• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

弾丸東京ツアー決行!

あるじの入院中に

’弾丸実家帰り’ってやつをしてきました。

 

手術も終わってほっと一息の日。

明日あさっては特に来なくてもいいよ、

浅草でも行って来ればいいじゃない、

との言葉!

えー、でもねぇ、そんな調子のいいことしてていいのかしらん?

悩む間にも時間は過ぎる。

その日はとても風の強い日で、

病院へ向かう道中も飛ばされそうでした。

そして、だんだん外は暗くなる。

時間はどんどん過ぎる。もう夕方5時半すぎ。

 

’帰るにしても、行くにしても、

早く決めて行動した方がいいんじゃないの?’

 

こんな時、案外決断力がないんですよね。

浅草に今から行ってもなぁ、面倒だしなぁ~。

これからだと着くのも遅いし~、

そしたらまた妹に怒られるしぃ~、

あ~、でもどっちにしても私は今晩は一人、

それもなんだか嫌だなぁ。

 

同級生のO氏の行動力を見習おう。

彼はそういえば日帰りであるじのお見舞いに来てくれたんだった。

 

行こう!思い切って!

ところが、

ナビに寄れば、浦佐に到着予定時刻は

新幹線が出た10分後。

それを逃すと1時間待たなくてはならない。

そうなると上野着は22時。

ほら、また怒られる時間じゃん!

 

’だから、早く行動しろって言ったのに。。。。’

と、あるじに呆れられた。

 

’あんた、これからウチに来ても食べるもんはないよ’

と、LINE上の妹。

上野駅のThe Gardenでちらし寿司とチーズとビールを買い、

無事に実家着。ま、よしとしよう。

 

翌日は、母と近所の仲良しのおばちゃんと3人で

お昼を食べ、

私はそれから仕入れと買い物に行きました。

 

 

昨日もっと早く東京に着いていれば、

親友と会えるはずだったのに。

今日は予定がたくさん入っているって言ってたから、

突然連絡しても無理だよなぁ。。。

 

でも、

久々に銀座まで来てみた私は、

なんだか妙にテンションが上がり、

彼女に連絡してみた。

 

’久しぶり、の銀座♬オノボリさんです!’

と。

そしたら、何と仕事が早めに終わった彼女が、

’今日泊まるの?会える?仕事終わったよ!’

なんとまさかの展開です。

これからオープンするという、銀座松坂屋の跡地。

GINZA SIXの前で、

’撮ろう、撮ろう!’

DSC_0785

 

 

そして、この日行ったお店は、

なんと、新潟市にある超有名店、

燕三条イタリアンBit(ビット)の銀座店

DSC_0787

 

新潟本店は’居酒屋甲子園’という大会で優勝したお店で、

いつ行ってもとっても混んでいるらしく、

私は行ったことがありません。

まさかの、銀座店でデビューなんてね!

ちょっとテンションも上がります。

燕三条イタリアン、と名乗っているその由来は、

オーナーの出身地もさることながら、

燕三条地域の’モノ’がふんだんに使われているのです。

モノづくりの街、燕三条には全国的にも有名なメーカーが

数多くあります。

箸のマルナオ、銅器の玉川堂、包丁の藤次郎、

食材もさることながら、こういった備品もお店で使用しています。

まさに、燕三条のショールーム。

黒マイタケのフリット。南魚沼からの食材です。

そしてこの食材を仕入れ先はリアルでもFBでも私のお友達でした!

ご縁って本当につながります。

 

なぜこのお店が’居酒屋甲子園’に出場したのか、

その訳がようやくわかりました。

中身はとってもしっかりしたイタリアンなのですが、

とにかくスタッフがみんなとーっても元気!

オーダーを通すときの威勢のいい声、

その振る舞い。

これはもう居酒屋そのものです。

お洒落な店内ですが、活気がとてもありました。

その場で私たちはスタッフさんたちとFB友達になったり、

名刺交換したり、

新潟の話題で盛り上がったり、

気が付けば、18時に入店して、なんと23時を過ぎていました!

 

マジィ~~~?

また怒られるよ。

 

楽しい一日はこうして過ぎていきました。

 

翌日は、

スマホを忘れて実家に取りに戻るというハプニングがあって、

文字通り新幹線に1分前に飛び乗り、

午前10時には宝巌堂に戻っていました。

 

行動しようと思えばできるんだなぁ、と

改めて感じました。

ハードだったけど、とっても充実の2日間。

その間にあるじは病院で、なんと

東野圭吾にはまっていたそうな~~。

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment