• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

3月11日

2011年のあの日、

宝巌堂はちょうど休館日でした。

私は娘の部屋で、

当時やっていた朗読ボランティアの原稿を録音していました。

なんだか、ガタガタする。

揺れはさほどひどくないけど、

地震かな。

 

2004年に中越地震を経験している新潟県、

ひとりでいるのはなんだか嫌だな、思ったので、

台所へ下りてきました。

’地震だよぉ~、地震だよぉ~。。。’

と、なんとなくつぶやきながら、あるじを探して、

外に出てみました。

別段、変わったことはない。

 

震度はどれくらいだったんだろう、と、

テレビを付けてみました。

 

流れてきたのはテロップ。

ここには書けない、

それくらい衝撃的な内容のものでした。

 

それからのことは、

もう日本中の誰もが知っていること。

何度も見ていること。

何度も聞いていること。

 

あの日は、直後から

ずっとずっとテレビを点けっぱなし。

あるじと声もなく、見入っていました。

現実だとは到底信じられない光景でした。

 

その時は東京にいた娘。

私の実家へ行くでもなく、

計画停電の間も、ずっと一人でがんばっていました。

我が子ながらあっぱれだった。

 

あの日、

Twitterの威力を知り、

情報を集めました。

自分も出来ることを探しました。

それは節電。

私のやることなんてたかが知れてるけど、

自宅の便座のスイッチはあれ以来一度もいれていない。

客室の電気ポットは止めた。

冷蔵庫も共同のにした。

テレビも次に予定のない時は主電源を切っている。

 

毎日ドタバタしている中で、

震災があったことをいつも考えているわけではありません。

時間って時に優しいけれど、時に残酷です。

だからこそ、あの時感じたことを

今もしっかり刻んでおくように、

これからも節電します。

 

災害に見舞われたみなさんに、

少しずつでも心が平穏に戻れますように。

 

2017.3.11

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment