• WE
  • ٓ̂ē
  • ʃANZX
  • ʃANZX

いい宿に行く。

久々に研修の旅、してきました!

 

翌日はお客様の予定があるから遠くへは行けない。

だから県内に、と思っていたのに

なんとこの日は、

県内がとんでもない大雪だった!

もしかしたら明日帰れないかも?

そんな不安がよぎりました。

そんな時思いだしたのが、

常連さんの言葉、

’女将さん、今度この宿に行ってみて!

すごくいいから!’

 

しかもそのお宿は水上にある!

水上ならば2時間もかからない。

しかも、インターにも近い。

降雪もほとんどなく、道路もばっちりとのこと。

ということで、念願のそのお宿へ行くことに決定です!

それを決めたのは前日の20時過ぎ。

FBページがあったのですが、どうやら見ていない様子。

では電話を、と思ったら、

電話は20時まで。。。。。

メルアドはない。

困ったー!

FBでメッセージを入れておいて、

祈るように翌朝を待ちます。

 

よかった!

朝一で、電話を頂戴して

無事に宿泊してきました。

 

考えてみれば、

宿に泊まる、というのは、娘が大学生の時以来です。

もう7年以上も経っている!

その間’いわゆる旅行’をしていないということです。

そして’いわゆる旅館料理’を食べたくない私たちが

7年ぶりに食べる宿での食事です。

 

宿に泊まると落ち着かない。

 

湯呑みは?コーヒーカップは?

冷蔵庫の中身は?洗面のアメニティは?

トイレのしつらえは?

ご案内はどんな?

そうそう、お布団はどう?

 

いやー、ホントに落ち着かない私。

しょうがないよね、研修なんだから。

 

一番素晴らしかったのは、

お部屋の空間の贅沢さです。

何しろゆとりがある。

 

食事処もまたしかり。

私たちが夢見ていたカウンター形式だったんです!

オープンカウンターじゃなくても

こうしてカウンターで食べれるといいね。

居酒屋カウンターLOVERとしては最高のしつらえです。

 

’ウチもいつかこんなふうにしたいね~’

と、一つ目標ができました。

 

お料理は、さすが食通の常連さんがおススメだけあって、

その演出、盛り付け、器の使い方、

すべてにため息がでました。真似しようとも真似できないセンスです。

特に、朝ごはんはすごい!

二人とも洋食を選んだのですが、

朝からとても贅沢で静かな時間を過ごすことができました。

まだまだ勉強だよね、私たち。

あるじは久々に、’やられた~’って思ったみたい。

私も同感です。

 

どうしてウチを知ったのですか?

の問いに、思わず常連さんの名前を口にしたら、

若女将がとても喜んでくださって

すっかり意気投合です。

明るくて元気で心遣いが細やかな女性。

見習うこと、多いです。

 

やっぱり、旅館に泊まるっていいね!

研修と休暇気分と元気と

全部いっしょに味わいました。

 

ねぇ!ところでさ、

どこ行ったのよ??

 

って、皆さん思ってますよね!

 

ちょっと待っててくださいねー。

いつもビールを飲んでる記事が多い私、

久々にした、貴重なお出かけの記事を

今月の’お出かけ女史組’に書こうと思います。

アップしたらまたご報告しますね。

 

ところでこのお宿、

10年前に新築でリニューアルしたそうです。

それ以前は、お祖父ちゃんが始めた湯治宿だったんですって。

それって、宝巌堂とおんなじだ!

しかも、帳場にひっそりと置いてあった当時の写真は

まさに昔の宝巌堂そのものでした。

DSC_2963

 

これからも一緒に頑張って行きましょう!って、

心ひそかに思った私でした。

また行きます、今度は違う季節に。

 

私も昔の写真を探そう、

懐かしさに浸りたい気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment