• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

フキノトウの性別!

今年は宝巌堂の花壇のフキノトウは、

摘み取られることもなく、

みんなに春をふりまいてくれました。

今はもうすっかりふうけちゃったのですが、

なんか見てるだけでホンワカ。

DSC_3316

ところで、

なぜかウチ周りのフキノトウは雌が多い。

そんなふうにつぶやいたら、

 

’え!フキノトウに雄雌があるの!?’

と、ほぼ100%驚きの声が上がりました。

みなさん、ご存知でしたか?

 

私もそれを知ったのは、少し前。

フキノトウを処理するとき、

なんだか違うのがあるなぁとは思っていたのですが、

それが雌雄の違いだったとは!

 

花壇のフキノトウは全部雌です。

今日わかりやすい雄のフキノトウを見つけました。

画像の上が雌、下が雄です。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、食べ物

ちょっと開いた、こちらも雌。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

こちらが開いた雄です。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

雌の方が柔らかく、華やかな感じしませんか?

あるじが天ぷらにするのも雌の方です。

 

ところで、下処理をするときは、

董の部分は半分以上取ります。ウチでは。

もさもさした感じになるから嫌なんだそう、ばあば。

それと、がくの一番外側の紫がかっているところも捨てます。

固いらしい。実際は柔らかいものありますが、

色が悪くなるからなんだろうな。

 

ほんの50個くらい処理してただけで、

この指の黒さ。フキノトウのアクはけっこう強いんです。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

これを茹でます。たっぷりのお湯を沸かして塩入れてね。

茹で上がったら、水にとってあく抜きします。

1時間くらい。

長く浸しておいてもフキノトウの香りは飛ばない。

私が冷凍する、唯一の山菜はこれだけですが、

冷凍しても色も香りも飛ばない。

あっぱれな山菜なのです。

 

春になると、なぜか

苦みのある山菜が食べたくなりますね。

これは、冬眠から覚めた熊も同じようです。

アクの強い山菜を食べてデトックスするんだそうです。

みんなで

春になったら山菜を食べて、毒出し!

そして生まれ変わるんだね。

 

今日、越後川口の直売所に行ったら、

なんと、コゴメが出てました!

川沿いはやっぱり雪消えが早い。

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment