• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

カスクコレクション(cask collection)入荷しました!

こんばんは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

束の間の晴れ間に、

10分くらい、キャラブキを干したー。

それだけで色が黒光りです。

お日様ってすごいね。

 

さて、昨日、

緑川酒造さんの満を持しての

新しいお酒が入荷しました。

 

Cask Collection(カスクコレクション)

これが名前?でいいのかな?

 

熟成されたモルト原酒のウィスキー樽で仕込んだお酒。

瓶もなにやらウィスキー色。

中身はどうなんだろう。

やっぱり琥珀色かしら?

 

そもそもカスクコレクションの’カスクとはなんなんでしょう?

日本酒もウイスキーもほぼたしなまない私。

実はあるじも榎本も遠藤も。。。

早速調べて見ましたら、

 

’カスク=樽

結論をいうと「カスク」とは「」のことです。

皆さんは「ウイスキーの色」と聞いて何色を想起しますか?

恐らく「茶色」とか「琥珀色」だと思います。

実はこの色を付けているものこそが「カスク)」なのです。

ウイスキーとは、"原料(穀物)を発酵させ、

蒸留させた後に木樽で熟成させたもの"なのですが、

実は蒸留直後のウイスキーは無色透明の液体なんですよ!

この状態をニューポットとかニュースピリッツと呼びます。

この時、ウイスキーの特徴である香りはまだほとんどありません。

このニューポットを、樽に詰めて貯蔵・熟成することで、

始めてウイスキーらしい色と香りを持つようになっていくのです。

つまり「カスク」とは、ニューポットをウイスキーに変化させる、

重大な役割を持っている「」のことです。’

とのこと。'nomooo'から。

このサイトはとってもわかりやすかったです。

というわけで、カスクは樽。

じゃぁ、いろんな樽で仕込むといろんな香りのお酒になるってこと?

意味がわからない。

と、そこで気が付く、榎本。

’ここに第一弾って書いてありますよ!

てことは、第二弾も第三弾もあるってことですかね?’

わぁ、そうなのかな?

なんだか面白い。

 (ふふふ、ロックグラス、スタンバイ完了)

じゃ、今ある第一弾がなくなったら

次が登場するのかな?

日本酒が大好きな皆さん、

是非飲んで、私たちにどんなお酒なのか、

伝授してくださいー!!!

 

No Comments Yet.

Leave a comment