• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

ミズのこしゃい方

ミズ、とは?

この時期が旬の山菜です。

クセがなくて、実は味もあまりないんだけれど、

シャキシャキとした歯触りは他の山菜にはありません。

魚沼では

この時期のクジラ汁にはこのミズが欠かせないようです。

夏になると、ゆうごうをいれる。

季節によってクジラ汁に合わせる野菜が変わるんですね。

クジラ汁は苦手なので、残念ながら、やったことがありません。

 

ミズのこしゃえ方はとっても簡単。

フキのように皮を剥いて茹でるだけ。

あく抜きの必要もなく、すぐに使えます。

 

でもどうやって皮を剥くの?

これもばあばからちゃんと教えてもらってますので

今日はそれをご披露しますね。

 

ミズには青ミズと赤ミズがあります。

青ミズは葉っぱも全部食べれます。

たたくとちょっと粘りがでます。

今日のは赤ミズです。

DSC_3957

ちょっと下の方が茶色くなってますが、これが赤ミズです。

青ミズは全体的にきれいな緑色です。

 

さて、

この葉っぱのついているところから皮を剥きます。

こんなふうに⇓

DSC_3960

DSC_3959

綺麗に剥きました。

DSC_3962

そしたら、食べやすい大きさに切って、

塩を入れたお湯で湯がきます。サクッと噛めるくらい。

だいたい3分程度。

DSC_3964

そうすると、綺麗な緑色に変身します!

DSC_3965

湯がいたら水にとって、

DSC_3966

ウチではもっぱらきんぴらにします。

DSC_3994

味もなく、香りもなく、

でも、そのさくっとした歯触りと、それと同時に来る、

ぬめり感が何とも美味しい山菜なんですよ。

 

そのまま醤油とマヨネーズを付けて食べても美味しいです。

 

これ、葉っぱの残骸です。

DSC_3963

買うときは、ぜひこの葉っぱが付いたのを買ってください。

葉が出ているところかを目安にして、そこから皮を引いていくのですから、

葉がないとちょっと不便なんです。

 

そろそろ山菜も終盤かなぁ。

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment