• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

種プロジェクトの募集が終了しました。

こんにちは、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

宝巌堂にとって、

メディアで取り上げて頂くきっかけとなったサイトが、

タビエルの宿’。

その主宰者のタビエルさんが、

この新型肺炎のにっちもさっちもいかない状況の中、

立ち上げて下さったのが、

 

種プロジェクト

この度、宝巌堂は、6月1日再開し、

このプロジェクトでのサポーターの募集を

終了させていただきました。

本当に本当に、

たくさんの方から、応援を頂きました。

また、

このサイト以外からも応援を頂きました。

 

サイト内で、お葉書で、お電話で、メールで、

いただいたたくさんのコメントは

涙なしでは読めない私たちでした。

 

本当にありがとうございます。

 

サポーター証書は、

昨日より少しずつ発送を始めました。

ハガキが届かない、というご連絡を頂いて依頼、

発送するのが怖くて、できませんでしたが、

世の中も少し落ち着いてきましたね。

1週間くらいでサポーターのみなさんに

お送りできると思います。

もうしばらくお時間くださいませ。

 

発行日から3年間の有効期間です。

お会いできる日を楽しみにしています。

 

1ケ月半も休んだのに、

働き始めたら、やっぱり休みは必要なんだ、と、

実は裏腹なことを感じています。

 

宿屋にとっては、

お客さまの’今日、行きたい’という気持ちに応えることが

なによりも大事なことです。

休む=悪

だったのです。

でも、今は少し違った気持でいます。

 

きちんと休みを少し取って、

気分転換する、

美味しいモノを探索したり、

友と会い、語らい、ビール飲んだり、

たまには旅人となって他の宿に泊まる。

こういうことが、

たぶんもっと宝巌堂にとってもいいことがあるんじゃないかな、って。

実は、ばあばの時代と比べれば、

私とあるじは数倍も休みを入れています。

昔は本当に、いったいいつ、宿の人は休むんだ?

というくらいに、休みはなかった。すごいよねぇ。

 

たまに休館日、なんて書いてあったら、

ホントにごめんなさい。

あ、パワーアップしてるなっ、って、

思ってくださいっ。

 

さぁ、明日は土曜日です。

頑張ろうー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment