• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

新しいスタートラインにつく前のお湯

おはようございます、

新潟県魚沼市の山合の温泉地’栃尾又温泉’

心がほどける五感を愉しむ 宝巌堂 の

野菜大好き若女将、星智子です。

 

久々に再会した友は、

転職し、

いよいよ新しい職場に初出勤!、の前に

宝巌堂に泊りに来てくれました。

 

’いろいろあったから

心をととのえに来ました’

って。

あぁ、嬉しいなぁ。

ここはそういう場所、って

思ってもらえること。

 

その日、お食事処は3組が皆さんお一人さま。

こうしたことは珍しくはないのですが、

とーーーっても静かなお食事処。当たり前だけれど。

お料理をお持ちして、少しおしゃべりして、少し笑い声が響く。

なんか、穏やかな風が流れます。

 

でも、静か。。。。当たり前だけれど。

 

’いいんですよ、それで。

そうしたくて来るんだもの。

みんな、お料理と、自分に、向き合ってるんだなって思うー’

と、前述の彼女が言いました。

 

そうか、いいのか。ほっとした。

 

今では、

お料理が美味しい!って、

ありがたいことにお言葉を頂いていますが、

実は私、

結婚するまで一切台所をしてこないという、

恐ろしいお嬢っぷりでした。。。。

 

学生時代にホテルでアルバイトをしました。

その時に、

洗濯を頼まれたのですが~~~~、

なんと、洗濯機の使い方が。。。

わからなかった、という、

そんな、恐ろしい経験の持ち主。その時20才。

うまく切り抜けたつもりが、たぶん、

’こいつはヤバイ!’って思われてたよなぁ。

 

料理は、たぶん嫌いじゃなかった。

子供の頃は、ありがたいことにいい時代でもあったので、

週に一度は外食に連れて行ってもらったり、

両親も忙しかったけれど、

常に手作りを食べさせてもらっていたから、

食べることには興味はあったのでしょう。

 

でも、

一切手を出しませんでしたねぇ。

林檎屋母の’邪魔だからあっち行ってて’の一言が

大きかったな。

実際台所は狭く、母は忙しく、

子供に構っている時間はなかったのだからね。

なんせ6畳一間のアパート暮らし。

台所のスペースは、人ひとりがいるだけで余裕なし。

よくやってましたよね。

 

そんな私でも、

今では宝巌堂の台所で、

野菜料理を日々、作っています。

肉や魚よりも、野菜が好き、

そんな偏食でも、

人生、すべて繋がってるってことだね。

 

そんな彼女もまた

今までがつながる仕事。

新しい門出は、

急事態宣言明けの日。

がんばってね!

 

 

 

 

 

 

2 Responses

  1. 整えました。じーーっとお湯に浸かって、瞑想浴。眠ってるような、ただただほわーんとしてて、でも頭ん中は冴えに冴えてて絶えずぐるぐる考えてる。そんなお湯に浸かって、美味しいお野菜、ごはんたらふく食べて、たっぷり整ったでござる!
    • 栃尾又温泉 宝巌堂
      よかったー! 頭の中は冴えてる!これもまたいいですね。 いよいよですね、さぁしゅぱーつ!また待ってるー!ありがとうねー!

どん へ返信する