• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

わがままお寿司ランチ おなか空いちゃうかも。

雨です。

寒いです。

涼しさをちょっと通り越してるなぁ。

朝の気温は、14℃くらい。

夜ストーブを付けると22℃ある。

でも寒く感じます。

梅雨に入りました。

季節の変わり目、皆さんも体調を崩さないように

どうぞ気を付けてくださいね。

 

さて、

先日、お友達がハワイから里帰り中のお友達と

湯治に来てくれました。

 

’ねぇねぇ、お昼はさぁ、

冬の食旅の時に行った、お寿司屋さんに行こうと思ってるの。

一緒に行かない?’

 

と声をかけてくれて、

私もご相伴してきました!

 

そう、遅まきながら、

私もようやく’冬の食旅’の

’極上お寿司ランチプラン’を味わうことができましたー!

 

この食旅のプラン、とっても好評でした。

お客さまからは、

’お寿司屋さんって、わからないから、

なかなか行けないけど、

こういう機会があって、

本当にいいお店を紹介してもらえてよかったぁ~!。

今度宝巌堂さんに行くときは、

また寄ってこようね!って話してるんです~!’って、

すごく嬉しい感想を頂きました。

 

回転ずし真っ盛りの現在、

カウンターで握ってもらうお寿司屋さんに、

初めて、しかも、旅先で行く、というのは

とても勇気のいることですよね。

小心者の私にはとっても無理。

 

こうした企画で、

お客様が宿と駅の往復だけでなく、

魚沼のあちこちを騒いでくださると

魚沼は絶対に元気になるになるに違いありません!

是非是非皆さん、遊びまわってくださいね。

私も美味しいお店をこれからもリサーチしますね!

 

あるじの同級生が店主の’匠寿し’さんには

夜、たまにお邪魔することがありますが、

昼に伺うチャンスはなかなかありません。

 

皆さん、どんなふうに楽しまれたのかな、

遅まきながら検証ですー!

 

まずは前菜3種から。

今日はカブの塩漬け、もずく酢、野菜とイカの酢味噌かけ

DSC_3866

 

今日は大将のおまかせ握りのレポートです!

というのに、あれ?お寿司は、あ、最初はなんだったっけ?

あまりに食べた過ぎて、最初の一貫はすっかりお腹の中です。

 

では次~!

見て、このおいしそうな中トロ!

DSC_3867

続いて甘エビ。

DSC_3868

大将が惚れ込んだ出雲崎のタコ。この方のタコしか使わないんだそうです。

柔らかくてうまい!

DSC_3872

穴子よ。

DSC_3873

えーと、もう忘れました。

私、実はお寿司は、

中トロといくらがあればそれで満足なのでした。。。面目ない。

DSC_3875

玉子は今日は、大将が焼きました。

DSC_3876

いよいよ真打ち。

山古志牛の握りです。

油が酢飯によく合います。

これは食べやすいように1貫を2つに切ってくれています。

女性の方からのリクエストだったそうです。

一口で食べやすい。

DSC_3877

真剣に寿司を握る大将。

あぁ、いくら、おいしそう!

DSC_3880

DSC_3874

珍しく、私が追加の1貫です。

ふだんは食べようとしない光物。

 

 

この日は匠寿し名物の

大きなお椀でのシジミ汁でした。

DSC_3870

私はすぐにお腹いっぱいになるので、

シャリを少し小さくしてもらっています。

そんなリクエストも快く聞いてくださって、

完食のお寿司ランチ!

 

ちょっと贅沢だけど、

たまにはいいよね!

 

お昼は11時から13時くらいまで。

定休日は水曜日。

予約をお勧めしますー。

 

宝巌堂の極上お寿司ランチは終了しましたが、

大将のおまかせ寿司は、

たぶんこれに近いラインナップではないかと

勝手に想像しています。

だってね、

ランチプランの内容、けっこう無理言っちゃいました。

たくさんのお客様に喜んでいただけて

本当によかった。

 

これからも美味しいものつながりの輪を

どんどん広げていきたいな!

DSC_3881

 

あー、おなか空いた!!!

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment