る