• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

新潟のクリエイト集団の’浮き星’

宝巌堂のお土産処は

最近ちょっと雑貨屋さんになってますよ。

実は雑貨大好きな私。

洋服屋さんよりも雑貨屋さんに刺さることが多い。

 

昨年、新潟で開催された’フードメッセ新潟’に行ってきました。

フードメッセというくらいだから、

食べ物の見本市。

新潟県の新しい食材や調味料がないかなと思って出向いたのですが、

出会ったのは、

食べ物だけど、雑貨感が強い、可愛いモノ!

 

新潟市の古町にある、

Hickory03travelers(ヒッコリートラベラーズ)

浮き星、というお菓子です。

 

この会社のことは、実は昔から気になっていました。

ネット検索していてたまたま見つけました。

そのときはオリジナルのTシャツが気になったと、

今思い出します。そのTシャツの作成のページも健在でした。

可愛くて、お洒落で、気になるお店でした。

その後、

何回かお店に行ってみました。

気になるー、気になるー、やっぱり可愛いものだらけだ。

オリジナルも作れるみたいだけど、いつか何か作りたいなぁ、

宝巌堂でも何か取り扱いたいなぁ、

そんなことを思っていました。

 

フードメッセでまさか

そのヒッコリートラベラーズさんが出展しているとは!

 

そして、

今宝巌堂に並んでいるのは、

可愛い缶に入った’浮き星’です。

DSC_0431

中身は、色がいろいろありますが、

全部味が違います。カラフルなのはミックス味。

これ、いったいなんでしょう?

金平糖?と思われる方が多い。私もそう思いました。

 

正式名称は’ゆか里’

新潟市にある、明治33年創業の明治屋さんが作っています。

市民にはこの’ゆか里’という名前で愛された有名なお菓子なんだそう。

金平糖に見えますが、中身はあられ(もち米)、

それに砂糖蜜をかけた伝統菓子です。

中身があられなので軽くて、浮きます。

でも近年売り場が縮小して、もしかしたらなくなってしまうかも・・

という状態だったそうです。

そこで、ヒッコリートラベラーズさんが

手軽にもっと親しみやすく日常的なお菓子にしようと、

色合いもミックスにしたり、可愛い缶をデザインしました。

名前も浮き星とつけました。

DSC_0432

この缶、いろいろなバージョンがあるんですよ。

ご覧の通り、とっても可愛い!

ちょっと毒のありそうな’ゆず男’が

なんと宝巌堂での人気ベスト3に入ってます!

 

フードメッセの時に見つけたのは

新潟限定バージョンでした。

画像の真ん中、’Thank you from Niigata'の文字と

イラストがたくさん描いてある白い缶です。

この時に、魚沼バージョンもあるといいなぁ!とお話したら、

なんと、中越バージョン(新潟県中越地区のことで、魚沼も中越地区です)も

作成する予定と伺いました。

その時に、中越のモチーフって何でしょう?と聞かれたので、

’八色スイカでしょ、深雪茄子でしょ、駒ヶ岳でしょ、

あと、只見線!!’

 

そしてその後、出来上がってきた缶を見たら!

キャーたくさん入っている、入ってる!

只見線も入ってるよー!深雪茄子も入ってるよー!

DSC_0433

 

新潟と言えば、県人でもだれもが思い浮かぶのは

コシヒカリ、雪、日本酒、

でも、

地域によって、一押しってホントにいろいろなんだな、と

みんな自分の地域が大好きなんだな、と、

つくづく思いました。

 

それがなかなか表現苦手な新潟県民。

もしかしてこういうデザインのチカラが

それを後押ししてくれるのかもしれませんね。

 

ヒッコリートラベラーズさんのサイトを見ていたら

またまた妄想が膨らんできた!

 

雑貨屋LOVEの私、

いつかは宝巌堂にコーナーを広げたいなぁ、

その時の名前はもちろん、

愛着のある、あれです!

 

 

可愛い割烹着の第二弾、入荷しました。

第一弾は完売。

今回はエプロンもちょこっとあります。長めです。

DSC_0434

使い勝手のいいポーチも見つけました。

あー、買い物、止まらないわ!

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment